タグ:日本

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 孤高の旅人 ★ 2018/09/18(火) 17:15:21.39 ID:CAP_USER9
    副業、4分の3が認めず=企業、過重労働を懸念

     政府が推進する会社員の副業や兼業について、4分の3以上の企業で認める予定がないことが、厚生労働省所管の独立行政法人、労働政策研究・研修機構の調査で明らかになった。

     認めない企業の82.7%が「過重労働で本業に支障を来す」と答えた。企業の抵抗感が依然として根強い様子がうかがわれる。

     調査では75.8%の企業が副業・兼業の許可について「予定なし」と回答。「許可している」は11.2%、「許可を検討している」が8.4%だった。許可しない理由では過重労働のほか、「労働時間の管理・把握が困難」が45.3%と、複数の職場を掛け持ちする中での実務上の問題を挙げた。

     労働者に対する調査では、副業・兼業を「新しく始めたい」との答えが23.2%、「機会・時間を増やしたい」が13.8%。一方、「するつもりはない」は56.1%だった。

     副業をしたい理由では「収入を増やしたい」が85.1%でトップ。逆にしたくない理由は「過重労働で本業に支障を来す」が61.6%、「家族や友人と過ごす時間を重視する」が56.5%で上位を占めた。

     調査は2~3月に実施し、全国の従業員100人以上の企業2260社、労働者1万2355人から回答を得た。政府は1月にガイドラインやモデルとなる就業規則を策定し、原則として副業や兼業を認めるよう企業に求めている。


    【4分の3の企業が副業認めず 理由は「過重労働を懸念するため」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 風吹けば名無し 2018/08/31(金) 16:14:52.02 ID:m+kNbOZHd
    日本財団の笹川陽平会長が31日、自身のブログで今月15日に山梨県鳴沢村の別荘で開いた、安倍晋三首相と森喜朗元首相らとの夕食会や、翌日のゴルフの様子をとらえた写真6枚を公開した。
    食事中に小泉純一郎元首相らも一緒になって大笑いする場面などが収まっており、夏休み中でリラックスした安倍首相らの表情が伺える。

    笹川氏は「このような雰囲気で深みのある話題などはテーマにならないわけで、過去の思い出話や多少の月旦評(人物の批評)はあったが、常に笑いを伴う話ばかり」とつづった。
    https://www.sankei.com/politics/news/180831/plt1808310017-n1.html

    plt1808310017-p1
    plt1808310017-p2
    plt1808310017-p3
    plt1808310017-p4
    plt1808310017-p5
    plt1808310017-p6


    【安倍総理「この夏は濃いメンツで呑んだ😋🍶🍣🍖」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@おーぷん 2018/08/15(水)13:37:36 ID:qsW
    日本さん「1200兆円あるぞ」

    ジャップさぁ…

    【トルコ「50兆円も負債あってヤバいわ」 リーマンブラザーズ「64兆円で死んだで」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: アブナイおっさん ★ 2018/08/14(火) 17:57:08.86 ID:CAP_USER9
    マイボイスコムは、7月1日から5日に実施した「eスポーツ」に関するインターネット調査の結果を発表しました。
    回答数は1万514件。

    eスポーツについて「どのようなものか知っている」は18.5%、「名前を聞いたことはあるが、どのようなものか知らない」は25.4%
    認知率はこちらも男性若年層が高く、10代~30代男性は各7割だったそうです。
    また、eスポーツに「興味がある」「まぁ興味がある」と回答した人は6.0%。「興味がない」「あまり興味がない」は81.3%となっています。

    ・eスポーツに関する考え方として、
    「ゲームは遊びのひとつであり、スポーツ競技とはとらえにくい」「eスポーツという名前からは、ゲームの対戦競技をイメージしにくい」「実際に身体を動かすことがメインではないので、スポーツ競技とはとらえにくい」と考える人がそれぞれ2割。

    一方、eスポーツが「どのようなものか知っている」層では、「将棋やチェスのようなマインドスポーツである」「反射神経、動体視力、瞬発力などの能力が求められるので、スポーツ競技である」と捉える人がそれぞれ2割いるようです。

    ・eスポーツに対するイメージについては
    「ゲーム好きや上手な人が活躍できるいい場所だと思う。(女性/24歳)」
    「妥当性はあるが、世間一般にはなかなか受け入れられていないイメージ。(男性/18歳)」といった意見がある一方で

    「健康的な印象として捉えられる『スポーツ』という言葉のイメージが壊されるように思います。(男性/47歳)」「暗いイメージ。家にこもってずっと練習という名のゲームをしているから。(女性/28歳)」など否定的なイメージを持つ人もいるようです。

     直近1年間でゲーム(家庭用ゲーム機、スマートフォンゲーム、PCゲームなど)をした人は全体の4割。
    男性や若年層で比率が高く、10代・20代男性では8割弱、30代男性や10代・20代女性では6割強ほど。
    なお、ゲームをほぼ毎日する人は全体の2割だったそうです。

    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1808/10/news129.html


    eスポーツの普及を進めることについて、賛成意見(「賛成」「どちらかといえば賛成」の合計)は1割強、
    反対意見(「反対」「どちらかといえば反対」の合計)は2割強。「どちらともいえない」が67.1%となっている。
    賛成意見の比率をみると、男性や若年層で高く、男性10~30代、女性10・20代では各3~4割となっていた。

    eスポーツ(e-sports)とは、「エレクトロニック・スポーツ」の略。広義には、電子機器を用いて行う娯楽、競技、スポーツ全般を指す言葉で、コンピューターゲーム、ビデオゲームを使った対戦をスポーツ競技として捉える際の名称。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15148044/

    【eスポーツに「興味ない」81.3%  イメージは「暗いイメージ。家にこもってずっと練習という名のゲームをしている」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@おーぷん 2018/07/26(木)10:09:11 ID:Djg
    ・夏は世界トップクラスの暑さ&湿度
    ・冬は世界トップクラスの降雪量
    ・定期的に大地震に襲われる
    ・定期的に火山の噴火に襲われる
    ・定期的に猛烈な台風に襲われる
    ・森林が国土の7割を占め、平野が非常に少ない
    ・おまけに労働環境に大きな問題を抱える

    【日本とかいう試される大地】の続きを読む

    このページのトップヘ