タグ:PC

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@涙目です。(東日本)@無断転載は禁止 [ニダ] 2017/06/03(土) 12:39:26.66 ID:Ol5G/9xY0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
    スコットさんのパソコンは比較的新しい基本ソフト(OS)である米マイクロソフトの「ウィンドウズ8」を搭載しているが、容量の大きいスプレッドシートや複数のドキュメントを同時に開くなどの動作に時間がかかることもあり、スコットさんの仕事のスピードが落ちる原因になっている。

    米ITネットワーク調査会社のスパイスワークスが収集したデータによると、世界中で仕事に使用されているノート型パソコンやデスクトップ型パソコンの8台に1台が、マイクロソフトが2001年に発売し、14年にサポートを終了したOS「ウィンドウズXP」をいまだに利用していることも分かっている。

    http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170602/mcb1706020500002-n2.htm

    【会社のPCの8台に1台がいまだに「XP」という事実】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ノチラ ★ 2017/05/28(日) 10:13:22.14 ID:CAP_USER
    一般庶民からすれば、外見だけで「うわっ!」と位負けしそうなパソコンが発売される。

    ドイツの自動車メーカーであるメルセデス・ベンツと日本のPCメーカーVAIOは2017年5月24日、両社のコラボ商品として、13.3型ノートPC「Mercedes-Benz×VAIO Z」を限定100台で発売した。メルセデス・ベンツ公式オンラインストアのみ受け付けている。

    trend_20170526165749-thumb-autox380-113065
    trend_20170526165924-thumb-645x380-113066
    trend_20170526170028-thumb-645x380-113069


    システム音はベンツのエンジン音

    PCの顔となるアルミニウムボディ表面にベンツのデザインをレーザー刻印。タッチパッドやヒンジ裏面にはベンツの象徴であるエンブレム「スリーポインテッドスター」を配している。

    起動時とスタンバイ復帰時に鳴るシステム音も凝っていて、メルセデス・ベンツ車両のリアル音源を収録した。2つの異なるエンジンサウンドがユーザーの遊び心を刺激する。

    壁紙は、2030年以降の東京をイメージしたデザインコンセプトモデル「Vision Tokyo」が2種類、1954年に発表された伝説のガルウィングモデル「300SL」が2種類、全4種類が全商品にインストールされている。

    暗い場所での作業を快適に行うためのバックライトキーボードは、Vision Tokyoの放つ光をほうふつとさせる、未来的なイメージのブルーを採用。文字とキートップのすき間からもれるブルーが特別な存在感を演出する。

    サイズは約 幅324.2×高さ15.0~16.8×奥行215.3(mm)、重さは約1.35kg、バッテリー駆動時間は約19.4~19.7時間。OSはWindows10 Home(64ビット)、ストレージはSSD256GB、メインメモリーは8GB。

    CPUはCore i5とCorei7の2タイプがあり、価格はCore i5モデルが25万円、Corei7モデルが28万5000円(いずれも税込)。
    https://www.j-cast.com/trend/2017/05/26299006.html

    【【PC】ステイタス感が半端ない!VAIOのベンツノートPC発売】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@おーぷん 2017/05/24(水)19:23:26 ID:rfz
    今頃メモリ32GBとかねえわww
    俺のiPhone6ですら64GBなのにwww

    【最新PCが完全にiPhoneに負けててワロタ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2017/02/26(日) 00:14:06.90 ID:7Nfy+kqt0
    Intel Begins Price War With AMD Ryzen - Massive Price Cuts on Intel Chips By Retailers
    http://wccftech.com/intel-amd-price-war-ryzen-processors/

    Intel Core i7-6950X ($1599 US) - $300 Price Cut
    Intel Core i7-6900K ($999 US) - $200 Price Cut
    Intel Core i7-6850K ($549 US) - $150 Price Cut
    Intel Core i7-6800K ($359 US) - $140 Price Cut
    Intel Core i7-5820K ($319 US) - $100 Price Cut
    Intel Core i7-7700K ($299 US) - $80 Price Cut
    Intel Core i7-6700K ($259 US) - $140 Price Cut
    Intel Core i7-4790K ($279 US) - $90 Price Cut
    Intel Core i7-7700 ($289 US) - $50 Price Cut
    Intel Core i7-6700 (259 US) - $90 Price Cut
    Intel Core i5-7600K ($199 US) - $70 Price Cut
    Intel Core i5-6600K ($179 US) - $90 Price Cut
    Intel Core i5-4690K ($189 US) - $70 Price Cut
    Intel Core i5-7500 ($189 US) - $30 Price Cut
    Intel Core i5-6500 ($179 US) - $50 Price Cut
    Intel Core i5-4590 ($159 US) - $60 Price Cut
    Intel Core i3-7350K ($159 US) - $20 Price Cut
    Intel Core i3-7100 ($114 US) - $15 Price Cut
    Intel Core i3-6100 ($109 US) - $20 Price Cut
    Intel G4400 ($49.99 US) - $20 Price Cut
    Intel G3258 ($49.99 US) - $27 Price Cut

    【【朗報】AMDの新CPU「RYZEN」にビビったIntel、CPUを大幅値下げ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 中年'sリフト(秋田県)@無断転載は禁止 [ニダ] 2017/02/20(月) 20:52:42.36 ID:7rmku72T0 BE:194767121-PLT(12001) ポイント特典
    デスクトップパソコン市場が縮小の一途をたどる中、まだなんとかなりそうな気がしていたノートパソコン市場も悲惨な状況に陥っていることが明らかになりました。詳細は以下から。

    〜中略〜

    Lin氏は市場を牽引してきたIntelとマイクロソフトが長きにわたって革新をもたらさなかったことが原因と指摘した上で、「遅かれ早かれノートパソコンはスマホ、タブレット、その他の携帯用ハンドヘルドデバイスに置き換えられる」とコメント。

    WistronのようなODMメーカーは、スマホやIoTデバイスなどのスマートデバイスにフォーカスを移していく方法を見つけ出す必要があるとしています。
    なお、ノートパソコンの出荷台数は2016年に5%低下し、2017年に入ってからは堅調に推移しているように見えているものの、これが需要が回復しているのではなく、小売業者が在庫を保持しなくなったことを受けたもの。

    Lenovo、HP、Dellの3社は過去3年間で市場シェアを維持していますが、これはASUSとAcerからシェアを獲得しているだけに過ぎず、Wistornは今年、ASUSやAcerから見積もり依頼を受けないつもりであると明かしています。

    〜中略〜

    気が付けばエントリーモデルがタブレット向けの部品を流用した、簡素な仕様のものに置き換わりつつありますが、今後はスマホや2in1タブレットに集約されていくのでしょうか。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12698066/

    【【悲報】インテルが市場独占してあぐらをかいている隙にPCの危機へ】の続きを読む

    このページのトップヘ