タグ:民進党

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 曙光 ★ 2017/07/03(月) 00:11:56.01 ID:CAP_USER9

    【【都議選】結果が出揃う 都民49、公明23、自民23、共産19、無所属(都民推薦)6、民進5、維新1、ネット1、無1】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/06/17(土) 10:30:18.18 ID:CAP_USER
     いくら憲法で「言論の自由」が保障される日本でも、限度はある。

     「生理的にいやだと思わない? ああいう人達というか、ああいうシステム、ああいう一族がいる近くで空気を吸いたくない」


     民進党の辻元清美衆院議員が、民間国際交流団体「ピースボート」を設立して政界進出する前、1987年3月に出版した『清美するで!!新人類が船を出す!』(第三書館)の中で、皇室についてこう記していた。皇室制度を「悪の根源」とまで断じていたという。産経新聞が9日報じた。

     これは、日本維新の会の足立康史衆院議員が8日の衆院憲法審査会で取り上げたものだ。足立氏は、皇室制度の廃止を訴えた辻元氏の過去の発言も挙げ、「こうした発言を繰り返す辻元氏が憲法審査会の幹事なのは適当ではない」と批判した。

     これに対し、辻元氏は「30年ほど前、学生時代にご指摘の発言をした」と認めたうえで、「日本国憲法の下、日本は生まれ変わり、戦争放棄の国になった。憲法に規定されている象徴天皇を尊重しなければならない。私は考えが一面的だったと痛感し、深く反省した」と述べた。

     辻元氏が、深く反省したのはいつなのか。

     産経抄(10日)によると、辻元氏は衆院議員となった後の1998年に出版した著書で次のように書いているという。「(憲法)第一条から第八条までの天皇に関する規定を削除すべきだ」「天皇制について、私は個人的に反対。やっぱり抵抗がある」

     また、週刊新潮(2005年10月13日号)によると、辻元氏は東京・渋谷で開かれた女性限定のアダルトイベント「女祭」にゲスト参加した際、「国会議員っていうのは、国民の生命と財産を守るといわれてるけど、私はそんなつもりでなってへん。私は国家の枠をいかに崩壊させるかっていう役割の国会議員や」と発言したという。

     私はこの記事を読んで、憲法尊重の意思も、国会議員として国民全体に奉仕する意思も感じられなかった。「国壊議員」という言葉が頭に浮かんだ。ピースボートは、中華人民共和国や北朝鮮なども訪問したため、ネットを検索すると辻元氏との関係を指摘する記述もある。

     辻元氏は03年7月、秘書給与詐取事件で警視庁捜査2課に逮捕され、懲役2年執行猶予5年の有罪判決を受けた。すでに罪は償っているが、国民の疑念に対する説明責任は、誰より重くとも仕方ないのではないか。

     一連の疑惑に答えるためにも、辻元氏は記者会見を開き、皇室制度に対する考え方や、国会議員としての姿勢について説明すべきではないか。ついでに、「(北朝鮮の)金一族の存在は生理的にいやだと思わない?」とでも発言すれば、日本国民の留飲は下がる。

     ■ケント・ギルバート 米カリフォルニア州弁護士、タレント。1952年、米アイダホ州生まれ。71年に初来日。著書に『儒教に支配された中国人・韓国人の悲劇』(講談社+α新書)、『トランプ大統領が嗤う日本人の傾向と対策』(産経新聞出版)、『日本覚醒』(宝島社)など。

    http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170617/soc1706170005-n1.html
    http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170617/soc1706170005-n2.html

    soc1706170005-p1
    衆院憲法審査会に臨む、辻元氏

    【民進党・辻元氏は“国壊”議員か 辻元清美「私は国家の枠をいかに崩壊させるかっていう役割の国会議員や」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ナガタロックII(北海道)@無断転載は禁止 [JP] 2017/05/09(火) 11:16:35.11 ID:UcadMsIz0 BE:882533725-PLT(14141) ポイント特典
     学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却問題で、学園前理事長の籠池泰典氏が8日夜、朝日新聞の取材に応じ、「安倍晋三記念小学校」との校名を記した設立趣意書を2013年に財務省近畿財務局に出したと明らかにした。14年には、首相の妻昭恵氏と建設予定地で撮影した写真も示し、支援を受けていると説明したという。

     小学校設置の認可を受けるには、建設地を自己所有しているのが原則で、近畿財務局は将来の売却を前提とした定期借地契約を学園側と結ぶ異例の手続きを15年5月に取った。
    籠池氏の証言通りなら、財務省側が14年時点で国有地の取引を昭恵氏関連の案件と認識していた可能性も出てきた。

