タグ:中国

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/05/27(月) 19:21:21.95 ID:CAP_USER
    シャープの戴正呉会長兼社長が27日、日本経済新聞などの取材に応じ、米国の中国に対する制裁関税「第4弾」の対象となるノートパソコンについて、中国から東南アジアへ生産移管する考えを明らかにした。戴氏は「ASEAN(東南アジア諸国連合)にも安く生産できる拠点はたくさんある」と語り、複合機やデジタルサイネージ向けなどの大型ディスプレーも移管を検討する。

    96958A9F

    シャープの戴正呉会長兼社長はノートパソコンなどについても中国からの生産移転を検討することを表明した

    米国の対中関税第4弾は最大25%の関税を課す内容で6月末以降に発動される見通しだ。シャープ子会社のダイナブック(東京・江東)が手がけるノートパソコンは杭州市の自社工場を中心に中国で全量を生産しているが、第4弾が発動されれば、台湾やベトナムなどにあるシャープや親会社の鴻海精密工業グループの拠点への移管を検討する。「全体の1割程度が米国向け」(戴氏)という。

    第4弾が発動されれば、複合機は江蘇省の自社工場で高速印刷できる上・中位機種を生産しているが米国向けについてはタイ工場に移す方針だ。同様に広告向けなどの大型ディスプレーも今は鴻海の中国工場で生産しているが、同社のメキシコ工場に移管する方針だ。

    一方、戴氏はシャープの部品を除く最終製品の売り上げの中で「中国で生産する米国向けは3.8%しかない」と語り、影響は軽微であることを強調した。該当する製品の生産移管を迅速に進め、競合に対してコストメリットを発揮してシェア拡大につなげる。

    また米国による事実上の中国・華為技術(ファーウェイ)への部品供給禁止規制について、シャープは現在、規制の対象になるかの調査を進めている。日本国内でもファーウェイ製スマートフォン(スマホ)の発売延期などの動きが生じているが、戴氏はこうした動きを「チャンスにもなる」と述べた。競合する携帯電話や携帯用ルーターなどでシェア拡大を目指す。

    また戴氏は同日、自身の進退についても言及した。今年6月に鴻海精密工業の董事に復帰予定。「(董事の任期が続くため)2021年度まではシャープの会長職を継続する」と語った。社長職については「適当な人物がいたら引き継ぎたい」とし、20年度以降の交代を示唆した。後任は「できれば日本人から選びたい」とし、今後も幅広く社内外から候補者を募る。

    また後継者育成の取り組みも強化する。戴氏と、野村勝明・石田佳久両副社長の3人が務めている共同CEO(最高経営責任者)については、今年7月から権限を拡大する方針だ。これまでは2千万円以下だった決裁権限を1億円以下まで引き上げる。他の共同CEOの担当分野についても戴氏自身は「業績が達成できれば、関与しない」という。より重要な経営判断を共同CEOに任せることで、後継者としての適正を見極める。

    2019/5/27
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45309790X20C19A5000000/

    【【脱中国】シャープ、米国向けノートパソコンも中国から生産移管へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [CN] 2019/05/26(日) 13:06:27.93 ID:KXbJkMkA0● BE:448218991-PLT(14145)
    香港時事】中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)製スマートフォンの販売停止の動きが広がり、同社は窮地に立たされている。米国の制裁措置を受け、日本のKDDI(au)やソフトバンクなど各国の通信会社や販売店でファーウェイ製品の売り控えが始まっている。

     英携帯通信大手ボーダフォンは22日、ファーウェイ製の次世代通信規格「5G」対応スマホの予約受け付けを停止。ボーダフォンは「一時的な措置」としているが、再開時期は明らかにしていない。台湾の複数の携帯会社も、新機種の販売停止を発表した。

     ロイター通信によると、フィリピンやシンガポールでも、小売店が続々とファーウェイ製品から距離を
    置き始めている。
    新製品の仕入れを取りやめるほか、在庫を定価の半額で売り払ったり、ネットを通じて
    海外顧客に払い下げたりしているという。

     2018年のファーウェイの売上高のうち、スマホを含む一般消費者向け事業は全体の約5割を占める。
    19年にはサムスン電子を抜き、スマホ世界シェアトップを目指していると伝えられる。

     基本ソフト(OS)「アンドロイド」を提供する米グーグルがファーウェイとの取引を一部停止したと報じられる中、消費者のファーウェイ離れは必至。同社は今秋にも独自OS搭載のスマホを発表するとしているが、利用者の多い「Gメール」や「ユーチューブ」が使えない製品が市場で受け入れられるかは不透明だ。また、英半導体設計大手アームが取引停止の列に加わったことで、製品の新規設計に支障が出る恐れもある。

