1: ◆qQDmM1OH5Q46 2017/02/16(木)14:07:14 ID:???
衝撃の結果、欧州10カ国で移民に「ノー」
移民の受け入れを「停止すべき」はポーランドで71%
蛯谷 敏

 調査結果は、英王立国際問題研究所、通称「チャタムハウス」が2月7日に発表した「What Do Europeans Think About Muslim Immigration?(記事はこちら)と題したリポートだ。
その名の通り、欧州10カ国の国民約1万人に、イスラム圏から欧州に流入する移民についての考えを聞いている。

 調査項目はただ一つ。「イスラム圏からの、これ以上の移民流入を停止するべきか」というものだ。これに対し、10カ国平均で実に55%が「停止すべき」と答えた。
54

「衝撃の結果だった」

 今回の調査で対象としたのは、英国、フランス、ドイツ、ベルギー、ギリシャ、スペイン、イタリア、オーストリア、ハンガリー、ポーランドの10カ国。その中で「停止すべき」と回答した割合が最も高かったのが、ポーランドの71%で、オーストリアの65%、ハンガリーの64%が続いた。

 一方、「停止すべきでない」との回答の割合が最も多かったのはスペインの32%。英国とイタリアが23%で続いた。ただし、10カ国すべてで、「停止すべき」が「停止すべきでない」を上回った。

(略)

高齢者、低学歴、地方在住が入国制限に賛成

 リポートでは、回答者の属性も分析している。そこから浮かび上がる、移民に反対する人々の人物像は、「高齢者」「低学歴者」「地方在住」に大別できる。
am)

続き 日経ビジネス 全3ページ
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/110879/021500575/

【【衝撃】欧州10カ国で移民に「ノー」 ポーランドでは7割超が「受け入れを停止すべき」】の続きを読む