タグ:中国

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@涙目です。(家) [ニダ] 2019/05/21(火) 01:07:24.01 ID:9V97ErL60● BE:151915507-2BP(2000)
    Huawei’s Own Smartphone Operating System Reportedly Named HongMeng OS, According to Foreign Sources

    In an aggressive move and with the snap of its fingers,
    the U.S. blacklist order forced Google to cease its business partnership with Huawei.
    This effectively means that no smartphones or tablets launched by Huawei will have access
    to Google’s Play Store and its long list of official applications.
    Huawei’s handsets will still be supported by the Android Open Source Project (AOSP),
    but it will hardly be enough to convince customers to continue using devices without an existing app repository.

    Huawei claims that they were anticipating that such a move would be made,
    and they’ve taken the necessary steps to make sure that the effects of this blow are mitigated as much as possible.
    One of those steps would be to develop its own smartphone operating system, which reportedly has a name now.

    HongMeng OS From Huawei Is Reportedly in the Trial Phase and Rumored to Gradually Replace Android
    According to a tweet from Global Times, with the rumor originating from three Chinese media reports,
    HongMeng OS could be the name given to Huawei’s mobile operating system.
    During Huawei’s initial statement shortly after the Android ban,
    the company attempted to put on its ‘brave face’,
    and stated that it will continue to ‘build a safe and sustainable software ecosystem’.
    The term ‘sustainable’ could possibly mean that in the event the Android ban is not reversed,
    Huawei will proceed to launching its own OS catered for mobile phones.

    https://wccftech.com/huawei-hongmeng-os-for-smartphones/
    Huawei-HongMeng-OS

    【ファーウェイから非Androidの完全オリジナルOSキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ガーディス ★ 2019/05/21(火) 01:56:02.65 ID:s8Ebh+WW9
    グーグル含む米テック大手、ファーウェイへの部品・ソフト供給停止

     半導体メーカー各社やグーグルなど米大手企業は、中国最大のテクノロジー企業、華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)への重要なソフトウエアや部品の供給を凍結している。
    ファーウェイへの製品供給を事実上禁止するトランプ政権の措置を順守する。

     インテル、クアルコム、ザイリンクス、ブロードコムなど半導体メーカーは、追って通知があるまでファーウェイに供給しない方針を従業員に伝えた。これら企業の行動に詳しい複数の関係者が明らかにした。
    アルファベット傘下グーグルは、ファーウェイへのハードウエアと一部ソフトウエアに関連するサービスの提供を停止したと、別の関係者1人が情報の部外秘を理由に匿名を条件に語った。

    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-05-20/PRS8UU6JTSE801

    【【ファーウェイ完全終了か】Googleに続け! インテルやクアルコムなど半導体大手各社もファーウェイへの部品供給停止へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/03/22(金) 22:33:20.455 ID:hUL+tJJI0
    張飛が止めなくととも趙雲が

    もし趙雲が止めなかったらどうしてたんだよwwww

    【孔明「関羽の首を跳ねいと言った時、たとえ劉備が止めなくとも張飛が止めたと思った」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 風吹けば名無し 2019/03/17(日) 16:47:50.21 ID:AGCIChgP0
    横浜中華街 三国演義
    bQesnM6

    【【悲報】曹操コース¥12,000 劉備コース10,000 孫権コース¥1,580】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 風吹けば名無し 2019/03/02(土) 14:14:59.17 ID:HymztXcuM
    外観はほぼ完成
    yQMlUtr
    FOigo86
    uVPXDhu
    HvayG2G
    YgwtIe4


    北京中心部から約50km離れていることもあって同時に世界最速高速無人鉄道や北京地下鉄の延伸も進んでいる。
    10i64e2



    中国の首都、北京でことし9月に開業が予定されている、世界有数の規模となる新たな国際空港が1日、報道陣に公開されました。

    「北京大興国際空港」と名付けられた新たな国際空港は、北京中心部から南に50キロ近く離れた場所に、ことし9月末の開業を目指して建設が進められていて、1日は報道陣に建設中のターミナルビルなどが公開されました。

    新たな国際空港には4本の滑走路が建設され、2025年には年間7200万人の利用者を見込んでいるほか、将来的には滑走路を6本に増やし、年間1億人を超える利用者に対応する計画です。

    北京にはすでに「北京首都国際空港」がありますが、去年1年間の利用者が初めて1億人を超え、中国政府には、新空港の建設で利用者の増加に対応するねらいがあります。

    また、新空港は北京と隣接する河北省にまたがって建設され、天津にも約80キロの距離で、中国政府は北京とこれらの地域を首都圏として一体的に開発する国家戦略を進める中、新空港を交通の要と位置づけています。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190302/k10011833701000.html

    【中国さん、北京にとんでもない巨大空港建設中 年間利用者1億人規模】の続きを読む

    このページのトップヘ