タグ:偉人

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: きゅう ★ 2017/05/03(水) 10:26:54.56 ID:CAP_USER
    世界で最もリッチな人物は誰か──フォーブスが毎年、発表している名物ランキング「世界長者番付」の2017年版が先日公開された。

    上位100人の国籍の内訳を見ると、トップはアメリカ人で36人。次いで中国の7人、インドの4人と続く。日本は2人。2年前に比べ、1人少ない水準だ。また長者番付上位の多くは、起業家、経営者が占める。つまり、上の事実は、日本企業の存在感が世界で薄まっていることを示している。

    なぜ、そうなったのか。日本からビル・ゲイツ(ランキング1位)やジェフ・ベゾス(同2位)が生まれる可能性はないのか。早稲田大学ビジネススクール准教授の入山章栄氏は、2つの経営理論を用いて説明する。

    「国内で勝ってから……」では遅い

    日本企業の存在感が薄まっている理由の一つは明確だと考えています。それは、勝負するマーケットの大きさによるものです。

    日本のGDP(国内総生産)成長率は頭打ちになっている状況。一方、世界を見ると、中国やインド、アメリカなどのマーケットはそもそも人口が多く、しかも経済成長を続けています。さらに言えば、ITなど様々な技術の発達で、国際間をまたいだビジネスが明らかに容易になってきています。

    世界長者番付にランクインしているビリオネアの多くは、グローバルのマーケット前提の勝負をしています。しかし私の印象では、依然として日本の経営者・起業家の多くは「まずは国内で勝つ」ことを前提にしている。今の時代、「国内で勝ってからから海外へ」という考えでは遅すぎて、なかなか世界と闘えないのです。

    カギは「ボーン・グローバル」にあり

    では、どうすれば日本からビル・ゲイツやジェフ・ベゾスのような世界的起業家が生まれるようになるのか。もちろん簡単に説明できることではないのですが、世界の経営学で近年注目されている視点に、「ボーン・グローバル」(born-global)というものがあるので、それを使って私なりの視点を解説しましょう。

    「ボーン・グローバル」とは、創業間もない段階からグローバルで展開することを目指し、事業戦略を設計するスタートアップ企業や起業家のことです。インディアナ大学のパトリシア・マクドゥーガル教授などを中心に、経営学ではここ20年間ほど注目されている分野です。

    例えば、アマゾンやフェイスブックは早々に新興国でのビジネスに打って出るなど、早い段階からグローバル規模で事業を展開してきました。最近ならウーバーやエアビーアンドビーもそうでしょう。こう言った企業は、そもそも前提にしているマーケットがグローバルなので、ビジネスモデルが「はまれば」、会社が一気に成長し、資産総額も増えて行きます。

    現時点でボーン・グローバル企業・起業家が生まれやすいのはアメリカのはずです。米国市場で成功することは、そのままグローバル市場での成功につながりやすいからです。アメリカは英語という世界共通の言語が使われますし、多民族国家ですから世界に広がる人脈を形成しやすい。そして、競争環境が厳しいことで知られています。

    経営学では「レッドクイーン効果」と呼びますが、これは逆に言えば、アメリカで多くのライバルとしのぎを削って勝ち抜けば、それはそのまま世界市場で勝てる競争力につながりやすいのです。
    (※続きはソース元で確認してください)

    ソース元
    Forbes JAPAN
    http://forbesjapan.com/articles/detail/16123

    【日本から「ジェフ・ベゾス」を輩出するために必要な2つのこと】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 平木奈央太【嫌儲から良質なスレッドを直輸入で皆様にお届け致します!】 ◆6H9iQaGy2w8m 転載ダメ©2ch.net 2017/04/07(金) 19:03:25.286 ID:tG/qLoos0
    堀江貴文(Takafumi Horie) @takapon_jp

    ぶっちゃけ掃除は大嫌いだった。あのクソ生産性のない時間を強制されること。
    掃除機でやれば一発だし家庭ではそうしてるのにそれをさせない前例踏襲主義。これを批判することを許さない「道徳的」雰囲気。まだこ...

    【村上由美子】なぜ、海... http://horiemon.com/news/2017/04/06/60495/
    https://twitter.com/takapon_jp/status/849914643183132672
    03

    【ホリエモン「学校の掃除は大嫌いだった。あのクソ生産性のない時間。掃除機でやれば一発なのに。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@おーぷん 2017/01/19(木)17:37:11 ID:Kda
    彡(゚)(゚)「なんか変な光が出とるなあ、うん?」

    彡(゚)(゚)「ふぁ!?ワイの手が透けとる!肉が透けて、骨だけ写っとる」

    彡(^)(^)「これを使えば、切開せんでも骨折の状態がわかるやないか」

    【彡(゚)(゚)「えっ、ワイがノーベル賞!?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@おーぷん 2017/01/05(木)22:08:01 ID:ynJ


    6歳で電話帳完全暗記、世界史44巻完全暗記、
    8歳で微積マスター
    12歳で関数論読破
    17歳で数学論文を書く
    18歳でベルリン大学・チューリッヒ工科大学・ブダペスト大学の3大学同時掛け持ち
    23歳で博士号を3つも取得 (数学 物理 化学) そして研究所の教授になる
    推定IQは300

    ------主な功績------
    量子力学の数学的基礎、フォンノイマン エントロピー
    平均エルゴード定理、フォン・ノイマン宇宙 V、ノイマン=ベルナイス=ゲーデル集合論、
    ゲーム理論、ミニマックス法、ゲーデルとは独立に第二不完全性定理の発見、
    ホモトピー代数学の一般論、公理的集合論における正則性公理(ZF公理系)
    モンテカルロ法、カオス乱数(ロジスティック写像 擬似乱数生成器)
    気象力学への貢献、
    ノイマン型コンピュータの開発、セルオートマトンを手書きで書いて発見、
    アルゴリズム研究への貢献、人口粘性を決定するアルゴリズムの開発(数値流体力学)
    人工知能(AI)開発への助言、フォン・ノイマンの多部門成長モデル
    生産集合と再生産の生産システム概念の導入、ブラウワーの不動点定理を使用し均衡の存在を証明
    経済学へのゲーム理論導入
    >>19389の他にも、
    コペンハーゲン解釈、量子リウヴィル方程式(フォン・ノイマン方程式)
    baker's transformationの命名、フォン・ノイマン正則環、フォン・ノイマンの不等式
    完備カントール代数、局所コンパクトアーベル群上の概周期函数の概念の研究、非有界作用素の発展、
    有限順序数の園 FinOrd
    自己随伴行列に関するスペクトル定理の一般化、フォンノイマン・ベルナイス・ゲーデル集合論 (NBG)、
    2次元ユークリッド平面におけるバナッハ=タルスキーのパラドックスの成立の証明
    量子脳理論(ノイマン・スタップ アプローチ)、自己複製理論(DNA)
    マンハッタン計画への参加、ZND理論の確立、水爆の開発

    【ジョン・フォン・ノイマンを超える天才って存在するの?】の続きを読む

    このページのトップヘ