タグ:経済

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ノチラ ★ 2017/07/10(月) 16:03:52.57 ID:CAP_USER
    大韓民国の産業史で最も重要な選択に数えられる決断がある。サムスン創業者、故イ・ビョンチョル会長の「東京宣言」だ。1983年2月、東京に滞在していたイ会長がソウルに電話をかけた。

    「本日を期にサムスンは半導体に投資することを決めた」

    経営学の教科書にも登場する韓国半導体神話の出発点だ。米日のライバル企業はダンピングでサムスンを締め付ける作戦に出た。しかし、厳しい「チキンゲーム」で勝ち残ったのはサムスン電子だった。ライバル数十社を全て打ち破り、最後の勝者になった。

    サムスンが得意とするのは速度戦だ。64キロビットのDRAM生産ラインは「東京宣言」からわずか10カ月で完成した。その10カ月後には256キロビットのDRAMラインをつくり、ライバル企業を驚かせた。単にスピードという言葉では足りず、「超スピード経営」と呼んだ。リスクを恐れに思い切った賭けでもライバルを圧倒した。80年代半ばの半導体不況時にサムスンがライン増設に乗り出すと、米国はそれをまるで「真珠湾攻撃」だと書いた。無謀だという意味だ。しかし、サムスンの真珠湾攻撃は大成功を収めた。

    サムスン電子の第2四半期(4-6月)の営業利益が製造業で世界トップを記録した。半導体好景気を追い風に14兆ウォンの営業利益を上げ、初めてアップルを超えた。IT界の「ビッグ4」と呼ばれるフェイスブック、アマゾン、ネットフリックス、グーグルの合計よりも多い額だ。韓国にも品目別の世界トップはたくさんある。70年代には韓国産のかつらがそうであったし、2000年代に入ると造船業が頂点に立った。しかし、サムスン電子は製造業全業種を通じて世界トップという点で次元が異なる。「製造業の王の中の王」になった形だ。

    半導体生産ラインは地球上で最も高価な工場だ。ライン1本に数兆ウォンがかかる。それゆえに「ドルを燃やして半導体を作る」とまで言われた。月給制の経営陣では容易に投資の決断を下せない。サムスンの半導体神話はオーナー体制だからこそ可能だったとも言われる。現在の好況は数年前に李健熙(イ・ゴンヒ)会長が工場を増設しておいたおかげだ。金融危機のさなかにも華城工場に約26兆ウォンを投資した。当時の投資が現在の半導体のスーパーサイクルに的中した。

    サムスン電子はこのほど、超大型投資計画を発表した。半導体・ディスプレーに37兆ウォンを投資する内容だ。2位との差を広げ、格差を保とうという戦略だ。今回の投資の最終決定者は李在鎔(イ・ジェヨン)副会長だった。投資計画の発表日にも李在鎔副会長は法廷にいた。贈収賄事件をめぐる裁判だ。世界トップの企業の名誉にはそぐわない容疑だ。彼の獄中における決定が韓国半導体産業の運命を左右する状況となった。
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/07/10/2017071000396.html

    【「製造業世界一」サムスン電子 経営学の教科書にも登場する伝説の出発点とは】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2017/07/03(月) 17:42:59.44 ID:tmlSq+f1M
    金の無心2千万円超 父親「我慢の限界」 容疑で40歳男逮捕

     同署によると、男は2人兄弟の次男で、高校卒業後は定職に就かず、アルバイトを転々としながら、20歳のころ実家を出て上京。
    30歳を前に関西に戻ってきたものの、何度も実家に帰ってきては「金がない」「仕事が決まった。これが最後」などと父親に懇願して食費や交通費を要求していたという。

     今年4月になって、父親が同署に相談。署員が直接、男に注意したところ、「もう父親のところには行かない」と誓ったが、その後も再三実家を訪れ、金の無心を続けたため、7月2日に父親が被害届を提出した。
    逮捕時、男は所持金10円しか持っていなかった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170703-00000004-kobenext-l28

