タグ:Intel

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ノチラ ★ 2017/04/29(土) 12:05:02.54 ID:CAP_USER
    米VMwareの最高経営責任者(CEO)を務めるPat Gelsinger氏が来日し、2020年を見据えたビジネスモデルなどの事業環境について説明する記者向けのブリーフィングを4月26日に開催した。

     VMwareは4月4日、パブリッククラウドサービス「VMware vCloud Air」事業を、フランスのクラウドプロバイダーOVHが買収する意向であると発表した。

    vCloud Airについて、パブリッククラウドサービスにおいてAmazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azureといった最大手と直接競合するのは規模の観点で得策ではないとの判断が以前からあった。

     一方で、パートナー経由でサービスとしてのvCloud Airを提供する「vCloud Air Networkは成功した」とGelsingerは強調。IBM、富士通、ニフティ(現在は富士通クラウドテクノロジーズ)、インターネットイニシアティブ(IIJ)、ソフトバンクなどのパートナーの名前を具体的に挙げている。

     Gelsinger氏は2020年に向けて、70億の個人や企業および600億のデバイスがインターネットに接続するようになり、オンラインでの製品販売による売上比率が半数近くになる世界が来ると予測。「デジタル変革」を支えるインフラとして、VMwareが提供するデータセンター向けのサーバやネットワーク仮想化ソフトウェア、さらにIoTやモバイルデバイス管理などエンドポイント管理製品の重要性が増すと話した。

     ソフトウェアをベースとするVMwareのアーキテクチャの今後として、「ネットワーク刷新と5Gへの対応」「新しい収益源」「シンプル、優れた拡張性、セキュアなIoT」の3つのキーワードを挙げている。

     ネットワーク刷新と5Gへの対応では「vCloud NFV 2.0」、新たな収益源としてはモバイル管理の「AirWatch」、IoTでは富士通との協業による自動車業界向けソリューションなどを具体的に示した。

     モバイルやIoT端末の増加が見込まれる中、エンドポイントやエッジコンピューティングの重要性を指摘したGelsinger氏。前日の夜(編集部注:初出時、当日朝という事実と異なる記述をしておりました。お詫びして訂正いたします)富士通の田中達也社長と話したという同氏は、ゲートウェイを介して多数のモノをつなげ、データを活用してビジネスをつくり出すという時代の流れの中で、「日本企業が復活(resurgence)する可能性がある」とコメントした。

    https://japan.zdnet.com/article/35100480/

    【「日本企業は復活する可能性」VMwareゲルシンガーCEOが語る新たな収益源】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2017/02/26(日) 00:14:06.90 ID:7Nfy+kqt0
    Intel Begins Price War With AMD Ryzen - Massive Price Cuts on Intel Chips By Retailers
    http://wccftech.com/intel-amd-price-war-ryzen-processors/

    Intel Core i7-6950X ($1599 US) - $300 Price Cut
    Intel Core i7-6900K ($999 US) - $200 Price Cut
    Intel Core i7-6850K ($549 US) - $150 Price Cut
    Intel Core i7-6800K ($359 US) - $140 Price Cut
    Intel Core i7-5820K ($319 US) - $100 Price Cut
    Intel Core i7-7700K ($299 US) - $80 Price Cut
    Intel Core i7-6700K ($259 US) - $140 Price Cut
    Intel Core i7-4790K ($279 US) - $90 Price Cut
    Intel Core i7-7700 ($289 US) - $50 Price Cut
    Intel Core i7-6700 (259 US) - $90 Price Cut
    Intel Core i5-7600K ($199 US) - $70 Price Cut
    Intel Core i5-6600K ($179 US) - $90 Price Cut
    Intel Core i5-4690K ($189 US) - $70 Price Cut
    Intel Core i5-7500 ($189 US) - $30 Price Cut
    Intel Core i5-6500 ($179 US) - $50 Price Cut
    Intel Core i5-4590 ($159 US) - $60 Price Cut
    Intel Core i3-7350K ($159 US) - $20 Price Cut
    Intel Core i3-7100 ($114 US) - $15 Price Cut
    Intel Core i3-6100 ($109 US) - $20 Price Cut
    Intel G4400 ($49.99 US) - $20 Price Cut
    Intel G3258 ($49.99 US) - $27 Price Cut

    【【朗報】AMDの新CPU「RYZEN」にビビったIntel、CPUを大幅値下げ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 中年'sリフト(秋田県)@無断転載は禁止 [ニダ] 2017/02/20(月) 20:52:42.36 ID:7rmku72T0 BE:194767121-PLT(12001) ポイント特典
    デスクトップパソコン市場が縮小の一途をたどる中、まだなんとかなりそうな気がしていたノートパソコン市場も悲惨な状況に陥っていることが明らかになりました。詳細は以下から。

    〜中略〜

    Lin氏は市場を牽引してきたIntelとマイクロソフトが長きにわたって革新をもたらさなかったことが原因と指摘した上で、「遅かれ早かれノートパソコンはスマホ、タブレット、その他の携帯用ハンドヘルドデバイスに置き換えられる」とコメント。

    WistronのようなODMメーカーは、スマホやIoTデバイスなどのスマートデバイスにフォーカスを移していく方法を見つけ出す必要があるとしています。
    なお、ノートパソコンの出荷台数は2016年に5%低下し、2017年に入ってからは堅調に推移しているように見えているものの、これが需要が回復しているのではなく、小売業者が在庫を保持しなくなったことを受けたもの。

    Lenovo、HP、Dellの3社は過去3年間で市場シェアを維持していますが、これはASUSとAcerからシェアを獲得しているだけに過ぎず、Wistornは今年、ASUSやAcerから見積もり依頼を受けないつもりであると明かしています。

    〜中略〜

    気が付けばエントリーモデルがタブレット向けの部品を流用した、簡素な仕様のものに置き換わりつつありますが、今後はスマホや2in1タブレットに集約されていくのでしょうか。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12698066/

    【【悲報】インテルが市場独占してあぐらをかいている隙にPCの危機へ】の続きを読む

    このページのトップヘ