タグ:韓国

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ■忍法帖【Lv=8,いっかくうさぎ,4gP】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/09/13(水)13:48:43 ID:???

     東芝は、半導体子会社の売却先について、これまでの方針を変更し、再び日米のファンドや韓国の半導体メーカーなど「日米韓連合」と優先交渉を進めることを決めた。

     東芝は、半導体子会社を事業のパートナーであるウエスタンデジタル社を含む「日米連合」に売却することを13日までに決める方針だった。

     しかし関係者によると、ウエスタンデジタル社との間で将来の経営権などについて一向に意見が折り合わず、13日に開いた取締役会で売却先の決定は見送られた。

     その上で、日米のファンドや韓国の半導体メーカー「SKハイニックス」など、いわゆる「日米韓連合」と優先交渉を進めることを決めた。

    (以下略)

    日テレニュース/2017年9月13日
    http://www.news24.jp/articles/2017/09/13/06372348.html

    【【手のひら】東芝また方針変更「日米韓連合」と交渉へ 【ドリル】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ■忍法帖【Lv=4,いっかくうさぎ,4gP】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/08/17(木)10:12:38 ID:???
    5FhFqLc

    2017年8月16日、韓国のインターネット上ではこのほど、仁川国際空港に設置された「キム・ヨナ像」が物議を醸している。

    韓国・中央日報によると、2018年の平昌五輪をPRするために制作、設置されたとみられる問題の銅像は、衣装とポーズがバンクーバー五輪でのキム・ヨナのフリーの演技を思わせる。
    しかし、ネット上では「顔や体型が現役時代のキム・ヨナと全く似ていない」と指摘する声が上がっている。
    また、銅像がひび割れた氷の上に立っている点にも「一体何を意味しているのか」「不適切だ」などと不満の声が寄せられているという。
    銅像を実際に見た旅行客も「少しもキム・ヨナを連想できない」と感想を述べている。

    韓国で「全く似ていないキム・ヨナ像」が話題になったのは今回が初めてではない。
    韓国の京畿道軍浦市に設置されたキム・ヨナ像は5億2000万ウォン(約5000万円)もの税金が投入されたにもかかわらず、「全く似ていない」「造形的な美しさが感じられない」などの批判が相次いだ。
    これに対し、軍浦市の不正真相究明市民対策委員会は「銅像を制作する過程で設計ミスにより施工費が増大し、造形物が設計どおりに制作されなかった」と主張した。
    委員会によると、軍浦市は2009年に技術と実績の足りない会社に銅像の設計を依頼し、その後設計とは異なる造形物が完成したが、いかなる措置も取らなかったという。

    この報道を見た韓国のネットユーザーからも「ない方がまし」「これがフィギュアの女王?」「なぜ美しく作れない?いっそのこと全身ブロマイドを飾ってほしい」「似てる、似ていないは別としてダサ過ぎる」など銅像に批判的な声が数多く寄せられている。

    また、銅像の設置場所が空港であることから「世界に笑われる前に撤去しよう」「国の恥さらし。外国人観光客が見たら驚くだろう」「これが韓国の第一印象になってしまうのでは?」など外国人観光客の目を気にする声も。

    (以下略)

    レコチャイ
    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=187733&ph=0

    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 74◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1500612447/

    【韓国仁川空港の「キム・ヨナ像」に不満の声続出! その理由とは…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@涙目です。(東日本)@無断転載は禁止 [ニダ] 2017/07/21(金) 18:28:36.63 ID:vgLscBqv0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
    英国の自動車専門誌「トップギア(Top Gear)」の最新号が批判を浴びている。最新号の表紙が日本の軍国主義を象徴する旭日旗に覆われているということだ。

    トップギアUKは最新号で最近発売されたホンダのシビックタイプRに関する分析試乗記を前面に出した。高性能を前面に出した車であり、韓国を含む、全世界多くのマニア層を確保している車であるだけに、シビックタイプRとフォルクスワーゲンのゴルフR、フォードのフォーカスRSなど競争車間の比較レビューを進めた。

    レビューの内容や裏表紙に旭日旗や日本の軍国主義に対する言及はなかった。だが、表紙の前面に出して旭日旗をベースに活用しながら、旭日旗に対する基本的な概念を把握できていないのではないかとの指摘が出ている。

    シビックタイプRは全世界の多くのメディアから大きな注目を浴びている。前輪駆動の限界を克服した小型スポーツカーという評価と共に、優れた性能と合理的な価格など様々な面で良い評価を受けている。英国だけでなく、欧州の他の国と米国などの地域でもタイプRの試乗記は相次いでいる。だが、いかなるメディアもタイプRの試乗記を載せる過程で旭日旗を前面に出したことはなかった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170721-00000020-cnippou-kr
    英誌「トップギア」