     半面、ファーウェイの主戦場である中国では依然、同社製品が高いシェアを誇る。さらに、中国では
    政府によるネット規制で、以前からグーグル系のサービスは使えない。人口14億人の市場が残る限り
    致命的な状態には陥らないとの見方も
    ある。


    【ファーウェイ 全世界が敵になっても14億人の人民がいる限り大丈夫!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2019/05/23(木) 23:39:30.02 ID:iACJRdeA9
    Amazon.co.jpで、ファーウェイのスマートフォンやタブレットなどの販売が事実上停止された。

    Amazonには、ファーウェイ商品のみを扱う特別なストアページがあり、Amazonが商品の販売を直接行っていた。
    そのページ自体はまだ存在しているが、そこからスマートフォン「P30」やスマートウォッチ「HUAWEI WATCH GT」、
    タブレットやノートPCなどの詳細ページへ行くと、ほぼ全てが「現在在庫切れです。この商品の再入荷予定は立っておりません」
    と書かれ、購入できない。ただし、一部旧製品には、外部業者が販売しているものもある。

    さらに、P30 liteなど一部製品の詳細ページには、「本製品はOS(オペレーションシステム)等についての重大な懸念が発生しています。
    本製品に関するお問い合わせはメーカーコールセンターまでお問い合わせ下さい」という文言が、Amazonによって表記されている。

    なお、ヨドバシ.comやビックカメラ.comなどでは、従来どおりファーウェイ製品の販売を継続している。

    【【Huawei】ファーウェイのスマホなど全製品、Amazonで販売中止】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@涙目です。(家) [ニダ] 2019/05/21(火) 01:07:24.01 ID:9V97ErL60● BE:151915507-2BP(2000)
    Huawei’s Own Smartphone Operating System Reportedly Named HongMeng OS, According to Foreign Sources

    In an aggressive move and with the snap of its fingers,
    the U.S. blacklist order forced Google to cease its business partnership with Huawei.
    This effectively means that no smartphones or tablets launched by Huawei will have access
    to Google’s Play Store and its long list of official applications.
    Huawei’s handsets will still be supported by the Android Open Source Project (AOSP),
    but it will hardly be enough to convince customers to continue using devices without an existing app repository.

    Huawei claims that they were anticipating that such a move would be made,
    and they’ve taken the necessary steps to make sure that the effects of this blow are mitigated as much as possible.
    One of those steps would be to develop its own smartphone operating system, which reportedly has a name now.

    HongMeng OS From Huawei Is Reportedly in the Trial Phase and Rumored to Gradually Replace Android
    According to a tweet from Global Times, with the rumor originating from three Chinese media reports,
    HongMeng OS could be the name given to Huawei’s mobile operating system.
    During Huawei’s initial statement shortly after the Android ban,
    the company attempted to put on its ‘brave face’,
    and stated that it will continue to ‘build a safe and sustainable software ecosystem’.
    The term ‘sustainable’ could possibly mean that in the event the Android ban is not reversed,
    Huawei will proceed to launching its own OS catered for mobile phones.

    https://wccftech.com/huawei-hongmeng-os-for-smartphones/
    Huawei-HongMeng-OS

    【ファーウェイから非Androidの完全オリジナルOSキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ガーディス ★ 2019/05/21(火) 01:56:02.65 ID:s8Ebh+WW9
    グーグル含む米テック大手、ファーウェイへの部品・ソフト供給停止

     半導体メーカー各社やグーグルなど米大手企業は、中国最大のテクノロジー企業、華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)への重要なソフトウエアや部品の供給を凍結している。
    ファーウェイへの製品供給を事実上禁止するトランプ政権の措置を順守する。

     インテル、クアルコム、ザイリンクス、ブロードコムなど半導体メーカーは、追って通知があるまでファーウェイに供給しない方針を従業員に伝えた。これら企業の行動に詳しい複数の関係者が明らかにした。
    アルファベット傘下グーグルは、ファーウェイへのハードウエアと一部ソフトウエアに関連するサービスの提供を停止したと、別の関係者1人が情報の部外秘を理由に匿名を条件に語った。

    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-05-20/PRS8UU6JTSE801

    【【ファーウェイ完全終了か】Googleに続け! インテルやクアルコムなど半導体大手各社もファーウェイへの部品供給停止へ】の続きを読む

    このページのトップヘ