    籠池氏が小学校の設立趣意書を出したのは、13年9月。籠池氏の説明では、小学校の建設用地として、大阪府豊中市の国有地を取得したいとの要望書を近畿財務局に出した際に添付した。籠池氏は「日本初で唯一の神道の小学校」の開設を目指しており、設立趣意書に記した名称を「安倍晋三記念小学校」としたという。

     籠池氏は14年4月、昭恵氏を学園の幼稚園での講演に招いた。籠池氏によると、この際、昭恵氏を建設予定地に案内し、一緒に記念写真を撮った。
    直後の近畿財務局との土地取引の交渉で、財務局側から「見せてくれ」と求められ、写真を渡した。担当職員は「コピーを取って局長にみせる」と言っていたという。籠池氏は「(支援を)わかってもらわないと(いけなかった)」と話した。
    http://www.asahi.com/articles/ASK585SK3K58UTFK00X.html

    【【森友】籠池氏、財務局提出書類に「安倍晋三記念小学校」また昭恵夫人との写真を役人に見せる←あっ…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ハーフネルソンスープレックス(SB-iPhone)@無断転載は禁止 [UG] 2017/05/09(火) 21:54:13.25 ID:o+Xvh/Qc0 BE:384148533-PLT(15000) ポイント特典
    <民進>11日の憲法審査会に応じず 首相答弁などに反発
    毎日新聞

    参院予算委員会で安倍晋三首相に質問する民進党の蓮舫代表=国会内で2017年
    5月9日午後1時19分、川田雅浩撮影

     民進党は9日、衆院憲法審査会の11日の開催に応じない方針を固めた。
    2020年の改正憲法施行を目指すとした安倍晋三首相の発言や、国会で内容を問われて「新聞の熟読を」とした首相答弁などに反発したためだ。憲法審の武正公一野党筆頭幹事(民進)が9日、中谷元与党筆頭幹事(自民)に見送りの意向を伝えた。与野党の議論活性化を狙った首相発言だが、当面の国会論議の遅れを招いている。

     武正氏は9日、中谷氏と国会内で2回会い、野党内で首相発言への批判が高まっているとして「こういう状況での開催は難しい」と伝えた。11日は憲法審の幹事懇談会開催にとどめ、首相発言の総括や今後の日程協議を行うことを提案し、中谷氏は持ち帰った。与党は事態沈静化のために見送りを容認するとみられる。11日には「国と地方のあり方」に関する各党の自由討議が予定されていたが、18日以降となる見通し。当初は4月13日に実施予定だったテーマだが、さらに遅れる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170509-00000136-mai-pol

    【民進党、11日の国会・憲法審査会を拒絶 首相の「新聞読め」発言に反発】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: クロイツラス(愛媛県)@無断転載は禁止 [EU] 2017/05/02(火) 12:40:17.06 ID:qHBGP+iD0 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
    テロ等準備罪審議の衆院法務委 民進が委員長解任決議案
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170502/k10010968661000.html
    「共謀罪」の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する法案を審議する衆議院法務委員会は、2日午前9時すぎ、自民党の鈴木委員長が職権で委員会を開会し、質疑を始めたのに対し、民進党と共産党は「委員会運営が強引すぎる」などと反発し、退席しました。

    そして、民進党は「鈴木委員長の委員会運営は憲政史上まれに見る強権的なもので、国会が言論の府であることをみずから否定する姿勢は全く容認できない」として、鈴木委員長の解任決議案を衆議院に提出しました。

    このため、法務委員会は、自民党が10分ほど質疑を行ったところで休憩に入っていて、再開される見通しは立っていません。

    鈴木委員長は、記者団に対し「充実した審議のため、質疑時間を確保して臨んだにもかかわらず、本当に残念だ」と述べました。

    解任決議案は、大型連休明けに衆議院議院運営委員会の理事会で取り扱いが協議されるものと見られます。

    与党側の筆頭理事を務める、自民党の古川禎久氏は「事実上の審議拒否で、非常に残念だ。国民の中に法案への不安や懸念があることも承知しており、きちんと審議しなければならず、民進党にも粘り強く呼びかけていきたい」と述べました。

    一方、民進党の山尾前政務調査会長は「出来損ないの『共謀罪』を一刻も早く通したいという強権的なやり方と、政府与党の言いなりの鈴木委員長に問題がある。与野党合意での委員会運営を根底から覆した鈴木委員長は、解任に十分値する」と述べました。


    民進、法務委員長の解任決議案を提出
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS02H07_S7A500C1EAF000/
     民進党の逢坂誠二衆院議員は国会内で記者団に「議論を尽くそうという姿勢がなく、採決ありきで突き進んでいる」と語った。

    【またも審議拒否した民進党「自民党には議論を尽くそうという姿勢がない!!」】の続きを読む

    このページのトップヘ