タグ:日本

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [ニダ] 2018/05/17(木) 19:05:45.12 ID:qXCoNePd0 BE:416336462-PLT(12000)
    定刻より数十秒早く電車を発車させたことで、日本の鉄道会社が謝罪した。日本では、同様の事例が昨年11月にも起きており、海外のソーシャルメディア・ユーザーたちの間で話題になっている。
    詳細をおろそかにできないとしたら事実関係はこうだ。昨年11月は発車が20秒早かったが、今回はなんと25秒も早すぎたのだ。

    当然ながら、ソーシャルメディアのユーザーたちはこれを見逃さなかった。
    インドネシアのアズハリ・ハリスさんはツイッターで、「なんてことだ日本!!? 25秒も早く出発? 4秒前に乗ろうとしても乗れなかったっていうこと!??」とコメントした。

    報道によると、JR西日本・琵琶湖線にある能登川駅で先週11日、出発時刻が午前7時12分だったところを11分だと勘違いした車掌が電車のドアを閉めた。
    すぐ間違いに気が付いた車掌は、再びドアを開けて失態を避けることもできたが、プラットホームに乗客が見当たらなかったので、定刻までまだ25秒あったものの出発させることにした。

    米テキサス州のピーター・J・リコディさんはツイッターに、「ニュースです。西日本旅客鉄道は日本中部を走る鉄道が25秒予定より早くプラットホームを出たと謝罪しました」と投稿した。
    また、英国のアンドリュー・クルーズさんは、「すごいね。鉄道会社がサービスに言い訳できない不届きがあったと全面的に謝罪するのは日本だけだ。それも電車が25秒早く出たからだって!」とツイートした。

    日本の鉄道会社は非常に時間に正確な運行で知られるが、能登川駅で定刻前に出発した電車に乗ろうとして取り残された乗客が実際いたことが判明した。
    プラットホームに取り残された乗客たちからの抗議を受けてまもなく、JR西日本は、「お客様には大変ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません」との謝罪文を出した。
    昨年11月に東京・秋葉原と茨城県つくば市を結ぶ「つくばエクスプレス」が定刻前に出発した際も、運営する首都圏新都市鉄道は、「お客様には大変ご迷惑をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます」と発表文で述べている。
    当時も車掌が出発時刻を間違ったことが原因だった。乗り遅れた乗客はいなかった。

    http://www.bbc.com/japanese/44150537

    【BBC「速報です。日本の鉄道会社が定刻より25秒早く発車させました」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/05/12(土) 22:26:40.16 ID:CAP_USER9
    創業100年以上の歴史がある老舗企業の倒産・休廃業・解散が平成29年度は461件に上り、データのある12年度以降で過去最多となったことが帝国データバンクの調査で分かった。リーマン・ショックがあった20年度(430件)や東日本大震災発生後の24年度(417件)を上回った。地域経済の疲弊に加え、インターネット通販の普及など老舗企業を取り巻く環境の変化が背景にある。

     業種別では小売業(191件)が41.4%を占め、製造業21%、卸売業17.4%と続いた。12~29年度の累計では酒類卸売り、米穀類小売りといった「まちの酒屋さん」のような一般消費者向けの企業が目立った。

     帝国データバンクの担当者によると、老舗企業の苦境は個別の要因によるものというよりは、地域経済が少しずつ疲弊し弱ったところに後継者不足や消費者の好みの変化、インターネットの普及など時代の変化に対応できない事態が重なったケースが多い。多くの老舗企業にとって、今後も逆風が吹く可能性が高い。

     全国には100年を超える歴史を持つ企業は約2万8千社ある。伝統があるだけに経営が硬直化し、変化を望まなかった結果、倒産するなどした会社も多いという。ただ、担当者は伝統を持つ老舗は日本全体の経済活動の礎であり、雇用の確保という点でも重要と指摘。「古くからの『のれん』に価値はある。これまで培った軸を守りながら新たな挑戦もしていってほしい」と述べた。

    産経ニュース
    https://www.sankei.com/economy/news/180512/ecn1805120027-n1.html

    【老舗企業の倒産が過去最多に リーマン・震災超え】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 風吹けば名無し 2018/04/17(火) 22:39:59.19 ID:0GbsxjQ10
    体感的には丁度6年前に入ったくらいなんやが

    【2008年の10年前感の無さ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ノチラ ★ 2018/03/17(土) 22:43:50.20 ID:CAP_USER
    2018年3月15日、日本新華僑報網は、「安倍晋三首相が成長戦略のひとつに掲げ2013年からスタートした『クールジャパン』だが、4年を経てなお『クールじゃない』状態が続き、深刻な不振に陥っている」と伝えた。

    2017年11月、日本メディアが行った調査で、海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)が総額500億円を出資した24事業のうち、半数は1年以上たっても収益など当初の計画を達成できていないことが明らかになった。

    クールジャパン機構が44億円を出資した海外向けテレビ番組事業の「WAKUWAKU JAPAN(ワクワク・ジャパン)」は過去2年で40億円近い赤字を出し、海外向けにサブカルチャーコンテンツを発信する「トーキョー・オタク・モード」やアニメコンテンツなどのECサイト「アニメ・コンソーシアム・ジャパン」も当初の予想を超える赤字となっているという。

    記事は「クールジャパンが破綻寸前の状態にあるのは、さまざまな弊害が悪影響を与えていることに起因する」と指摘。「国内の専門家を集めた委員会を発足させたが、売り込む先の関係者からはあまり意見を取り入れておらず、官民一体となって売り込んでいく場合の暗黙のルールも事業の効率を落とし、予算の浪費を助長している」とした。

    また、「クールジャパン機構の出資金約700億円の8割以上が政府の財政融資で賄われており、国費を浪費するだけに終わりかねないとの指摘も出ている。とりわけ経営陣と個人的なつながりのある案件で不振が目立つ。運営の透明性は低く、それどころか不正の温床にもなりかねない」と指摘した。

    さらに、「責任者の人材選びにも問題がある」とも。「クールジャパン戦略担当大臣だった稲田朋美議員は保守派の政治家で、歴史観に問題があっただけでなく、対外交渉にも不慣れ」とし、「近隣諸国から反感を買うような人材を担当させた」と強く疑問視している。

    記事は「経済成長が著しい中国は日本の文化発信にとっても大きな市場のはずだが、その中国への対応を見誤ったクールジャパンが失敗するのも無理はない」と伝えている。

    http://www.recordchina.co.jp/b582256-s0-c20.html

    【日本の「クールジャパン」はなぜ全然クールじゃないのか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 風吹けば名無し 2018/01/19(金) 03:02:40.26 ID:CnCpahmrM
    ガチでヤバそう
    E6JL1sG
    CwFQBV4

    【オリンピック終了後の日本wwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