タグ:芸能

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@おーぷん 2017/02/04(土)20:58:56 ID:O8j
    現在ワイ「潰れろフジテレビ」

    何故なのか

    【10年前ワイ「めちゃイケ!はねとび!ヘキサゴン!レッドカーペット!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@おーぷん 2017/02/04(土)21:51:34 ID:nGh
    著作権守ってない奴をさばききれないときにその人の代わりに裁いてるんやろ?
    悪いことしてないやん

    【なんで今JASRACが叩かれてるんや?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 急所攻撃(宮城県)@無断転載は禁止 [US] 2017/01/16(月) 20:28:36.79 ID:HIXd9YSd0● BE:601381941-PLT(13121) ポイント特典
    阪大やimec、脳波を基に自動で作曲を行う人工知能を開発

    大阪大学(阪大)は1月16日、楽曲に対する脳の反応に基づいて自動作曲を行う人工知能の開発に成功したと発表した。

    同成果は、大阪大学 産業科学研究所の沼尾正行 教授、東京都市大学 メディア情報学部の大谷紀子 教授、クリムゾンテクノロジー、ベルギーの研究機関imecらによるもの。

    今後の脳マネジメントシステムは、個人の脳波の状態を検知し、それに基づいて脳の活性化手段を提供し活性化につなげることが考えられており、その活性化手段としては音楽の提供が有望視されている。
    しかし、現在の音楽提供システムは、過去に聴いた曲の類似曲を推薦するか、曲の特徴を細かく指定する必要のある自動作曲システムしか存在せず、手軽に音楽で脳の活性化に結びつけることが困難であったという。

    そこで研究グループは今回、ヘッドホンと一体化した脳波センサを開発。曲に対する脳波データの収集を容易化したほか、収集した曲への反応と脳波の関係を機械学習し、ユーザーのメンタル状態を活性化させるオリジナルの音楽を容易に生成することを可能にしたという。

    作曲結果は、その場ですぐに、MIDIでアレンジされ、シンセサイザを用いた音色で再生されるとのことで、これにより、将来的に、個人だけではなく聴衆の反応測定が可能になり、聴衆の脳波反応に基づいた作曲の実現も期待されるようになると研究グループでは説明する。また、将来の社会実装の1つの姿として、家庭で個人の状態を脳波で測定し、個人の状態に合った音楽刺激を用いて、個人の潜在力を常に発揮できるシステムの実現も期待できるようになるとしている。

    なお、今回の成果は、1月18日~20日にかけて東京ビッグサイトにて開催される「第3回ウェアラブルEXPO」にて実機も含めて展示されるという。

    001l

    新たに開発されたヘッドホン付き脳波センサ (出所:JST Webサイト)

    002l

    音楽による活性化手法の概要 (出所:JST Webサイト)

    http://news.mynavi.jp/news/2017/01/16/422/

    【もう作曲家は要らない? 脳波を基に、その人に最適な曲を自動作曲する人工知能誕生!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2017/01/15(日) 00:11:48.71 ID:yQ/Z/OyS0
    講談社『FRIDAY』からの謝罪。
    1月13日発売『FRIDAY』(編集長/秋吉敦司)について。
    201701_report

    1月13日発売の講談社「FRIDAY」において、弊社所属の葵つかさのグラビアが掲載されております。

    講談社側から過去の写真を掲載させて欲しいと依頼され、一度はお断りさせていただきましたが、以下の2点の条件を守るとの講談社からの返答があり、掲載を許可しました。

    ①事務所として出して欲しくない文字は記載しない
    ②事務所が事前にチェックし、意に反している場合は訂正する

    1月10日に講談社から文書が送信されてきて、事務所で確認して許可をしました。

    しかし、発売日の前日(1月12日)に講談社より連絡があり、「明日発売のフライデーに、掲載しないと約束した文字を出してしまいました」と一方的に告げられました
    このため、訂正するように強く求めましたが、「もう印刷してしまったので」の一点張りで対応していただけませんでした

    このように約束を違え、意向に沿わず掲載され、弊社所属モデルの名誉を傷つけられたことは極めて遺憾であり、編集部のやり方に憤りを感じています。

    講談社には弊社の弁護士より通知書を送り、以下の返答が届きました。




    葵つかささんグラビアに関するトラブルの経過とお詫び

    エイトマン御中
    葵つかさ様

    講談社FRIDAY編集部の???と申します。
    この度、1月13日発売の弊社において、タレント・葵つかささんのグラビア記事を企画し、所属事務所である『エイトマン』に過去の素材を使用させて欲しい旨を伝えました。
    その際、事務所から「出して欲しくない文字は使わない」、「文字をチェックさせてもらう」という申し出があり、その条件を受け入れる形で掲載の承諾をいただきました。
    ですが今回、意図的ではありませんが、編集部内の連絡ミスでその言葉を使ってしまい、結果的に事務所との約束を違える事になってしまいました。
    エイトマン、葵さんに不快な思いをさせてしまい、申し訳ありませんでした。

    今後このようなことのないよう、注意致します。

    【FRIDAY「もう印刷したから売るわ、すまんな」】の続きを読む

    このページのトップヘ