タグ:家電

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@おーぷん 2017/07/07(金)10:52:23 ID:uig
    ワイ「先輩 ワイらの会社も……」
    先輩「お前が入社する前pc9801現役やったんやぞ……」

    【居酒屋隣の席「北朝鮮ってまだwin95使ってるらしいでwww」ワイ「……」先輩「……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ばーど ★ 2017/07/02(日) 01:24:33.67 ID:CAP_USER9
    夏場の軽装で節電を促す「クールビズ」が始まって10年以上が経った。いつの頃かわが家では、クーラー使用時の設定温度をまずは、28度にするのがほぼ慣例となった。

    クールビズ導入以降、「期間中は28度!」が頭にインプットされたのか、なんとなく28度に合わせるようになったというのが正直なところだ。
    この温度を下げると、家族から、「電気代がかかるでしょ!」とか「冷えすぎるから上げて!」とかクレームを受けることもある。

    これはわが家に限ったことではないようで、親戚(しんせき)や友達に話を聞いても、クーラーを付けるときはやはり、まず28度にするという。28度は体が冷えすぎず、電気使用量も抑えられる“省エネ温度”というイメージがあるらしい

    とはいえ、職場でこの設定温度を実践すると意外に暑い。外出先から戻った時などは不快を感じることも多い。
    蒸し暑さに耐えかねて、ひそかに設定温度を下げに行ったなんてことは一度や二度ではない。だけど、気づくと、誰かがまた28度に上げているなんてことも少なくない。

    どうやらそんな“攻防”は珍しくないようで、今年、「28度は適温か」をめぐって議論が巻き起こった。

    「28度は『暑すぎる』『不快』といった声もあるようだ」と環境省に質問をぶつけてみると「28度については『クーラーの設定温度』との誤解も生んでしまっているが、部屋全体の『室内温度』」との答え。しかもこれは、「あくまで目安」とも念を押された。

    クールビズを呼びかけるに当たって「温度」と「軽装」にフォーカスすることが多くなっていたことで「『28度にしなければいけない』とか『28度までは冷房をかけない』との誤解を生じさせてしまったようだ」(環境省)とも話していた。

    つまり、各オフィスが快適に過ごせる温度で運用にすればいいわけだが「何度が適温なのか」は改めて知りたくなる。

    建築環境学を専門とする早稲田大学の田辺新一教授によると、日本の空調システムの多くは、26度を基準に設計されており、26度を超えると必然的に運用効率が悪くなるそうだ。
    夏場に28度で運用しようとすれば部屋が除湿できないなどの不具合が生じ、職場は生暖かい空気に包まれ、働く人々は「少し動くと暑い」といった状態に置かれかねないとか。

    そういう意味では「26度」は一つの目安となりそうだが、世界ではさらに低い「23度」が一般的になっているという。

    暑さを我慢して働けば、仕事の効率に影響するとの調査結果もある。
    田辺教授によると、1日に80~120人の女性オペレーターが働くある職場では、平均室温が25度から28度へ3度上昇すると、電話の平均応答件数が約6%低下。約30分の残業が必要になった。

    金額に換算すると、25度から28度に上げた場合、省エネにつながってオフィス1平方メートル当たり(電気代が)72円お得になったが、そこで働く人の作業効率は同1万3000円の損失が出たという。

    確かに、暑い中では、仕事の効率は悪くなる。とはいえ、室温をめぐっては、人それぞれ感じ方があるのも事実。
    それぞれのオフィスで改めて意見を出し合うなどして、各職場の“適温”を見つけることが重要といえそうだ。(M)

    zakzak
    http://www.zakzak.co.jp/lif/news/170630/lif1706300017-n1.html
    【【夏】クールビズ「28度」は適温か? 世界では23度が一般的】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ニライカナイφ ★ 2017/06/27(火) 18:42:57.25 ID:CAP_USER
    東芝の冷凍冷蔵庫「VEGETA(べジータ)」が今夏、「ドラゴンボール」のべジータとコラボすることが決定。
    7月3日から「夏の野菜レシピ大募集キャンペーン」と「リツイートキャンペーン」を開始します。

    ややこしいコラボ第2弾がスタート
    miya_170626vegetaxvegeta01


    2016年12月に行われたコラボの第2弾で、前回と同様に野菜を使ったレシピを募集。
    調理した野菜料理のレシピとともに写真をハッシュタグ「#東芝ベジータ夏レシピ」を付けて、TwitterまたはInstagramで投稿した人の中から抽選で30人に「旬の野菜+果物セット」がプレゼントされます。
    応募の際には、キャンペーン公式Twitterアカウント(@toshiba_vegeta)またはInstagramアカウント(@toshiba_vegeta)を事前にフォローする必要があります。

    告知チラシには野菜を持つベジータの姿が
    l_miya_170626vegetaxvegeta03

    またもう一つの「リツイートキャンペーン」では、公式Twitterをフォロー後に指定のツイートをリツイートすることで応募が可能。
    こちらでは毎週7人に「オリジナル ベジータグッズ」が当たります。
    期間はどちらも9月30日までで、詳細などは7月3日に公開される公式キャンペーンサイトにて確認できます。

    当選賞品はキャンペーンによって違います
    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1706/27/news047.html

    【東芝の冷蔵庫「VEGETA」がドラゴンボールの“ベジータ”とのコラボ企画を実施】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ののの ★ 2017/06/20(火) 19:36:41.61 ID:CAP_USER
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ20HDC_Q7A620C1000000/

    日本経済新聞 電子版

     AV(音響・映像)機器で知名度が高かった「aiwa(アイワ)」ブランドが復活することになった。ソニーがもっていたブランド使用権を他社が使い、日本で発売するという。アイワは手の届きやすい価格帯で学生などに人気があったため、当時親しんだ世代を中心にネット上で話題になっている。実は最近、日本の家電・AVブランドの復活が相次ぐ。地域を絞ったり、高額品に特化したりと手法は様々だ。

    ■ブランド復活進めるパナソ…

    【【朗報】ブランド復活続々 アイワ、SANYO、ビクター…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ののの ★ 2017/05/08(月) 22:39:22.47 ID:CAP_USER
    8日の東京株式市場でソニーの時価総額が5兆円台を回復した。終値ベースで5兆円を超えたのは、2008年6月下旬以来となる。
    エレクトロニクス事業の復活を好感する声が多く、18年3月期の連結営業利益は20年ぶりに最高益を更新する可能性もある。

     終値は4%高い3989円となり、時価総額は5兆411億円だった。
    主な電機メーカーの時価総額をみると三菱電機やパナソニックなどが3兆円台にとどまり、ソニーの躍進が際立つ。

     ソニーは欧州の売上高比率が2割と比較的高く、テレビなどを販売している。
    仏大統領選で親欧州連合(EU)のエマニュエル・マクロン元経済産業デジタル相が勝利し、欧州の政治リスクが後退したとの見方から、
    関連銘柄としても買いを集めたようだ。

     今期の連結営業利益予想は前期比7割増の5000億円。達成できれば1998年3月期の5257億円に次いで、過去2番目の水準になる。
    スマートフォンのカメラ用画像センサーなどが好調。「会社計画は保守的で上方修正の可能性もある」(国内証券)という。

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ08HXP_Y7A500C1TI1000/

    【ソニー、時価総額5兆円回復 電機メーカー首位に】の続きを読む

    このページのトップヘ