タグ:マスコミ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    2: 名無しさん@涙目です。(東京都)@無断転載は禁止 [HU] 2017/06/12(月) 08:10:27.60 ID:aewHZCbR0
    今日の中日新聞。呆れを通して力なく笑うしかない。

    先軍女子を世に広め、北に親近感を持たせよふと誘導するプロパ新聞の督記者さん


    【【画像】中日新聞の紙面がひどいと話題に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@涙目です。(愛媛県)@無断転載は禁止 [EU] 2017/06/11(日) 11:45:12.27 ID:UWSlHGN90 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
    S8Z6fVuEH9ffLC
    wtgK2tqooOrXsL
    FCTULuelT48XRa

    P7PujkC
    rJgUqbH


    関連
    自民党に異変 “シルバー政党”化が進む民進党を尻目に若者の支持を獲得
    http://www.sankei.com/premium/news/161228/prm1612280017-n1.html

    【TBSサンモニ、安倍総理を支持する若者に激怒 「若者は自分の利益ばかり」「広い視野を持て!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@涙目です。(catv?)@無断転載は禁止 [US] 2017/06/06(火) 09:46:01.61 ID:+QQASzAf0 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
     現行のハイビジョン放送の4倍の精細さ、豊かな色彩。「4K」と呼ばれるテレビの映像方式だ。
    さらに現行の16倍となる「8K」のテレビも順次登場する。家電量販店でも「4Kテレビ」が売られており、すでに購入済みという人も多くいるだろう。
    NHKや民放各局は2018年12月からBSで4Kの実用放送を始める。
    その実用放送、いまの4Kテレビでは見られないことはどれだけ知られているだろうか。

     4Kの実用放送を見る…

    このままでは見られない「4K放送」
    http://www.nikkei.com/article/DGXMZO17237300S7A600C1000000/

    【【悲報】4Kテレビを買っても「4K放送」が見られないことが判明wwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 動物園φ ★@無断転載は禁止 2017/05/18(木) 12:07:08.77 ID:CAP_USER
    【社説】
    「共謀罪」 危険な法制度はやめよ

     「共謀罪」の審議がヤマ場を迎えつつある。国際組織犯罪防止条約の締結のためなら現行法のままで十分だ。テロ防止を掲げる法案の狙いが反政府の活動などの監視なら、あまりに危険だ。

     国連の条約はマフィア対策のために各国が手を結ぼうという趣旨である。マネーロンダリング(資金洗浄)や人身売買、麻薬取引など金銭目的の犯罪を主眼としている。テロ対策ではない。

     過去三回にわたって政府が共謀罪法案を国会提出したときもテロ対策としなかったのは、そうした理由からだ。しかも、国連の立法ガイドは「自国の国内法の基本原則に従って必要な措置をとる」ことを認めていると読める。日弁連もそう解している。

     日本の基本原則とは、既遂の処罰である。話し合っただけで処罰される共謀罪などは、日本の刑事法の原則とは全く相いれない。とはいえ、日本でも重大犯罪については、未遂や予備、陰謀などの段階で処罰できる。もちろん、マフィア、暴力団対策の法整備が整っていることはいうまでもない。

     だから、現行法のレベルで十分、国連の条約を締結できるはずである。何が何でも「共謀罪」と推し進める政府の姿勢に疑問を感じざるを得ない。

     もっと不思議なのは、本来はマフィア対策の法律なのに現政権が「テロ対策」と冠を付けたことだ。東京五輪・パラリンピックと結びつけ、国民の理解を得ようとする狙いが透けてみえる。

     だが、テロ対策法がテロを防ぐ万能薬でないのは米国やフランスなど各国をみればわかる。それに日本はテロ防止に関する十三もの国際条約を締結し、ほぼ完璧な状態とされる。とくに二〇一四年に改正されたテロ資金提供処罰法によって資金や土地など利益の提供が包括的に処罰の対象になった。

     つまり現在、日本ではほとんどのテロ目的の行為は処罰できるのである。今回の法案は共謀、計画段階と準備行為の段階で処罰できるようになる。だが、話し合いという共謀や現金自動預払機(ATM)でお金を下ろすなどの準備行為の現場をどのように捜査当局はつかむのだろうか。つまるところ、広く監視するしかなかろう。

     対象は本当にテロリストなのか。政府は国会で「一般国民は対象にならない」と繰り返した。では反政府の活動をする団体の人々はどうなのか。何らかの法に反していたら。そうした人々を監視する道具にならないか心配する。

    http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2017051202000143.html

    【【共謀罪】東京新聞「違法な反政府活動をする人々が対象になる可能性はないか 心配だ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2017/05/19(金) 14:18:53.93 ID:F/azLMa/0
    長島昭久‏ 
    @nagashima21
     
    一昨日暴露された加計学園をめぐる文科省の内部文書の真贋については予断をもって語ることはできませんが、
    昨日たまたま話した朝日新聞のある幹部の表情には、社運を賭けて安倍政権に対し総力戦を挑むような鬼気迫るものがありました。
    45

    【【悲報】朝日新聞さん、社運を賭けて安倍政権に総力戦を挑む】の続きを読む

    このページのトップヘ