タグ:音楽

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ほしな ★ 2017/08/31(木) 19:41:00.74 ID:CAP_USER
     声優アーティストの水樹奈々が、来年1月11日から東京・日本武道館7daysライブ『NANA MIZUKI LIVE GATE 2018』を開催することが決定した。

     きょう31日に公開されたコメント映像では、水樹本人が本公演を発表し、バンザイ三唱。タイトルを『LIVE GATE』とした理由について、武道館に向かう途中には門(田安門)があり、水樹の代表曲の一つに「POWER GATE」という楽曲があること。さらに、この7daysライブで自身の「いろんな“門”を解き放っていきたい」との強い思いが込められていることを明かした。

     名前にちなみ、“7”日間公演、チケット料金は7700円(税込)。ライブ最終日の1月21日は水樹の誕生日とあり、プレミアムな一夜となりそうだ。

    ■『NANA MIZUKI LIVE GATE 2018』
    Day1:2018年1月11日(木)
    Day2:2018年1月13日(土)
    Day3:2018年1月14日(日)
    Day4:2018年1月16日(火)
    Day5:2018年1月18日(木)
    Day6:2018年1月20日(土)
    Day7:2018年1月21日(日)

    2096555_201708310981595001504175251c
    https://youtu.be/IDzo-s9VrNU


    http://www.oricon.co.jp/news/2096555/full/

    【水樹奈々さん、年明けに日本武道館7日間ライブ開催決定! 「いろんな門を解き放っていきたい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ノチラ ★ 2017/08/31(木) 21:18:00.96 ID:CAP_USER
    tp1_s
    ソニーは、IFA 2017において、タワー型のハイパワーオーディオシステム「MHC-V90DW」を発表した。ソニーによれば、「“魂が揺さぶられる音(soul shaking sound)”、“重圧なデザイン”を意味する日本語名「MUTEKI」を冠しているという。9月より発売し、価格は1,200ポンド/1,400ユーロ。

     高さ170cmと大きなタワー型スピーカー。Tower of Power(パワーの塔)と命名した、高い音圧と広がる音場が特徴。Spread Sound Generatorにより音楽に広がりを与え、ミッドレンジとツィータを外側に傾けている。

     Wi-Fiを内蔵し、スマートフォンアプリ「Sony | Muisc Centre」からの音楽再生に対応。Chromecast bulit-inとSpotifyに対応し、Chromecast対応のストリーミング音楽サービスやSpotifyからダイレクトに音楽を再生できる。

     またイルミネーションライトを備えており、音楽に合わせてイルミネーションの色を変更しながら、音楽を楽しめる。ライトはSony | Music Centreアプリからも調整可能。DJプレイやパーティで楽しめるという。
    tp4_s

    http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1078546.html

    【【!?】ソニー、高さ170cmの“パワーの塔” オーディオスピーカー「MUTEKI」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ノチラ ★ 2017/07/20(木) 17:43:38.76 ID:CAP_USER
    音楽教室での演奏は、著作権法が定める「演奏権」が働くのか。音楽業界からも批判が出ているのに、なぜ徴収対象を拡大したり、徴収を強化したりするのか。日本音楽著作権協会(JASRAC)の運営の責任者である浅石道夫理事長(66)に聞いた。主な一問一答は以下の通り。

     音楽教室から徴収する方針は今年2月に打ち出しました。なぜこの時期に?

     「前理事長も元理事長も公正取引委員会の問題が重しになっていた。(競合他社の参入を排除しているとして公取委に出された)改善命令を昨年9月に受け入れ、やっと本来業務に専念できるようになった」

     徴収方針に56万人もの反対署名が集まりました。

     「予想の範囲内。音楽教室の生徒さんたちが反対するのは当然あるだろうなと。一般の人の反対には、反対のための反対、『JASRACは気に入らないから、この機会にたたいてやろう』というのもあるのだと思う。なぜJASRACが嫌われているのかという点は我々も精査しないといけない」

     なぜ嫌われるのでしょうか。

     「駅前の自転車を勝手に持って…
    http://www.asahi.com/articles/ASK7M34M6K7MUCVL008.html

    【JASRAC理事長「カスラックという人は相手にしない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@涙目です。(やわらか銀行)@無断転載は禁止 [US] 2017/05/15(月) 20:40:41.84 ID:26Mapdp50 BE:487816701-PLT(12000) ポイント特典
    MP3の特許を持つTechnicolorの特許権が消滅
    音声コーデック「MP3」に関する特許を保有するフランスのTechnicolor(テクニカラー:旧Thomson)のライセンスプログラムが2017年4月23日付けで終了したことが明らかになりました。

    mp3
    https://www.iis.fraunhofer.de/en/ff/amm/prod/audiocodec/audiocodecs/mp3.html


    MP3は正式名称の「MPEG-1 Audio Layer-3」から分かるとおり、ビデオ圧縮規格MPEG-1のオーディオ規格として開発されました。
    しかし、その後、CDよりも高圧縮なオーディオコーデックとして、PCや音楽プレイヤーなどで利用され、デジタル音声フォーマットとして広く普及することになりました。

    MP3の権利を巡っては、ドイツのFraunhofer IISとフランスのThomson(現:テクニカラー)が特許権を主張し、MP3のエンコード機能を利用するゲームメーカーなどのソフトウェア開発者にライセンス提供してきましたが、両社の技術に抵触しないように開発されたオープンソースプログラムのLAMEやOgg Vorbis、Windows標準ソフトのWindows Media Playerなどの無料再生ソフトのおかげで、音声フォーマットのデファクトスタンダードの地位を占めることに成功しました。
    その後、MP3には著作権管理機能がないことから、AACやATRACなどが開発されましたが、MP3ほど普及することはなく、記事作成時点においても依然として音声フォーマットとして標準的な位置付けにあります。

    MP3の権利を主張するFraunhofer IISが、2017年4月23日付けでもう一つの権利主張者であるTechnicolorが保有するMP3関連のライセンスプログラムが終了したと発表しました。
    Technicolorの保有するMP3関連特許権が消滅したことで、Technicolorの保有していたライセンスプログラムはすべて終了し、自由に使えるようになったというわけです。

    【MP3の特許権が消滅 これからは自由に使い放題に】の続きを読む

    このページのトップヘ