タグ:企業

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ノチラ ★ 2017/07/22(土) 07:31:19.49 ID:CAP_USER
    フォルクスワーゲンやダイムラーなどドイツの大手自動車メーカー5社が、長年にわたって製造コストを抑えるために不正なカルテルを結んでいた疑いがあり、ディーゼル車の排ガスの不正な操作もカルテルがきっかけになった可能性があるとドイツの有力メディアが伝えました。
    ドイツの有力誌シュピーゲルは21日、フォルクスワーゲンやダイムラー、BMWなど大手自動車メーカー5社が1990年代から下請け企業の選択や部品の購入価格などについて、多くの作業部会を設けて話し合うことでコストを抑制してきたと伝えました。

    シュピーゲルは、こうした内容はフォルクスワーゲンが独占禁止当局に提出した文書に記載されていたとして、戦後ドイツの最大級のカルテル事件に発展する可能性があるとしています。

    このうちディーゼル車の排ガス処理技術の作業部会では、排ガスに含まれる有害物質を浄化するための尿素水のタンクの大きさを協議し、コストを抑えるために小型のタンクを採用することにしたとしています。このため、尿素水を節約するために排ガス試験のときだけ浄化機能をフル稼働させて基準を満たす一方、路上での走行時には機能を低下させる方法が生み出された可能性があるということです。

    報道についてフォルクスワーゲンはNHKの取材に対し「臆測の記事にはコメントしない」と話しています。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170722/k10011068921000.html

    【ドイツの大手自動車5社 不正カルテルか 独メディア報道】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ノチラ ★ 2017/07/22(土) 17:20:31.54 ID:CAP_USER
    Google Financeのデータによれば、今日(米国時間7/20)、テクノロジー企業のトップ5の時価総額の合計が3兆ドル〔336兆円〕を超えた。市場のテクノロジー・ブームは新たな段階に入ったと言えそうだ。

    2000年のドットコム・バブルを象徴したのがNasdaq指数が5000を記録したことだった。New York Timesによれば、テクノロジー企業のビッグ5の時価総額が今や3兆ドルに達したことは、この分野が湧きたち、あらゆる面で新記録が生まれていることの表れだという。

    現在の株式市場はテクノロジー市場といってもいい。まずはいくつかの数字を確認し、ここまで来た経緯を振り返ってみよう。

    3兆ドルを超えて上昇中

    Google Financeの数値をベースにCrunchBase Newsが作成したスプレッドシートによれば、ビッグ5(Apple、Alphabet、Amazon、Facebook、Microsoft)の時価総額合計は3.03兆ドルとなった。Yahoo Financeのデータでは3.002兆ドルだった。

    なおWolfram Alpha(これについては後述)では2.978兆ドルという結果を出した。多少の誤差はあるものの全体として3兆ドルかそれ以上という点に間違いないようだ。

    この額に達するまでにビッグ5はかなり波乱に満ちた経過をたどってきた。直近52週の最安値と比較すると、現在の株価の上昇率は以下のとおりだ。

    Apple: 56.63%
    Amazon: 44.61%
    Facebook: 44.55%
    Microsoft: 39.54%
    Alphabet: 33.45%
    52週の最高値と比較するとAppleは3.59%安、.Alphabetは0.24 %安となっているが、全体としてテクノロジー企業の株価が新たな水域に入ったことは間違いない。

    http://jp.techcrunch.com/2017/07/21/20170719techs-5-biggest-players-now-worth-3-trillion/

    【IT企業トップ5(Apple、Alphabet、Amazon、Facebook、Microsoft)の時価総額合計が3兆ドルを突破】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ノチラ ★ 2017/07/21(金) 17:24:09.91 ID:CAP_USER
     米起業家のイーロン・マスク氏が7月20日(現地時間)、「ニューヨークとワシントンD.C.を29分で移動できる地下のHyperloopをThe Boring Companyが建設する許可を政府から口頭でもらった」とツイートした。

    Just received verbal govt approval for The Boring Company to build an underground NY-Phil-Balt-DC Hyperloop. NY-DC in 29 mins.

    具体的にどのような政府機関からの許可なのかなど、詳細は不明だが、このツイートの後「まだいろいろ手続きが必要だが、私はすぐに着工できると思っている」とツイートした。

     ニューヨークとワシントンD.C.間は米Amtrakの列車では約2時間半掛かるので、約5分の1に短縮できることになる。

     Hyperloopとは、マスク氏が構想する超高速旅客車。これまで主に米新興企業のHyperloop Oneが推進してきた。

     マスク氏のニューヨークとワシントンD.C.を結ぶHyperloopにHyperloop Oneが参加するかどうかも不明。ツイートにあるThe Boring Companyというのは、マスク氏が立ち上げたトンネル企業。6月末にロサンゼルスでトンネル掘削を開始した。

    ニューヨークとワシントンD.C.を結ぶトンネルは、このロサンゼルスのトンネルと並行して掘削するとしている。

     このHyperloopは途中に10程度の“駅”を設け、駅からはエレベーターで地上に上がるようにするという。
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1707/21/news069.html

    【イーロン・マスク氏、超高速旅客車「Hyperloop」に政府の認可が出たと報告 ニューヨーク⇔ワシントン間の移動時間が5分の1に!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ノチラ ★ 2017/07/20(木) 16:01:40.91 ID:CAP_USER
    Amazon.co.jpは7月13日、日本マクドナルドと共同で「夏の読書はマクドナルドで! Kindle本プレゼントキャンペーン」を実施すると発表した。キャンペーン期間中、全国の店舗で「マクドナルド FREE Wi-Fi」に接続した人に、対象のKindle本を無料でプレゼントする。期間は7月20日から8月31日。

    キャンペーンを利用すると、趣味・実用本、文庫、写真エッセイなどのKindle本が1日1冊無料でもらえる。Kindle本を入手するには、スマートフォンやタブレット、ノートパソコンで「マクドナルド FREE Wi-Fi」に接続して、画面に表示されるキャンペーンサイトにアクセス、Kindle本入手画面からAmazonアカウントにサインインし希望の本を選ぶ。なお、Kindle本を読むにはKindleアプリ(無料)のダウンロードが必要だ。

    Amazonはキャンペーンの目的について、「マクドナルドに来店する幅広いお客様に向けて、様々なジャンルのコンテンツを用意することで、新たな本への出会いの場を提供します」とコメントしている。

    キャンペーンで入手できるKindle本は以下のとおり。

    おもしろい話が読みたい!青い鳥文庫人気の10シリーズ イッキ読み!
    ドクター・ストレンジ 分冊版
    もっとスゴイ! 大人のラジオ体操 Lite版
    くまのがっこう 手作りBOOK リーフレット版
    わくわく昆虫記 憧れの虫たち 分冊版
    9割の人が間違ったスーツを着ている 成功する男のファッションの秘訣60 分冊版
    全作メガヒット! 別フレ×デザート ラブきゅん少女まんがBEST6
    Kiss&BE・LOVE 胸きゅんオトナ少女まんがBEST10
    ファミリーセレクション2017-家族で楽しめる話題作、一挙に集合-
    マガジンスポーツマンガ入門編!
    MIT帰りの名探偵×最速の名探偵×怪異の名探偵 極上ミステリーパック
    http://news.mynavi.jp/news/2017/07/13/125/

    【マクドナルド FREE Wi-Fiに接続すると、Kindle本が1日1冊もらえるキャンペーンが開始される】の続きを読む

    このページのトップヘ