    【親に金をせびり続けたニート(40)、親に被害届を出され逮捕される】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2017/06/26(月) 08:26:18.68 ID:tWHFyVnW0
    今のマクナル「クポーン使っててりやき270円!フィレオフィッシュ270円!」

    【昔のマクナル「ハンバーガー63円!てりやき100円!フィレオフィッシュ100円!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ノチラ ★ 2017/06/22(木) 17:46:31.42 ID:CAP_USER
     iPhoneなどのアップル(Apple)製品には、日本企業の部材ばかりが使われている――。こうした認識を持っている日本人は少なくない。

    しかし、これはもはや“神話”だ。確かにかつて、携帯音楽端末「iPod」では日本企業の部材の採用も目立ったが、今では台湾企業が強く、中国企業も躍進している。

     アップルとの直接取引という“業界地図の一等地”を得た企業は、世界でどのように分布しているのか。アップルが毎年公開している、部材供給企業リスト、いわゆる「サプライヤーリスト」から読み解く。

    ■常に台湾 > 米国 > 日本

     アップルに部材を供給しているサプライヤー数を本社の国・地域別に調べると、最大勢力は常に台湾企業である。図1に、同社がサプライヤーリストを公開し始めた2012年から2016年までの各年別の実績を示す。国・地域別の順位はこの5年間まったく変わっていない。

     過去5年通算でも同じだ。アップルサプライヤーとして掲載された269社中、台湾企業は71社、米国企業は60社、日本企業は55社である。
    96958A9F889DE

    日本企業がサプライヤーの最大勢力だった時期について、明確なデータはない。ただし10年以上前のiPodシリーズは、そうだったと推測される。東芝や日立グローバルストレージテクノロジーズ[現在の米ウエスタンデジタル]のハードディスク装置、ソニーのリチウムポリマー電池、オプトレックス(現在の京セラディスプレイ)の液晶パネルなどが採用されていた。こうした大型部品の採用実績が“神話”を生み出したのだろう。

     しかし、それも今は昔。台湾企業がトップの座を占めている。台湾企業の強みの一つは、製造の現場とコミュニケーションが取りやすいことだ。鴻海(ホンハイ)精密工業(通称:フォックスコン、Foxconn)など台湾系の電子機器受託企業(EMS/ODM)企業が、アップルから製造案件をほぼ独占的に受注しているからだ(表1)[注]。
    以下ソース
    http://www.nikkei.com/article/DGXMZO17370580W7A600C1000000/

    【【悲報】日本人が誇示するiPhoneの「日本製部品頼み」 幻想だった】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: (?∀?(⊃*⊂) ★ 2017/06/18(日) 20:12:42.80 ID:CAP_USER9
    厚生労働省は、2016年度に全国の労働局などに寄せられた労働相談の件数を発表した。

    「退職したいのに会社が辞めさせてくれない」など自己都合退職に関する相談は前年度比7.2%増の4万364件で、解雇に関する相談(3万6760件、同2.7%減)を初めて上回った。

    同省担当者は「景気がよくなり、人手不足になっていることが背景にある」と分析している。

    厚労省によると、16年度は、使用者と労働者個人の間の労働紛争に関する相談が延べ約31万件寄せられ、集計を始めた02年度以降で最多となった。

    内訳をみると、「いじめ.嫌がらせ」に関する相談が同6.5%増の7万917件で、5年連続で一番多く、自己都合退職は2番目だった。

    16年度の平均有効求人倍率は同0.16ポイント増の1.39倍、完全失業率は同0.3ポイント減の3.0%で、いずれも7年連続で改善している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170618-00000046-mai-soci

    【好景気で人手不足…「退職したいのに会社が辞めさせてくれない」 労働相談、自己退職が解雇を上回る】の続きを読む

    このページのトップヘ