タグ:家電

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2018/06/10(日) 01:53:39.25 ID:qf4l7mbnH
    hello-from-pcworld-100759852-orig
    laptop-mode-front-facing-100759851-orig
    one-giant-screen-excel-100759857-orig

    【【PC】ノートパソコンは今後こういった形になっていくらしい】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ノチラ ★ 2018/06/08(金) 20:08:03.38 ID:CAP_USER
     サンコーは、バッテリー内蔵で持ち運び可能な冷凍冷蔵庫「バッテリー内蔵30Lひえひえ冷蔵冷凍庫」を6月8日に発売した。価格は49,800円(税込)で、同社のECサイト「サンコーレアモノショップ」で販売される。
    1_lreizou

    バッテリーのほか、ハンドルとキャスターが付いた、手軽に持ち運べる冷凍冷蔵庫。庫内温度は-20℃~20℃まで設定可能で、未使用状態から庫内温度を一気に下げる急冷モード、電力消費を抑えた節電モードを搭載する。

     庫内容量は30Lで、500mlのペットボトルなら約25本、350ml缶なら約40本を収納可能。底面には排水口があり、結露などでたまった水も手軽に除去できる。

     満充電状態で約20時間稼働し、充電所要時間は約4~5時間。ACアダプタとシガーアダプタが付属するため、出先での充電も可能。またバッテリーの電圧が下がると自動的に電源が切れる、低電力保護機能も搭載している。
    2_m

     本体サイズは560×365×360mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は約10.2kg。1時間あたりの消費電力は45W。なお本機の庫内温度は、外気温よりも50℃以上下げることができない仕様となっており、例えば外気温が40℃の場合は、-10℃が最低温度となる。
    https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/1126535.html

    【【家電】サンコー、-20℃まで設定でき、バッテリー内蔵で持ち運べる小型冷蔵庫を発売】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/14(火) 08:42:12.815 ID:gsgJv8V7M
    これ家にある奴は馬鹿だから信用できない

    空気清浄機←科学的根拠が無い
    マイナスイオンドライヤー←科学的根拠が無い
    水素水←科学的根拠が無い
    デスクトップPC←スマホで十分、譲ってもノートまで

    【三大情弱商品 空気清浄機・マイナスイオンドライヤー・水素水 後は...】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: みつを ★ 2017/12/31(日) 10:00:29.34 ID:CAP_USER
      【ニューヨーク=有光裕】米アップルは、主力商品のスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の旧型機種の動作速度を遅くしていた問題で、日本国内でも割引価格で保証期間外の電池交換に応じると発表した。

     電池交換の料金を8800円から3200円に引き下げる。

     アイフォーン「6」以降の機種を持っている人が対象で、2018年12月まで対応する予定だ。「アップルの意図に疑問を抱いた方の信頼を取り戻すための対応」と説明している。

     アップルは今回の問題について、古い機種は動作速度を速くすると、電池の劣化で想定外の機能停止が発生するなどの恐れがあるためだったと説明している。


    【【アップル】iPhone電池交換、日本でも値下げ「信頼回復のため」 8800円→3200円に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ノチラ ★ 2017/12/20(水) 18:09:02.76 ID:CAP_USER
    山善は、1℃単位で温度調節できる「電気ケトル YKG-C800」を1月中旬より順次販売する。直販サイトでの販売価格は8,618円(税込)。
    1_l

    コーヒー、紅茶、緑茶など、それぞれの適温に合わせて1℃単位で温度調節できる電気ケトル。温度調節は、60℃・70℃・80℃・85℃・90℃・95℃の6段階の温度がプリセットされている「温度選択スイッチ」と、60~100℃に1℃単位で温度調節が可能な「温度設定スイッチ」を用意。そのほか、60分間の保温機能、ワンタッチで沸騰させることができる「沸騰スイッチ」も搭載する。

     また、ドリップコーヒーが淹れやすいを細口ノズルを採用。湯量とお湯を注ぐスピードが調整しやすいという。

     本体サイズは285×190×240mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は980g。消費電力は1,000W。容量は約800ml。
    https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/1097939.html

    【【家電】山善、60~100℃に1℃単位で温度調節できる電気ケトルを発売】の続きを読む

    このページのトップヘ