タグ:車

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: スターダストレヴァリエ ★ 2018/01/13(土) 15:34:14.49 ID:CAP_USER
    GM、19年にもハンドルなし「無人運転」の量産車
    自動車・機械 北米 自動運転

     【ラスベガス=兼松雄一郎】米ゼネラル・モーターズ(GM)は、無人運転の量産車を2019年にも実用化する方針を公表した。
    基本的に人が運転に関与しない高度な自動運転車で、全米での展開に向け米当局に申請した。世界で普及へのスピードが加速するなか、日本は出遅れている新技術導入のルール整備を急ぐ必要がある。


     GMが実用化するのは「レベル4」と呼ばれる自動運転車。特定の場所や一定の速度などの条件下で人が運転に関与せず、自律的に目的地まで走行する。
    場合によっては人の運転が必要な「レベル3」より高度な技術が必要。GMの車が世界でもっとも早い量産モデルとなる可能性がある。

    車両は米ミシガン州の工場で生産する小型電気自動車(EV)「シボレー・ボルトEV」がベースになる。車内にハンドルやペダルは付けない


    続きはソースで
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25625920S8A110C1MM8000/

    【【車】GM、「無人運転」量産車を2019年にも実用化 車内はハンドルもペダルも無し】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: スターダストレヴァリエ ★ 2018/01/02(火) 23:27:31.32 ID:CAP_USER
    世界の自動車メーカーが次世代の技術として自動運転の開発を急いでいますが、ことしはドライバーがハンドルから手を離した状態でも走行が可能な「レベル3」と呼ばれる技術が海外で実用化される見通しです。

    自動運転の技術は5つの段階に分類され、このうち実用化されているのは衝突を回避する自動ブレーキや渋滞時に前の車に自動で追従する機能など、ドライバーの運転を支援する「レベル2」までの技術です。

    ことしは、次の段階のレベル3の実用化が焦点となっていて、ドイツの「アウディ」は高速道路でドライバーがハンドルから完全に手を離した状態でも走行が可能な車をドイツで発売する方針です。
    会社によりますと、こうした走行はまだドイツ以外の国では認められておらず、レベル3の実用化は世界で初めてになるということです。


    続きはソースで
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180102/k10011277301000.html

    【【自動運転】海外ではハンドルから手を離した状態でも走行可能な「レベル3」が実用化される見通し】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@おーぷん 2017/12/16(土)09:41:44 ID:m1G
    死亡事故に発展する恐れがある「あおり運転」など悪質で危険な運転が社会問題化しているとして警察庁は15日までに、車を使って暴行事件を起こすなどして将来的に事故を発生させる可能性があると判断した運転者に対し

    【交通違反による点数の累積がなくても最長180日間の免許停止ができる道交法の規定を適用して防止するよう】

    全国の警察に指示
    した。

    あおり運転を巡っては、神奈川県の東名高速道路で6月、ワゴン車の夫婦が後続車にあおられて停止させられた後、大型トラックに追突され死亡する事故が発生。
    同様の危険運転が相次いでいる実態も明らかになったことから、対策が急務となっている。

    https://this.kiji.is/314378278020482145

    【あおり運転、一発で180日の免許停止に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ニライカナイφ ★ 2017/11/20(月) 08:52:56.66 ID:CAP_USER
    1.9秒で時速100kmに達する史上最速の新型EV「ロードスター」をテスラが発表、2020年に2000万円台で発売する計画

    電気自動車(EV)メーカーのテスラが、新型EVスポーツカー「ロードスター」を発表しました。
    小さめのボディに強力なモーターを3基搭載するこのモデルは最高速度が時速400kmを超え、わずか1.9秒で時速96kmに達するなど、地球で市販されてきた自動車の全てを凌駕する「史上最速の市販車」になる見込みです。
    00_m

    新型「ロードスター」は、カリフォルニアで開催された全電気トレーラー「Semi」発表イベントの最後にサプライズ発表されました。
    Semiが引っ張るトレーラーから降ろされたロードスターがステージを一周し、観衆が「まさか?まさか??」とザワザワしている中でマスク氏は「我々はテスラを『ロードスター(初代)』から始めました。新しいロードスターを作るなら、今のタイミングです」と突然のアナウンス。
    その瞬間、会場からは「YEAH!!!!」と大歓声があがります。
    4w2a6869_m

    新型ロードスターは、停止状態から時速60マイル(約96km/h)までの加速がたった1.9秒という強烈な加速性能を備えているとのこと。
    同社最速だった「モデルS P100D」の0-100km/h加速「2.7秒」を1秒近く縮めるもので、これまで史上最速といわれてきたポルシェ918スパイダー(2015年)の2.2秒を上回るものとなっています。
    hero_m

    初代ロードスターはロータス・エリーゼを一部流用した2人乗りスポーツカーでしたが、新型は2人用の後部座席を備える「2+2レイアウト」となるとのこと。
    これによって使い勝手が向上すると同時に、2人乗り自動車だと税額が跳ね上がるアメリカの税制を回避することが可能です。
    roadster_front_58_m

