タグ:スポーツ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ゼッケン774さん@ラストコール 2018/08/17(金) 17:10:34.45 ID:vQIAQ9K9
    (※>>1, 2は過去の記事です)

    夏の甲子園が佳境を迎えている。

     今年で100回目を数える夏の風物詩は、酷暑の中で連日好ゲームを見せてくれている。プロ注目の選手たちをはじめとした高校球児の一生懸命な姿は、見ているこちらの気持ちも熱くさせてくれる。

     その一方で、毎年この時期、高校野球で報じられる“ある数字”を見て心を痛めている人たちもいる。

     それが全国の陸上競技関係者の面々だ。


    ほぼありえない眉唾ものの記録
    「50m5秒7の俊足」

    「俊足巧打の1番打者で、50mは5秒8――」

     甲子園の結果を報じる新聞やテレビのニュースでは、今年もこんな言葉が躍っている。

     野球における選手の走力の高さを示すのに、読者が身近にイメージしやすい50mの記録というのはわかりやすい指標なのだろう。誰もが学生時代に体力テストで測定経験があるし、記録のインパクトも伝わりやすい。

     だが、実はこれらのタイム、ちょっと眉唾ものの記録なのだ。

     50m走の日本記録は、100mでも日本歴代4位となる10秒02の記録がある朝原宣治が持つ5秒75。世界記録保持者のウサイン・ボルトでさえ5秒47だ。つまり、毎年甲子園には日本記録を上回る選手が何人も出場しているということになる。

    「野球選手がみんな申告通りのタイムを競技場で出せたら、100mで日本人が9秒台を出すのにこんなに時間がかかっていませんよ(笑)。俊足のひとつの基準なんだろうけど、陸上選手と比べるなら測定の方法や気象条件くらいはしっかり書いてほしいよねぇ」

     そんなぼやきをこぼす陸上関係者が多いように、結論から言えばこれらの記録は陸上競技で採用される正式な測定方法では、ほぼありえないと言っていい。

    【高校球児「50m走、5秒7!w」 陸上部「!!!」シュバババ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 風吹けば名無し 2018/11/26(月) 08:30:40.01 ID:ClBpNTbN0
    DR7mqLfU8AAOYJO-768x449
    20181126-00000036-sph-000-view

    ちな子供の頃の月の食費30万

    【貴景勝のマッマになんJ民が騒然となる…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@おーぷん 2018/11/18(日)10:54:40 ID:Xu0
    人の運命は生まれながらに決まっている…

    【運動音痴とかいう99%の確率で陰キャになる要素】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: Egg ★ 2018/11/04(日) 20:29:18.55 ID:CAP_USER9
     ITTFワールドツアー「スウェーデンオープン」<10月29~11月4日/ストックホルム>女子シングルス決勝、伊藤美誠(スターツSC/世界ランク7位)が世界ランク1位の朱雨玲(中国)を終始圧倒して4-0のストレートで破り、優勝を果たした。

     伊藤は準々決勝で世界ランク6位の劉詩ブン(中国)、準決勝では五輪で2度の金メダル、世界卓球を3度制している世界ランク2位の世界女王・丁寧(中国)を破っており、圧倒的強さを誇る卓球帝国のトップ選手に3連勝を飾る快進撃で栄冠を手にした。

    ITTFワールドツアー スウェーデンOP
    【伊藤美誠勝ち上がり】

    <女子シングルス 決勝>
    伊藤美誠 4-0 朱雨玲
    11-3/11-3/11-5/11-8

    <女子シングルス 準決勝>
    伊藤美誠 4-2 丁寧
    3-11/7-11/12-10/11-6/11-9/11-8

    <女子シングルス 準々決勝>
    伊藤美誠 4-3 劉詩ブン
    12-10/7-11/7-11/5-11/13-11/11-4/11-8

    <女子シングルス 2回戦>
    伊藤美誠 4-3 フォン・ティエンウェイ
    2-11/9-11/12-10/11-6/5-11/11-5/11-9

    <女子シングルス 2回戦>
    伊藤美誠 4-3 フォン・ティエンウェイ
    2-11/9-11/12-10/11-6/5-11/11-5/11-9

    <女子シングルス 1回戦>
    伊藤美誠 4-1 張薔
    11-9/11-4/6-11/11-3/11-8

    テレビ東京
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181104-00000218-sph-ent



    【【卓球】伊藤美誠、世界ランク1位を破り優勝! 中国トップ選手に3連勝の快進撃 <スウェーデンOP>】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: れいおφ ★ 2018/10/28(日) 11:38:39.35 ID:CAP_USER9
    10月28日(現地時間27日)、2004年の田臥勇太(当時フェニックス・サンズ/現栃木ブレックス)以来14年ぶりに史上2人目の日本人NBA選手が誕生した。

    同日に行われた田臥の古巣、サンズとの一戦で、開幕5戦目にして初のベンチ入りを果たしたメンフィス・グリズリーズの渡邊雄太。

    111-86で迎えた第4クォーター残り約4分、ついにNBAのコートに立った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181028-00104293-bballk-spo

    10月28日(現地時間27日)、メンフィス・グリズリーズの渡邊雄太がフェニックス・サンズとの一戦でNBAデビューを飾った。

    111-86と大量リードで迎えた試合終了残り4分31秒、NBAのコートに立った渡邊。同3分11秒にディフェンスリバウンドを記録すると、同2分3秒にもリバウンドを奪った。同1分36秒には初シュート。
    惜しくも得点にはつながらなかったが、獲得した2本のフリースローを確実に沈めた。直後には速攻を仕掛けたものの、味方とのパスが合わず。
    試合をとおして4分31秒の出場で2得点2リバウンド1ターンオーバーの成績を残した。

    なお、チームは117-96で快勝。今季3勝目を挙げた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181028-00104312-bballk-spo

    渡邊雄太
    Dqj-l0LUwAII5mu


    【【バスケ】渡邊雄太、ついにNBAデビューし初得点! 史上2人目の日本人NBA選手が誕生 身長206cm】の続きを読む

    このページのトップヘ