タグ:日本

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/26(金)15:56:43 ID:cbi
    建物も服もマジの和洋折衷って感じで好き

    【大正とかいう時代wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 風吹けば名無し 2019/04/06(土) 09:53:17.85 ID:SH670nX40
    ファッ!?なんでここ最近は元号の名前がそのまま時代の名前になっとるんや?

    【江戸時代→明治時代→大正時代→昭和時代→平成時代→令和時代 ←これ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@涙目です。(秋田県) [MA] 2019/03/16(土) 16:48:49.73 ID:ex/T48xP0 BE:194767121-PLT(12001)
    (前略)

    こうした事例から、日本人におけるモラルというのは、精神的・内面的なものではないことが分かります。皆がガマンしているのに、誰かその状況を破ることがモラル違反というわけですから、完全に外部的なものであるとみなすことができるでしょう(これはいわゆる前近代的ムラ社会の掟に近いものと思われます)。
    この話はお金に対する価値観にも表われています。
    日本では一般的に露骨なお金儲けは良くないこととされていますが、日本人が本当に金銭というものに対して嫌悪感を持っているわけではありません。
    国際的な比較調査の中には、むしろ日本人の方が諸外国の人よりも、お金を持っている方が幸せなれると考える傾向が強いという結果もあるくらいですから、実は、皆、お金が大好きです。

    お金が大好きであるが故に、皆がガマンしているのに誰かが出し抜いてお金儲けをするのは許せないという感情が生まれ、これが先鋭化されてお金儲けをタブー視する風潮が出来上がったものと思われます。

    先ほど、国民性というのはそう簡単に変わるものではないと説明しました。昔に比べて、ガマンをしないことに対する批判が強くなっているのだとすると、それは国民性が変わったのでなく、日本の経済的な環境が悪化した可能性について考えるべきでしょう。つまりガマンを強いられる人の割合や水準が
    高くなったことで、寛容性が薄れてきたわけです。

    【「俺が我慢している!お前も我慢しろ!」の論理】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 風吹けば名無し 2019/01/13(日) 12:51:12.02 ID:F+bVo12C0
    日本より少子化が惨いwww

    【出生率:日本「1.46」 韓国「1.05」 台湾「0.89」】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 風吹けば名無し 2019/02/18(月) 06:57:01.75 ID:RwCZU3BA0
    ひぇっ…

    【無音カメラさん「ダウンロードの87%は日本から」】の続きを読む

    このページのトップヘ