タグ:悲報

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ノチラ ★ 2017/07/14(金) 15:33:57.60 ID:CAP_USER
    raids-e1497888460901
    人気アプリ「ポケモンGO」がリリースされてから1年が過ぎ、ピークからプレイヤー人口は90%減少したと言われています。しかし、課金額はそれほど落ち込みを見せておらず、コアなプレイヤーによって、ゲームが支えられていることも分かっています。なかでも1人あたりの課金額で突出している国が、日本です。

    1人あたりの課金額では他国を圧倒

    調査会社SensorTowerによると、ポケモンGOはリリースされてから、App StoreとGoogle Play合計で3億2,900万回ダウンロードされ、12億ドル(約1,350億円)の収益を稼ぎ出したとされています。

    このうち、アメリカでは1年間でおよそ4億2,400万ドル(約480億円)、日本では3億1,800万ドル(約360億円)の売り上げがあったとみられています。国別でみると、アメリカが市場規模としてはトップで、日本は2位です。

    しかし、プレイヤー1人あたりの課金額でみると、日本だけが突出していることが分かりました。グラフでは、日本での1人あたりの課金額が26.0ドル(約2,940円)となっており、2位であるアメリカの7.7ドル(約870円)に4倍近くの差をつけていることが確認できます。
    pokemon-go-revenue-per-download-e1500012553707

    ポケモンGOに限らず課金を好む傾向

    SensortTowerは、もともと日本のプレイヤーが課金しやすい傾向にあることを指摘します。

    例えば昨年、ポケモンGOに限らないゲーム一般で、平均ユーザーの消費金額はアメリカで2ドル(約200円)でした。これが日本では14ドル(約1.580円)にまで増大します。

    また、Supercellのクラッシュ・ロワイヤルでも、日本のプレイヤーは23ドル(約2,600円)を課金しており、アメリカの22ドル(約2,500円)をわずかながら上回っています。
    http://iphone-mania.jp/news-175331/

    【ポケモンGOの日本人1人あたり課金額 世界的に突出していることが判明】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@おーぷん 2017/07/14(金)00:17:38 ID:Ffl
    強い毒を持つヒアリへの対策として、国は今週、毒入りのエサを設置することを決めたが、ほかのアリまで死滅し生態系を乱す可能性があるとして、対策の変更を検討していることがわかった。
    環境省や国交省などは11日、ヒアリの水際対策として、わなに加え、毒入りのエサを全国68の港に設置することを決めた。しかしその後、専門家から「ヒアリではない在来種のアリも死滅し逆効果」などとする意見が、環境省に寄せられたという。
    国立環境研究所・五箇公一室長「日本の生態系そのものを弱くしてしまって、かえってヒアリを入りやすくしてしまう」
    このため、環境省は対策の変更を検討していて、わなの設置を中心とし、ヒアリが確認された港でのみ毒入りのエサも併用することを視野に関係省庁と調整しているという。
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170713-00000083-nnn-soci

    【ヒアリに毒エサ設置 逆効果だった模様www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@おーぷん 2017/07/14(金)12:58:15 ID:XRz
    Ne8ccAT
    イケメンの首つり

    WTelNIJ
    イケメンが真っ黒

    OTNkrop
    6eshoKv
    モーション少ないせいで同じ動きをするイケメン

    【【悲報】スクエニの出した乙女ゲーがバグりすぎて修羅の国に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@涙目です。(庭)@無断転載は禁止 [BR] 2017/07/11(火) 18:18:47.96 ID:AchmjITN0● BE:878898748-PLT(16000) ポイント特典
    中国でエレベーターが落下するという事故が起きた。事故の原因は定員オーバーによるもので、13人乗りのエレベーターに18人が無理矢理乗ったところ落下。

    事故が起きたのは中国の湖北省にあるオフィスビルで、事故が起きたのは朝の8時10分頃。
    出社しようと混雑しているときで、成人男性16名と子供2人、計18人が乗り込み定員オーバー。

    エレベーターは定員オーバーの警告音を鳴らしたが、皆がそれを無視して誰も降りなかった。
    ビルの管理人がブザーを聞き、数名降りてくれと伝えたが誰も降りずに結局エレベーターのドアが閉まってしまった。
    定員オーバーの状態でドアが閉まる仕様もどうなのかと思うが……。

    重量オーバーとなったエレベーターは地下1階まで落下してしまった。

    事故後、エレベーターの中は人が人がごった返しており、暑苦しく女性1人が意識を失っていた。
    10分後にエレベーター管理会社の従業員が到着してドアが開いた。レスキュー隊は意識を失った女性をロビーに移して応急処置をした。

    このビルで勤務する男性は「毎日ビル管理人がエレベーター前で、人々を整理して大変そうだ。
    無理して乗ろうとする人が居て、以前にも墜落事故が起きたことがある」とサラっと衝撃の事実をつけ加えた。

    なお、通常エレベーターの「定員○人」や「最大重量○kg」というのは余裕を持って書かれているもの。
    具体的には「重量420kg」の場合は、120%でブザーが鳴り扉が開いた状態となる。
    「定員○人」というのは目安で、重さでしか量っていない。
    もちろん重量に耐えきれず落下するのは論外である。これは日本のエレベーターの話であるが。

    http://gogotsu.com/archives/31184

    【【中国】エレベーターが定員オーバーになるも誰も降りず → 耐えきれず落下事故】の続きを読む

    このページのトップヘ