タグ:時事ネタ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 風吹けば名無し 2018/06/10(日) 14:36:16.00 ID:ElT9UPyG0


    【キングダムハーツ3 2019年1月25日発売へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/10(日) 11:45:02.083 ID:H3uELU1J0
    やべー

    【【悲報】桜島、大爆発】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 風吹けば名無し 2018/05/27(日) 00:30:05.79 ID:0QsAbSC6a
    emN756P
    ハワイ島のキラウエア火山の噴火被害が拡大しています。24日、ハワイ島東部の住宅地にあふれ出た溶岩が迫り、一部の住宅で火災が発生するなど焼失範囲が拡大しています。
    ハワイの現地当局によりますと、焼失面積は890ヘクタールに上り、これまでに82棟の住宅が溶岩にのみ込まれてしまったということです。

    【キラウエア火山、止まらない】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/05/12(土) 22:26:40.16 ID:CAP_USER9
    創業100年以上の歴史がある老舗企業の倒産・休廃業・解散が平成29年度は461件に上り、データのある12年度以降で過去最多となったことが帝国データバンクの調査で分かった。リーマン・ショックがあった20年度(430件)や東日本大震災発生後の24年度(417件)を上回った。地域経済の疲弊に加え、インターネット通販の普及など老舗企業を取り巻く環境の変化が背景にある。

     業種別では小売業(191件)が41.4%を占め、製造業21%、卸売業17.4%と続いた。12~29年度の累計では酒類卸売り、米穀類小売りといった「まちの酒屋さん」のような一般消費者向けの企業が目立った。

     帝国データバンクの担当者によると、老舗企業の苦境は個別の要因によるものというよりは、地域経済が少しずつ疲弊し弱ったところに後継者不足や消費者の好みの変化、インターネットの普及など時代の変化に対応できない事態が重なったケースが多い。多くの老舗企業にとって、今後も逆風が吹く可能性が高い。

     全国には100年を超える歴史を持つ企業は約2万8千社ある。伝統があるだけに経営が硬直化し、変化を望まなかった結果、倒産するなどした会社も多いという。ただ、担当者は伝統を持つ老舗は日本全体の経済活動の礎であり、雇用の確保という点でも重要と指摘。「古くからの『のれん』に価値はある。これまで培った軸を守りながら新たな挑戦もしていってほしい」と述べた。

    産経ニュース
    https://www.sankei.com/economy/news/180512/ecn1805120027-n1.html

    【老舗企業の倒産が過去最多に リーマン・震災超え】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ■忍法帖【Lv=17,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2018/02/10(土)08:51:18 ID:???
    明細表/
    aaaa

    2月は、春に入学を控えた子供の制服の注文や支払いが本格化するシーズンだ。
    東京都中央区に住む女性も、子どもの制服を買いに、デパートへ出向いた。
    子どもが入学を予定している区立泰明小学校(和田利次校長)では、今春入学する1年生から、新しい標準服(制服)に切り替える。
    イタリアの高級ブランド「アルマーニ」に依頼してデザインを監修してもらったものだ。
    洗い替えのシャツまでそろえると、全部で9万円だった。
    学校の説明によると、いまの標準服は、上着、長袖シャツ、ズボン、帽子をそろえて男子で1万7755円、
    女子で1万9277円。夏服が加わったこともあり、洗替えの価格を加えても、3倍以上の値上がりとみられる。(中略)

    ●9月に公表
    (略)…新しい標準服について、校長はこう説明する。
    「時代の変化を体感させつつ、泰明小学校の児童であるというアイデンティティを育成していくための一環」
    「これまでの歴史や伝統を守りつつ、小学校での『英語教育の導入』や、『地域との密接な連携』という新しい教育プログラムの導入と並行して行われていく泰明小学校の新しい時代に向けた変化であり、進化でもある」
    「学校とは、学問だけでなく、倫理的な考え方や、集団生活でのあり方も同時に学ぶ場であると考えている。『服育』という考えに基づき、装うものからも学びの機会を得てもらいたい」

    校長がひとりで決めた
    学校制服の決め方に、特段のルールはない。だが、近年は、学校関係者、保護者、地域住民などを交えた協議の組織を立ち上げ、保護者や生徒に素材や値段、デザインについての希望を聞くアンケートをとり、結果なども踏まえて、製造業者が複数集まったコンペでの提案から選ぶのが一般的だ。
    だが、同校では、協議の組織や事前調査はなかった。和田校長がほぼ単独で働きかけ、決めたのだという。(中略)

    なぜアルマーニ社なのか。
    「銀座に本社を構える海外ブランドの一つ。実際に、銀座にある百貨店にも、店舗内の服飾事業者と提携できないものか、 また、数社の服飾事業者にも相談したが、『服育』という教育方針に賛同し、本社の協力体制が得られそうだという 意思表示をしてくださったのがアルマーニ社だったので、デザインの監修をお願いした。アルマーニ社は子供服も手掛けており、実用性と機能性を重視した標準服を制作するにあたりふさわしい事業者だと思っている」(中略)

    ハフポスト
    http://www.huffingtonpost.jp/2018/02/07/schooluniform_a_23355576/

    【公立 泰明小学校「アルマーニデザインの標準服」を校長の独断で導入 全部で9万、親から批判も】の続きを読む

    このページのトップヘ