タグ:企業

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ノチラ ★ 2017/07/20(木) 16:01:40.91 ID:CAP_USER
    Amazon.co.jpは7月13日、日本マクドナルドと共同で「夏の読書はマクドナルドで! Kindle本プレゼントキャンペーン」を実施すると発表した。キャンペーン期間中、全国の店舗で「マクドナルド FREE Wi-Fi」に接続した人に、対象のKindle本を無料でプレゼントする。期間は7月20日から8月31日。

    キャンペーンを利用すると、趣味・実用本、文庫、写真エッセイなどのKindle本が1日1冊無料でもらえる。Kindle本を入手するには、スマートフォンやタブレット、ノートパソコンで「マクドナルド FREE Wi-Fi」に接続して、画面に表示されるキャンペーンサイトにアクセス、Kindle本入手画面からAmazonアカウントにサインインし希望の本を選ぶ。なお、Kindle本を読むにはKindleアプリ(無料)のダウンロードが必要だ。

    Amazonはキャンペーンの目的について、「マクドナルドに来店する幅広いお客様に向けて、様々なジャンルのコンテンツを用意することで、新たな本への出会いの場を提供します」とコメントしている。

    キャンペーンで入手できるKindle本は以下のとおり。

    おもしろい話が読みたい!青い鳥文庫人気の10シリーズ イッキ読み!
    ドクター・ストレンジ 分冊版
    もっとスゴイ! 大人のラジオ体操 Lite版
    くまのがっこう 手作りBOOK リーフレット版
    わくわく昆虫記 憧れの虫たち 分冊版
    9割の人が間違ったスーツを着ている 成功する男のファッションの秘訣60 分冊版
    全作メガヒット! 別フレ×デザート ラブきゅん少女まんがBEST6
    Kiss&BE・LOVE 胸きゅんオトナ少女まんがBEST10
    ファミリーセレクション2017-家族で楽しめる話題作、一挙に集合-
    マガジンスポーツマンガ入門編!
    MIT帰りの名探偵×最速の名探偵×怪異の名探偵 極上ミステリーパック
    http://news.mynavi.jp/news/2017/07/13/125/

    【マクドナルド FREE Wi-Fiに接続すると、Kindle本が1日1冊もらえるキャンペーンが開始される】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ノチラ ★ 2017/07/09(日) 14:57:51.69 ID:CAP_USER
    多くの企業が選考を開始した6月1日からおよそ1カ月。ドキドキの毎日を送る就活生の中には、外国人留学生もいます。新卒一括採用、エントリーシート、服装…何かとルールが多い日本の就活に戸惑う留学生も少なくないようです。そんなYOUたちに、日本の就活でヘンだと思うところを聞いてみると、日本人も共感できるところが…。

    ASEANのYOUたち
     6月のある日、高田馬場の貸会議室でASEAN(東南アジア諸国連合)出身の留学生向けの就活セミナーが行われました。

     就活セミナーを受講した、まさに就職活動中のベトナム出身の学生3人と、就職活動を終えたタイ・ベトナム出身の2人の学生・社会人から、日本の就活で「ヘンだな」と思うところを教えてもらいました。

    自己アピールが盛りすぎでヘン

    自分を企業に売り込むための自己PR。グループ面接で「リーダーシップの経験を教えてください」と聞かれたけれど、リーダーの役割を果たしていた人ばかりではないはず。

    それでも他の日本人は得意げに答えていて「本当にそうなのかな」と疑問に思ったそうです。

    留学生がそう思ったのは、日本の学校の先生の言葉でした。

    素直な気持ちでエントリーシートに記入し、学校のキャリア相談の先生に確認してもらったところ、「あなたはそう思ったかもしれないけど、面接ではマイナスかもしれない」と、もっと内容を変えて強くアピールするようにアドバイスされたといいます。

    「ウソをつくことが前提みたい」と困惑していました。

    どんな会社でも同じ質問でヘン
    専門的な知識を必要とする職業を除いて、さまざまな部門をローテーションする「総合職」の働き方や採用についても意見が。

    「母国では就職したときの部門や仕事内容がわかっている状態で申し込む。だから面接も仕事内容に即した内容が多い」といいます。

    「どんな業種の企業でも、自己PR、学生時代頑張ったこと…全く同じ質問ばかり聞かれる」と不思議に感じたそうです。

    短所まで聞かれるのがヘン

    日本の企業では新卒採用には現在の能力だけではなく、成長の可能性があるかを見られるといいます。その中でいかに自分の短所を知り、どう向き合い改善しているか、という姿勢も問われる場合があります。