    低い位置に据え付けられた左右のシートと、メーター類がほとんどなくてスッキリとしたインテリア。
    roadster_interior_m

    ハンドルの形状などはコンセプトの域を出ない状態。
    テスラらしく、センターコンソール上の大きなディスプレイがレイアウトされるほか、ハンドルの少し向こう側にはスピードメーターとおぼしきディスプレイが置かれているようにも見えます。
    roadster_steering_wheel_m

    初代ロードスターと同じく、新型もルーフ部分が取り外し可能な「タルガトップ」スタイルを採用しています。
    roadster_targa_m

    テスラのスペック表によると、新型ロードスターは停止状態から時速100マイル(約160km/h)までの加速は4.2秒、1/4マイル加速いわゆる「ゼロヨン」は8.8秒と、こちらも超ド級の動力性能を誇ります。
    車体にはモーターが3基搭載され、4つのタイヤを駆動。
    最高時速は時速250マイル(時速約400km)を超えるとのこと。
    1回の充電での走行可能距離は620マイル(約998km)となっていますが、搭載されるバッテリー容量は明らかにされていません。
    roadster_rear_profile_m

    テスラ公式サイトでは、新型ロードスターの価格は「Base Price」で20万ドル(約2240万円)で、予約には5万ドル(約600万円)がかかります。
    また、上位モデルとみられる「Founders Series」と呼ばれるモデルは25万ドル(約2800万円)となり、1000台限定の予約枠を押さえるには全額をあらかじめ支払う必要があります。
    メディアの中にはこれについて「テスラのクラウドファンディングだ」と表現するものも。
    roadster_rear_34_m

    テスラでは新型ロードスターの生産を2020年に開始すると発表。
    発表から3年足らずではたしてハイスペックな新型車両を開発して生産こぎ着けられるのか、さらに2019年にはEVトラック「Semi」の生産も始まるというタイトなスケジュールの中で、はたして計画どおりに事が進むのかはおのずと注目が集まることになりそうです。

    動画:https://youtu.be/tw4jkyfY4HE



    GIGAZINE
    https://gigazine.net/news/20171119-tesla-roadster/

    【【自動車】1. 9秒で100km/hに達する史上最速の新型EVをテスラが発表 2020年に2000万円で発売する計画】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ノチラ ★ 2017/11/22(水) 21:36:32.84 ID:CAP_USER
    電気自動車(EV)メーカー、米テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は最近、静止状態から時速60マイル(約97キロ)までの加速時間が1.9秒の新型スポーツカーを設計していることを明らかにした。悪くない数字だが、これよりも投資家が注目すべきだと思われる速度を示す数字もある。

    ブルームバーグのデータによると、ここ12カ月でのテスラの現金燃焼ペースは1分当たり約8000ドル(約90万円)。このペースでいけば、同社は来年8月6日に現在の保有現金を使い尽くす見通しだ。

    公平を期すために言うと、現金燃焼がこのような急速なペースで続いていくと予想するテスラウオッチャーはほとんどいない。また、同社は新型セダン「モデル3」を増産する方針を示しているため、それにより収益がもたらされる見通しだ。投資家も懸念する様子はない。

    21日の米株式市場でテスラ株は約3%高の317.81ドルで引け、時価総額は530億ドルとなった。米フォード・モーターの時価総額は480億ドルだ。

    それでも、マスク氏が資金を調達する新たな計画を明らかにしたことで、同社の現金の必要性が浮き彫りとなった。同社が今月披露したスポーツカー「ファウンダーズ・シリーズ・ロードスター」と電動の「セミ」トラックは数年納車されない可能性があるが、同氏はこれらの車を発注する顧客に前払いするよう求めている。

    ロードスターの納車は2年余り先になりそうだが、購入には頭金25万ドルが必要となる。注文は1000台に限定されているので、これだけで2億5000万ドルを稼ぐことができる。セミトラックは5000ドルで予約注文できるが、生産に入るのは2019年だ。

    だが、こうした金額もテスラの資金ニーズと比較するとごくわずかだ。モデル3生産への大規模投資のため、同社の1四半期当たりの現金燃焼は10億ドルを超える。価格3万5000ドルのモデル3が、すぐに収益を生み出す可能性は低いように見える。

    テスラは来年3月末までにモデル3を5000台生産するという目標を達成するのに十分な資金があると主張。それ以降は「営業活動から大きなキャッシュフローを創出」する見込みだと、同社は1日付の株主宛て書簡で指摘した。テスラの広報担当デーブ・アーノルド氏は詳細な説明を控えた。
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-11-22/OZSYYA6TTDS101

    【【EV】テスラ、毎分90万円のペースで保有現金が燃焼中の模様wwww】の続きを読む

    このページのトップヘ