タグ:教育

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ムヒタ ★ 2018/05/27(日) 07:29:52.09 ID:CAP_USER
    今夏から教室が少し涼しくなる――!?

    文部科学省は小中高校や大学にある教室の望ましい環境を定めた「学校環境衛生基準」を一部改正し、全国の教育委員会などに通知した。これまで「10度以上30度以下」だった望ましい室温は、エアコン慣れした児童生徒らの増加に伴い、「17度以上28度以下」に変更された。

    通知は4月2日付で、室温の見直しは1964年の基準策定以来初めて

    教室の室温を巡っては、「暑さ、寒さに耐えることを学ぶのも教育」との意見がある一方、「勉強に集中できない」「基準を理由に30度を超えないとエアコンを使わない学校がある」などの声も出ていた。

    http://www.yomiuri.co.jp/national/20180527-OYT1T50005.html

    【【社会】教室冷房「28度以下」に… 「30度」から変更】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@おーぷん 2018/04/23(月)22:03:50 ID:7oO
    リアル感無いんだよなあ・・・

    【「道徳の教科書」とかいう嘘の寄せ集め】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@おーぷん 2017/10/28(土)18:43:42 ID:NNX
    税金はいくら掛かるとか
    開業するためにはなにが必要かとか教えないよね

    【学校ってなんで社会の仕組みを教えないのさ?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ノチラ ★ 2017/08/26(土) 04:33:23.73 ID:CAP_USER
    中略
    結論から言えば、日本人エンジニアは、ほぼすべての人が「独学」と答えていました。よい参考書などの情報は集まりましたが、教授法やカリキュラムを構成するうえでのヒントを得ることは難しかったのです。

    一方米国では、高校でコンピュータサイエンスの授業を学び、興味を持って大学でも同じようにコンピュータサイエンスの授業を履修してスキルを養い、就職も見据えてIT系の学科へ移り、シリコンバレーのテクノロジー企業で高給取りになった、というストーリーを聞くことができました。

    独学で上達した理由は?

    シリコンバレーのエンジニアの新卒の給料は、スキルレベルにもよりますが1500万円を超えており、日本人エンジニアとはまったく評価が異なります。日本では、よりよい給料を得るために起業したり、スタートアップに参加したり、そうした経験を武器に転職をする、戦略的なキャリアパスが必要だといいます。

    米国のコンピュータサイエンスの体系的な授業は大いに参考になりましたが、日本の「独学」という回答は魅力的なものでもありました。

    独学で上達したという理由は、自分が必要だと思う知識を次々に学んでいき、自分が作りたいプログラムの完成にこぎ着けようとしていたから、という日本人エンジニアによる振り返りがありました。

    言語も人によって異なるし、得意な処理やアプリの種類も異なっています。ただ共通していたのは、自分で作ったプログラムに自分で不満や問題点を見いだし、それを解決していくという、自分の中でのプロセスが存在していたことでした。
    http://toyokeizai.net/articles/-/185965?page=2

    【【IT】日本人エンジニアが圧倒的に「独学派」なワケ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ノチラ ★ 2017/07/21(金) 22:34:10.23 ID:CAP_USER
    専用ゴーグルを着けると、別の空間にいるかのように感じるVR(仮想現実)の活用が広がっている。ゲームなどの遊びを中心に楽しさや驚きを演出するのに使われることが多かったが、英会話や企業の研修といった実用的な使い方も出てきている。

     英会話教室を運営するイーオンは、VRに対応した英会話学習アプリを開発し、18日からサービス(税込み月額980円)の提供を始めた。ボランティアガイドと外国人観光客の会話という設定で、単語や文法をクイズ形式で学んだ後、会話を学習する。受け答えの内容で相手の反応やストーリーが変わり、VRの没入感もあって飽きずに学べるという。利用者は市販の数千円のVR用ゴーグルを用意し、スマートフォンにアプリをダウンロードして使う。自分の声を録音し、聞き直すことも可能。自宅での会話練習を想定しているという。

     ゲームを使った教育に詳しく、アプリを監修した東京大学大学総合教育研究センターの藤本徹特任講師は、「VRだと脳がよりリアルに感じ、対面の環境に近づける。対面だと限界がある反復練習ができる点もメリット」と分析する。


    AS20170718003944_comm
    http://www.asahi.com/articles/ASK7L4K7RK7LULFA014.html

    【【語学】VR、英会話も企業研修も 「脳がよりリアルに感じる」】の続きを読む

    このページのトップヘ