タグ:海外

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 朝一から閉店までφ ★@無断転載は禁止 2017/09/18(月) 18:26:14.18 ID:CAP_USER
    脂肪を溶かす貼り薬、米研究者らがマウス実験で開発 人間に応用可の期待
    (ワシントンD.C./米国)
    【AFP】米国の研究者らがマウスを使った実験で、脂肪を溶かすスキンパッチ(貼り薬)の開発に成功したと発表した。人間の肥満や糖尿病治療にも応用可能かどうか、今後の研究で探っていく。

     米国化学会(American Chemical Society)発行の学術誌「ACS Nano」に15日発表された論文によると、このスキンパッチはナノテクノロジーを利用して体内の代謝を上げ、エネルギーを蓄積する白色脂肪を、エネルギーを燃焼する褐色脂肪へと変化させることができる。マウスを使った4週間の実験では、スキンパッチが貼られた部分の脂肪が20%減少した。

     論文の共同執筆者で、米コロンビア大学メディカルセンター(Columbia University Medical Center)病理・細胞生物学部のリー・チャン(Li Qiang)准教授は、「腹部のぜい肉を減らす脂肪吸引の代替手段として非侵襲性の治療が可能になるかもしれないと分かれば、間違いなく多くの人が興奮を覚えるだろう」と語った。

     薬の成分は人間の髪の毛の400分の1ほどの細さに相当する直径約250ナノメートル(1ナノメートル=100万分の1ミリ)のナノ粒子に入れられている。皮膚に刺さる微細な針数十本が付いた指先大のスキンパッチに、これらのナノ粒子が仕込まれている。

     ノースカロライナ大学チャペルヒル校(University of North Carolina at Chapel Hill)とノースカロライナ州立大学(North Carolina State University)合同の医用生体工学部准教授で、スキンパッチの設計を担当したゼン・グ(Zhen Gu)氏によると、このパッチの仕組みにより、薬の成分は「全身に素早く行き渡るのではなく、持続的に」組織付近へと浸透させることができるという。

     実験は4週間行われ、マウスの腹部に貼られたパッチは3日ごとに交換されたという。(c)AFP
    http://www.afpbb.com/articles/amp/3143315

    【【ダイエット】脂肪を溶かす貼り薬、米研究者らがマウス実験で開発 人間に応用化の期待】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@おーぷん 2017/09/10(日)22:19:33 ID:9Hg
    1 遊 ジョイナー(アメリカ) 女子200m 21秒34

    2 中 ジョイナー(アメリカ) 女子100m 10秒49

    3 捕 ラインシュ(東ドイツ) 女子円盤投げ 76.80m

    4 三 王軍霞(中国) 女子3000m 8分06秒11

    5 右 ホーン(東ドイツ) 男子やり投げ(旧規格) 104.80m

    6 二 クラトフヴィロヴァ(チェコスロバキア) 女子800m 1分53秒28

    7 一 リソフスカヤ(ソ連) 女子砲丸投げ 22.63m

    8 左 セディフ(ソ連) 男子ハンマー投げ 86.74m

    9 投 コッホ(東ドイツ) 女子400m 47秒60

    【陸上の世界記録の聖域で打線組んだwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ノチラ ★ 2017/09/03(日) 12:43:01.03 ID:CAP_USER
    中国での人件費急騰を背景に、日本企業が製造工程など拠点の一部を国内回帰させる動きが続いている。

     日本貿易振興機構(ジェトロ)の「2016年度日本企業の海外事業展開に関するアンケート調査」によると、拠点移転を実施または実施予定の458件のうち、中国から日本が8.5%、日本から中国は6.8%となった。日本への移転が上回ったのは、比較可能なデータがある06年度以降初めて。調査は製造業と非製造業の計2995社から有効回答を得た。

     明治安田生命保険の小玉祐一チーフエコノミストは、拠点の日本回帰の主因は「中国の人件費上昇」だと指摘。現地生産の利点は費用面から薄れてきており、日本回帰が「国内の設備投資を支える一要因になっている」と分析した。日本銀行の金融緩和を背景に、円は人民元に対して13年初めから約15%下落しており、企業に日本国内へ目を向けさせる要因となっている。円安は日本からの輸出を価格面で後押しするため、三菱UFJモルガン・スタンレー証券景気循環研究所の嶋中雄二所長は「日銀の金融政策の非常に大きな効果」だと述べた。

     中国からの国内回帰の動きは、11年ぶりの6期連続プラス成長となった日本経済にとって追い風となる。従来は成長の牽引(けんいん)役だった外需に代わり、4~6月期は内需の強さが見られた。

     ただ日本企業は、今後も成長が期待される海外に進出する傾向が強く、中国からの拠点移転が進んでも日本の産業空洞化は止まっていない。経済産業省によると、海外拠点の生産比率は、1~3月期に過去最高の30.5%(季節調整値)となった。
    http://www.sankeibiz.jp/business/news/170902/bsg1709020500002-n1.htm

    【【経済】中国で人件費が急騰、日本に製造拠点回帰の動き】の続きを読む

    このページのトップヘ