タグ:トヨタ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: まはる ★ 2017/04/20(木) 23:38:10.28 ID:CAP_USER
    トヨタ自動車(7203.T)はこれまでの開発戦略を180度転換し、電気自動車(EV)開発に本腰を入れざるを得なくなっている。業界内で次世代自動車の主力はEVとの見方が強まる一方であることに加え、中国の政策に背中を押された形だ。

    ごく最近までトヨタは、電気のみで走行する100%EVに背を向け、次世代車として水素式の燃料電池車(FCV)開発を積極的に進めていた。2013年、ガソリンと電気のハイブリッド車「プリウス」の生みの親の内山田竹志会長は、水素電池車は従来の燃焼エンジンに対する「実際的な代替役」だと語り、EVが使われるとしても近距離用に限定されるとの見通しを示した。

    同社はモーター搭載式のハイブリッド車とプラグインハイブリッド車(PHV)が水素電池車への橋渡し的存在になると予想。14年にはついに初の水素電池車「MIRAI」の販売を開始した。

    ところが昨年末、長距離走行可能な100%EVの開発を始めると表明し、豊田章男社長直々に指揮を執る新部門を立ち上げた。業界専門家によると、2020年ごろには販売にこぎ着けるはずだという。

    あるトヨタ役員はこうした方針変更について「苦渋に満ち、胸が痛む」と表現している。

    トヨタに姿勢を変えさせた大きな要因は、世界最大の市場である中国にある。同国政府はクリーンエネルギー自動車の普及促進に向けた厳しい燃費基準導入を計画しつつあり、世界の大手メーカーは試練にさらされている。

    昨年9月に公表された当局の提案では、各メーカーに販売台数の8%を来年までにEVないしPHVとするよう義務付けた。この比率は2019年に10%、20年には12%まで高められる。

    業界側の働きかけでクリーンエネルギー自動車に関する販売義務の比率やペースは多少修正されるかもしれないが、トヨタを始め各メーカーは中国が20年までにEVを本格的に市場に普及させようとする基本的な流れは続くとみている。

    ただトヨタにとってこれは死活問題になりかねない、と別の役員は懸念を示した。中国の提案によると、プリウスのようなモーター式ハイブリッド車はガソリン車と同等に扱われ、厳格な燃費基準達成のために利用できる「新EVクレジット」を稼ぎ出してくれない。

    トヨタの大西弘致中国本部長は18日、「中国の見解ではプリウスはガソリン車と変わらないので、われわれはアレルギーを克服して電気自動車を考え出すしか道はない」と述べ、来年には中国でPHV販売を始める方針を明らかにした。いずれは100%EVの販売も目指すとしながらも、その具体的な時期は示していない。

    http://jp.reuters.com/article/autoshow-shanghai-electric-idJPKBN17M08E

    【トヨタがEV開発に本腰、中国の動きなどで戦略転換】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 以下、無断転載禁止でVIPがお送りします 2017/04/22(土) 09:55:15.673 ID:sv7mqhJc0
    SUV ランクル
    セダン クラウン
    コンパクト ヴィッツ
    ミニバン アルヴェル
    ハイブリッド プリウス
    商用車 ハイエース プロボックス
    スポーティ 86 g'zシリーズ

    最強だわ

    【トヨタ車って攻守最強だよな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 海江田三郎 ★ 2017/03/30(木) 21:29:01.11 ID:CAP_USER
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170330-00000162-jij-bus_all

    http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/16010724

    トヨタ自動車は30日、遺伝子情報の解析でイチゴの品種改良を効率化する技術を開発したと発表した。
    植物の病気に強かったり、気温が高くても生育したりする遺伝子を選び出す時間などを短縮し、イチゴの品種改良につなげたい考えだ。

     新技術は、トヨタがバイオ燃料の研究過程で培ったノウハウをベースに、国立研究開発法人の農業・食品産業技術総合研究機構と共同開発した。トヨタは効率性を追求する独自の生産方式「カイゼン」のノウハウを農業に応用する取り組みを進めており、こうした農業支援を拡大する。 

    【トヨタ、イチゴの品種改良を効率化する技術を開発 「カイゼン」のノウハウを農業に応用】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: (?∀?(⊃*⊂) ★ 2017/04/18(火) 17:49:28.12 ID:CAP_USER9
    レクサスが3月16日に発売した新型LCの受注台数が、
    発売から1ヵ月(4月16日時点)で月販目標の50台の36倍となる約1,800台となり、好調な立ち上がりを見せている。

    パワートレーン別で見ると、ハイブリッドモデルのLC500hが約800台、ガソリンモデルのLC500が約1,000台と、
    若干ガソリンモデルの方が人気となっている。

    なお、新型LCの価格は、LC500hが13,500,000円~14,500,000円、LC500が13,000,000円~14,000,000円。

    ◆主な好評点
    ・コンセプトカーLF-LCの革新的なデザインイメージをモチーフに、新開発プラットフォームによる骨格を活かすことで、走行性能とデザインが調和した独創的なデザイン

    ・新開発GA-Lプラットフォームによる優れた慣性諸元や高剛性ボディ、新開発サスペンションなどで実現された、FR車が持つ本質的な魅力である優れた走り

    ・マルチステージハイブリッドシステム(LC500h)やV8 5.0LエンジンとDirect Shift-10AT(LC500)によって実現されたパワフルでリズミカルな加速

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170418-00010005-autoconen-ind
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170418-00000080-impress-ind
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170418-00000050-zdn_mkt-ind

    画像200枚以上
    http://autoc-one.jp/news/3287753/photo/


    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1492495015/
    2017/04/18(火) 14:56:55.06

    【1300万円でも激売れ!レクサス新型LC発売1ヶ月で受注が目標の36倍!すでに納車まで3年待ちか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 垂直落下式DDT(新潟県)@無断転載は禁止 [CN] 2017/02/24(金) 22:08:41.27 ID:SFTjFa7l0 BE:993788992-PLT(13001) ポイント特典
    プリウスPHVが教える不都合な真実 --- 宮寺 達也
    2017年02月24日 06:00

    プリウスPHVのガソリン走行の燃費は37.2km/Lである。
    実燃費はもうちょっと下がると思うので同程度の燃費であるプリウスHVを調べてみたところ、23km/Lと推定できる(参照サイト)。

    よって、ソーラーパネルが1年間に充電する1059kmを走行するためには、41.26L(=1059km÷23km/L)のガソリンが必要になる。
    プリウスPHVの燃料タンク容量が43Lなので、一回の満タン給油にも満たない量だ。

    2月20日現在のガソリン価格の平均がレギュラー126.6\/Lなので、41.26Lのガソリンは5224円である。

    つまり、28万800円のソーラー充電システムは1年間で5224円分のガソリンの節約につながるが、元を取れるまで54年かかってしまう。
    ソーラー充電システムは日本と欧州では販売するものの、最大の消費地であるアメリカでは「需要が無い」とのことで販売しないとのことだ。
    しかし、元がとれるまで54年掛かるのでは、日本と欧州の需要も心配である。

    http://agora-web.jp/archives/2024583.html

    【トヨタ新型プリウスの不都合な真実 「ガソリン節約分の元を獲るのに54年かかる」】の続きを読む

    このページのトップヘ