    20170721-00000020-cnippou-000-0-view
    【【中央日報】英国の自動車専門誌「トップギア」が旭日旗に覆われ、予想通りの反感を買うwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ノチラ ★ 2017/07/10(月) 16:03:52.57 ID:CAP_USER
    大韓民国の産業史で最も重要な選択に数えられる決断がある。サムスン創業者、故イ・ビョンチョル会長の「東京宣言」だ。1983年2月、東京に滞在していたイ会長がソウルに電話をかけた。

    「本日を期にサムスンは半導体に投資することを決めた」

    経営学の教科書にも登場する韓国半導体神話の出発点だ。米日のライバル企業はダンピングでサムスンを締め付ける作戦に出た。しかし、厳しい「チキンゲーム」で勝ち残ったのはサムスン電子だった。ライバル数十社を全て打ち破り、最後の勝者になった。

    サムスンが得意とするのは速度戦だ。64キロビットのDRAM生産ラインは「東京宣言」からわずか10カ月で完成した。その10カ月後には256キロビットのDRAMラインをつくり、ライバル企業を驚かせた。単にスピードという言葉では足りず、「超スピード経営」と呼んだ。リスクを恐れに思い切った賭けでもライバルを圧倒した。80年代半ばの半導体不況時にサムスンがライン増設に乗り出すと、米国はそれをまるで「真珠湾攻撃」だと書いた。無謀だという意味だ。しかし、サムスンの真珠湾攻撃は大成功を収めた。

    サムスン電子の第2四半期(4-6月)の営業利益が製造業で世界トップを記録した。半導体好景気を追い風に14兆ウォンの営業利益を上げ、初めてアップルを超えた。IT界の「ビッグ4」と呼ばれるフェイスブック、アマゾン、ネットフリックス、グーグルの合計よりも多い額だ。韓国にも品目別の世界トップはたくさんある。70年代には韓国産のかつらがそうであったし、2000年代に入ると造船業が頂点に立った。しかし、サムスン電子は製造業全業種を通じて世界トップという点で次元が異なる。「製造業の王の中の王」になった形だ。

    半導体生産ラインは地球上で最も高価な工場だ。ライン1本に数兆ウォンがかかる。それゆえに「ドルを燃やして半導体を作る」とまで言われた。月給制の経営陣では容易に投資の決断を下せない。サムスンの半導体神話はオーナー体制だからこそ可能だったとも言われる。現在の好況は数年前に李健熙(イ・ゴンヒ)会長が工場を増設しておいたおかげだ。金融危機のさなかにも華城工場に約26兆ウォンを投資した。当時の投資が現在の半導体のスーパーサイクルに的中した。

    サムスン電子はこのほど、超大型投資計画を発表した。半導体・ディスプレーに37兆ウォンを投資する内容だ。2位との差を広げ、格差を保とうという戦略だ。今回の投資の最終決定者は李在鎔(イ・ジェヨン)副会長だった。投資計画の発表日にも李在鎔副会長は法廷にいた。贈収賄事件をめぐる裁判だ。世界トップの企業の名誉にはそぐわない容疑だ。彼の獄中における決定が韓国半導体産業の運命を左右する状況となった。
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/07/10/2017071000396.html

    【「製造業世界一」サムスン電子 経営学の教科書にも登場する伝説の出発点とは】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ノチラ ★ 2017/06/22(木) 12:54:42.63 ID:CAP_USER
    トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」は、注目を集める新車品質調査で業界平均を下回る結果となった。一方、日本やドイツのブランドを追い上げている韓国の自動車メーカーは一段と勢いづいた。

    レクサスはJDパワーの初期品質調査で32ブランド中15位と、昨年の7位から後退した。2012年は首位だった。韓国の起亜自動車は2年連続でトップとなり、現代自動車の高級ブランド「ジェネシス」は2位。

    レクサスの後退傾向は数年にわたっている。米国の高級車販売台数で首位に立ったこともあったレクサスだが、今回のオーナー調査では、電子システムの複雑さなどに悩み保有後3カ月以内に問題を報告したケースは100台当たり98件に上った。業界平均は97件と、1年前の105件から改善した。
    -1x-1
    -1x-12
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-06-22/ORX7KG6JIJUO01

    【【車】レクサス、米の品質調査結果で業界平均下回る 韓国ブランドが躍進】の続きを読む

    このページのトップヘ