タグ:株

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ののの ★ 2017/05/08(月) 22:39:22.47 ID:CAP_USER
    8日の東京株式市場でソニーの時価総額が5兆円台を回復した。終値ベースで5兆円を超えたのは、2008年6月下旬以来となる。
    エレクトロニクス事業の復活を好感する声が多く、18年3月期の連結営業利益は20年ぶりに最高益を更新する可能性もある。

     終値は4%高い3989円となり、時価総額は5兆411億円だった。
    主な電機メーカーの時価総額をみると三菱電機やパナソニックなどが3兆円台にとどまり、ソニーの躍進が際立つ。

     ソニーは欧州の売上高比率が2割と比較的高く、テレビなどを販売している。
    仏大統領選で親欧州連合(EU)のエマニュエル・マクロン元経済産業デジタル相が勝利し、欧州の政治リスクが後退したとの見方から、
    関連銘柄としても買いを集めたようだ。

     今期の連結営業利益予想は前期比7割増の5000億円。達成できれば1998年3月期の5257億円に次いで、過去2番目の水準になる。
    スマートフォンのカメラ用画像センサーなどが好調。「会社計画は保守的で上方修正の可能性もある」(国内証券)という。

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ08HXP_Y7A500C1TI1000/

    【ソニー、時価総額5兆円回復 電機メーカー首位に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: わかば ★ 2017/05/08(月) 20:40:26.18 ID:CAP_USER
    8日の東京株式市場で日経平均株価は3日続伸した。
    終値は前営業日比450円(2.31%)高の1万9895円70銭で3月13日以来、2カ月ぶりに年初来高値を更新した。

    2015年12月3日以来、約1年5カ月ぶりの高値となる。

    国内の連休中に外国為替市場で円相場が対主要通貨で下落し、輸出採算の改善期待から主力株を中心に全面高となった。
    海外投資家の買いが目立ち、東証1部の売買代金は3兆4434億円と2016年12月9日以来、約5カ月ぶりの多さになった。

     7日のフランス大統領選でマクロン氏が勝利し、同国がユーロ圏から離脱する懸念が大きく後退した。
    投資家が運用リスクを積極的に取る「リスクオン」姿勢が強まり、欧州売上比率の大きなマツダやコニカミノル、板硝子といった銘柄に買いが集まった。
    海外投資家が日本株の保有比率を引き上げるため、輸出関連株に限らず時価総額の大きな銘柄に買いを入れたという。

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASS0ISS16_Y7A500C1000000/

    【日経平均株価1万9895円70銭 1年5カ月ぶり高値 売買3兆円超】の続きを読む

    このページのトップヘ