タグ:経済

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/07/17(火) 18:45:04.58 ID:CAP_USER9
    ニューヨーク(CNNMoney) 米経済誌フォーブスの世界長者番付でトップに立つ米アマゾンのジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)の資産総額は16日、1500億ドル(約16兆9000億円)を突破し、史上最高記録を更新した。

    アマゾンはこの日、有料会員向け特売セール「プライムデー」を実施した。接続障害のトラブルはあったものの、同社の株価はこの日、過去最高値を記録。同社株の16%以上を保有するベゾス氏の資産も拡大した。

    フォーブスによると、ベゾス氏の資産総額は長者番付2位の米マイクロソフト創業者、ビル・ゲイツ氏と、米グーグル創業者、ラリー・ペイジ氏の資産を合わせた額に相当し、同3位の著名投資家、ウォーレン・バフェット氏を700億ドル近く上回っている。

    アマゾンは小売り、クラウドサービス、メディアなど多数の分野で影響力を増し、株価は今年初めから60%近く上昇。時価総額は8900億ドルを超え、世界トップに立つ米アップルの9350億ドルに迫っている。

    今月26日に予定される4~6月期の決算発表では、売上高が40%以上伸び、1株当たりの利益は6倍以上に跳ね上がると、アナリストらは予想する。

    これまでと同じく市場予想を上回る勢いが続けば、同社の時価総額はまもなく1兆ドルに達する可能性がある。そうなればベゾス氏の資産総額も1750億ドル近くまで増える見通しだ。

    CNNニュース
    https://www.cnn.co.jp/tech/35122581.html
    【アマゾンCEOジェフ・ベゾス氏の資産が人類史上最高の17兆円に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@涙目です。(庭) [US] 2018/07/13(金) 18:11:54.03 ID:CkuTH0NU0 BE:618588461-PLT(35669)
     総務省が発表した2017年の就業構造基本調査によると、働く人全体の数を示す有業者数は6621万人で、12年の前回調査から179万人増加した。
    このうちパートや有期契約、派遣などの非正規労働者は2133万人で過去最多だった前回調査を更新した。
    人手不足を背景に働く人全体の数が増え、高齢者や女性の非正規も増加した。

    https://this.kiji.is/390389008167257185

    【日本、非正規が2000万人超える 労働者の約1/3が非正規】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無し募集中。。。 2018/06/26(火) 13:30:21.64 0
    ある日、イオンが消えてしまったら……。

    もはや生活の一部になっている大型ショッピングセンターの代名詞「イオン」の閉店を突きつけられた町が佐賀県にある。
    「イオンがあるから転居してきた」。そのイオンがなくなる。住民たちの思いと、他県での事例を追った。

    「イオンがあるから転居」

    栄枯盛衰がつきものの小売業界。中でも九州は「安売り競争が特に激しく、生き残りはたいへん」(関係者)という。
    そんな中、佐賀県上峰町にある大型商業施設「イオン上峰店」が来年2月末に閉店することが決まった。
    閉店決定を受けて記者会見した武広勇平町長の「イオンがあるから、と、この町に転居してきた人も多い」という発言に象徴される通り、閉店が正式に決定したことによるショックは大きい。
    .

    「心配ないと思って越してきたのに」

    「このあたりでは、久留米の街中にでも住まない限り、年をとって車を手放したら生活が成り立たなくなる。 銀行のATMから飲食店まで何でもそろうサティが隣にあれば心配ない、と思って越してきたのに」
    年金暮らしの高木楠子さん(70)が福岡県小郡市から、イオン上峰店に隣接する上峰町内の「中の尾団地」に転居してきたのは10年前。
    1996年から2010年まで、前身の「上峰サティ」にテナントとして入っていたシネコンに映画を見に来たこともあり、もともとなじみがあったという。

    「いろんなテナントが引き払ってしまい、店内はだいぶさびしくなったけれど、広島に住む娘のところに行くときに佐賀土産のお菓子をぱっと買えるのは便利だった。閉店後はどこで買えばいいのか、見当もつきません」

    スカスカだった団地、一気に完売

    戸建て住宅が整然と並ぶ中の尾団地は1970年代に開発された。
    汚水の集合処理により水洗トイレを完備するなど当時の佐賀県としては先進的な団地だったが、郡部という立地のせいか、発売当初は不人気だったという。
    「私が土地を買った1988年には210区画のうち40区画しか売れておらず、スカスカでした」と元自治会長の城野武敏さん(77)は振り返る。
    それを一転させたのは上峰サティの進出だった。
    出店前後から人気が沸騰。あっという間に完売したという。
    「当時のサティの商圏は福岡県久留米市や佐賀市にまで広がっていた。いろいろな所から人が集まる魅力的な街として一躍、好印象になったのでしょう」

    続きはwebで

    ある日、イオンが消える……「残された」住民の思いを聞いてみた業界の競争に揺れる「地方のインフラ」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180621-00000002-withnews-l41

    【イオン「わたしはイオン。すべての商店街を消し去り、そしてわたしも消えよう」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@おーぷん 2018/06/16(土)11:57:08 ID:Vxv

    IUxzcOd


    【12歳で証券会社に入社した天才現る】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/06/14(木) 23:28:49.42 ID:CAP_USER9
    大手企業 夏ボーナスが過去最高に 平均で約96万円

    大手企業のことしの夏のボーナスは、好調な業績を反映して平均でおよそ96万円と、昭和34年の調査開始以来、過去最高となりました。

    経団連は、東京証券取引所の1部に上場する従業員500人以上の251社を対象に、この夏のボーナスの額を調べ、これまでに回答があった96社の状況を公表しました。

    それによりますと、平均が96万7386円で、去年の夏を6.71%上回って2年ぶりに増加し、昭和34年に調査を開始して以来、過去最高となりました。

    業種別では、人手不足が続く建設業が157万3957円と最も高く、次いで自動車が106万1566円でした。

    背景には、大手企業が好調な業績を上げていることに加え、ことしの春闘で政府や経団連が「3%」の賃上げという異例の数値目標を掲げたことの影響があるとみられます。

    経団連は、「各企業には3%の呼びかけを意識してもらったと思う。賃上げの勢いはいっそう強まっていると評価している」とコメントしています。

    NHK NEWS WEB
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180614/k10011478011000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_036
    【大手企業の夏ボーナス、過去最高額の96万円(前年比+6.71%)】の続きを読む

    このページのトップヘ