    これに対しては、「仕事には関係ないのに、どうしてそんなことまで毎回聞かれるのかわからない」と話します。

    更には「本当に自分が短所だと思っているところを素直には話したら落ちそう」と正直な気持ちも明かしました。

    エントリーシートが手書きでヘン

    履歴書のほかに、日本では企業が用意した質問に答えるエントリーシートを提出することが多いです。一方でタイやベトナムでは学歴や職歴を記入する履歴書のみ。

    またエントリーシートは電子データではなく、手書きを求められることも驚いたそうです。

    学校のキャリアサポートの先生から「手書きの方が印象がいい」と言われて挑戦したが、日本語で書くには一苦労。

    少しでも間違えると全部書き直しで、「とても疲れるので電子データにしてほしい」といいます。

    スーツや髪形がみんな同じでヘン

    日本では近年黒い無地のスーツを着用する就活生がほとんどです。また髪形も黒髪で、男性は短く、髪の長い女性はポニーテールがスタンダードになっています。

    一方でタイやベトナムでは特に服装は決まっていないそう。

    最初見たとき、「みんな同じ格好でロボットみたい」と思ったそうです。
    以下ソース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170705-00000002-withnews-bus_all&p=1

    【「ここがヘンだよ日本の就活」 盛りまくり自己PR、ES手書き主義…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@おーぷん 2017/07/14(金)12:58:15 ID:XRz
    Ne8ccAT
    イケメンの首つり

    WTelNIJ
    イケメンが真っ黒

    OTNkrop
    6eshoKv
    モーション少ないせいで同じ動きをするイケメン

    【【悲報】スクエニの出した乙女ゲーがバグりすぎて修羅の国に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2017/07/10(月) 22:01:58.19 ID:S7PN5xCW0
    社長「土日に社員旅行年二回するンゴ!
    積極的に飲み会開くンゴ!
    ゴルフ大会開催するンゴ!
    一緒に釣りするンゴ!
    費用は給料から天引きするンゴ!」

    社員「社長!ありがとうございます!!!」
    社長「ニッコリ」


    社長「また社員辞めてるやんけ!!」

    【社長「社員の流出が止まらん… 会社への帰属意識上げたろ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ノチラ ★ 2017/07/10(月) 16:03:52.57 ID:CAP_USER
    大韓民国の産業史で最も重要な選択に数えられる決断がある。サムスン創業者、故イ・ビョンチョル会長の「東京宣言」だ。1983年2月、東京に滞在していたイ会長がソウルに電話をかけた。

    「本日を期にサムスンは半導体に投資することを決めた」

    経営学の教科書にも登場する韓国半導体神話の出発点だ。米日のライバル企業はダンピングでサムスンを締め付ける作戦に出た。しかし、厳しい「チキンゲーム」で勝ち残ったのはサムスン電子だった。ライバル数十社を全て打ち破り、最後の勝者になった。

    サムスンが得意とするのは速度戦だ。64キロビットのDRAM生産ラインは「東京宣言」からわずか10カ月で完成した。その10カ月後には256キロビットのDRAMラインをつくり、ライバル企業を驚かせた。単にスピードという言葉では足りず、「超スピード経営」と呼んだ。リスクを恐れに思い切った賭けでもライバルを圧倒した。80年代半ばの半導体不況時にサムスンがライン増設に乗り出すと、米国はそれをまるで「真珠湾攻撃」だと書いた。無謀だという意味だ。しかし、サムスンの真珠湾攻撃は大成功を収めた。

    サムスン電子の第2四半期(4-6月)の営業利益が製造業で世界トップを記録した。半導体好景気を追い風に14兆ウォンの営業利益を上げ、初めてアップルを超えた。IT界の「ビッグ4」と呼ばれるフェイスブック、アマゾン、ネットフリックス、グーグルの合計よりも多い額だ。韓国にも品目別の世界トップはたくさんある。70年代には韓国産のかつらがそうであったし、2000年代に入ると造船業が頂点に立った。しかし、サムスン電子は製造業全業種を通じて世界トップという点で次元が異なる。「製造業の王の中の王」になった形だ。

    半導体生産ラインは地球上で最も高価な工場だ。ライン1本に数兆ウォンがかかる。それゆえに「ドルを燃やして半導体を作る」とまで言われた。月給制の経営陣では容易に投資の決断を下せない。サムスンの半導体神話はオーナー体制だからこそ可能だったとも言われる。現在の好況は数年前に李健熙(イ・ゴンヒ)会長が工場を増設しておいたおかげだ。金融危機のさなかにも華城工場に約26兆ウォンを投資した。当時の投資が現在の半導体のスーパーサイクルに的中した。

    サムスン電子はこのほど、超大型投資計画を発表した。半導体・ディスプレーに37兆ウォンを投資する内容だ。2位との差を広げ、格差を保とうという戦略だ。今回の投資の最終決定者は李在鎔(イ・ジェヨン)副会長だった。投資計画の発表日にも李在鎔副会長は法廷にいた。贈収賄事件をめぐる裁判だ。世界トップの企業の名誉にはそぐわない容疑だ。彼の獄中における決定が韓国半導体産業の運命を左右する状況となった。
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/07/10/2017071000396.html

    【「製造業世界一」サムスン電子 経営学の教科書にも登場する伝説の出発点とは】の続きを読む

    このページのトップヘ