タグ:シャープ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@涙目です。(catv?)@無断転載は禁止 [US] 2017/06/11(日) 10:11:29.33 ID:5KMvSWMb0 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
     シャープは、米国で液晶テレビのブランド(商標)を供与している中国電機大手の海信集団(ハイセンス)に対し、低品質の製品を販売して評判を落としたなどとして、ブランドの使用差し止めと損害賠償を求める訴訟を、10日までに米カリフォルニア州の裁判所に起こした。
     シャープは2015年、北米でのテレビ生産、販売からの撤退を決定。
    16年1月から5年間、ハイセンスが米国で販売するテレビにシャープブランドの使用を許可している。
     シャープは同年8月、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の傘下に入り、ハイセンスからブランドを取り戻すことを目指しているが、進展していない。
    17年4月には手紙で契約の打ち切りを通告した。

    中国電機大手を提訴=米国テレビ商標で-シャープ
    http://www.jiji.com/jc/article?k=2017061000529&g=eco

    【シャープ、ブランドの使用権をハイセンスに売る→ブランドの評判を落としたとして提訴】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ノチラ ★ 2017/06/08(木) 22:04:41.01 ID:CAP_USER
    シャープが経営立て直しのため、大型テレビ用液晶パネルの他社向け供給を打ち切ったことが波紋を呼んでいる。取引があった電子部品商社の黒田電気は売上高が大幅に落ち込み、パネルの供給減による市場価格高騰でテレビメーカーの船井電機は収益が悪化した。V字回復への道を歩み出したシャープに対し、"被害"企業からは恨み節も聞こえてくる。(橋本亮)

    数百億円がパーに

     「数百億円分のビジネスがなくなった」。黒田電気の伊神厚司・経営企画室室長代理は困惑を隠せない。

     黒田電気は、シャープと親会社の台湾・鴻海精密工業が共同運営する液晶パネル製造会社の堺ディスプレイプロダクト(SDP)から供給を受けてサムスンに販売していた。ところが、昨年後半に突然、供給がストップしたのだ。

     液晶パネル価格の低迷で経営が悪化しているSDPが、販売交渉でパネル価格の値上げを目指した結果、サムスンと折り合いが付かなかったためとされているが、鴻海がライバル視するサムスンを揺さぶろうとする意図も透けてみえる。

     さらに、黒田電気にとって痛手となったのが、シャープに販売していた液晶パネル用部品の取引もなくなったことだ。鴻海のもとで部品調達の見直しを進めるシャープがメーカーからの直接買い付けなどにシフトしたことが背景にある。担当者は「これまでシャープのお手伝いをしてきたのに」とこぼす。
    以下ソース
    http://www.sankei.com/west/news/170608/wst1706080001-n1.html

    【業界に広がる「シャープショック」 V字回復の陰で〝ババ〟を引いたのは…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ノチラ ★ 2017/05/27(土) 17:02:11.38 ID:CAP_USER
    昨年2月に台湾電子部品企業の鴻海(ホンハイ)に買収されたシャープの中国テレビ市場シェアが1年間で4倍に増えた。サムスン電子、LGエレクトロニクスに次ぐ世界3位の地位を狙うほど急速に成長している。カリスマあふれる郭台銘鴻海会長の指示で一斉に動いた鴻海の職員120万人の「人海戦術」と攻撃的なマーケティングが生み出した結果という分析だ。

    ◆販売目標を上方修正

    市場調査会社IHSによると、今年1-3月期のシャープの中国市場シェアは6.8%だった。前年同期(1.6%)の4倍、前期(3.0%)の倍以上だ。中国市場での躍進を受け、世界市場のシェアも1年間に2.2%から4.1%に増えた。

    郭会長が昨年末、470万台のシャープのテレビ出荷量を今年は1000万台まで増やすと公言した当時、世界テレビ業界は信じていなかった。テレビ市場が停滞していたからだ。昨年の世界テレビ販売台数は2億6500万台と、前年(2億7400万台)比で小幅減少した。

    しかし今年に入るとシャープは旋風を起こし、販売目標を1500万台に引き上げた。これを達成すれば昨年世界テレビ市場で13位だったシャープは3位に急浮上する。シャープがシェアを拡大する間、他社の販売はそれだけ後退した。TCL、ハイセンス、スカイワースの中国3大テレビメーカーの市場シェアはこの1年間に最大5ポイント減少した。

    ◆山間僻地まで配達

    シャープのテレビ販売増加は郭会長が「天虎計画」と名付けた販売拡大戦略が功を奏した結果だ。天虎計画は▼鴻海グループ全体組織を動員した攻撃的マーケティング▼パネルとセットをつなぐ垂直系列化の利点活用▼ブランド戦略の再確立--に要約される。

    郭会長は地域別にテレビ販売量目標を割り当てた後、実際の販売量を根拠に各地域の本部長と役員の実績を評価している。フォックスコン系列会社の社長は中国800万台、日本150万台などで割り当てられた年間テレビ販売目標を達成するため、経営目標以上に力を注いでいる。このため中国だけで100万人、世界120万人の鴻海の職員がテレビの販売に「総動員」される体制となっている。個人の目標を満たすために職員が家族や親せきに販売したシャープのテレビが山間僻地まで配達されているという。不動産開発会社にも安くシャープのテレビを供給している。今年初めから中国で新しく分譲されている一部のマンションには60インチと40インチのシャープのテレビが設置されている。

    ◆ディスプレー市場にも影響

    郭会長はディスプレーメーカーを率いる垂直系列化の利点を生かし、競合他社を効果的に牽制することで有名だ。昨年末シャープで生産するLCD(液晶表示装置)パネルをシャープテレビ事業部にのみ供給するよう指示し、今年に入ってサムスン電子やソニーへのLCD供給を中断したのが代表的な例だ。サムスン電子は昨年30-40インチのテレビパネル500万枚をシャープから供給されていた。しかし今年は物量を確保できず、初めてライバルのLGディスプレイに手を伸ばすほど東奔西走している。

    デビッド・シェIHS研究員は「シャープの供給中断によるLCDパネル需給支障でサムスン電子やソニーなどの今年のテレビ販売は打撃を受ける可能性が高い」とし「パネル自体を確保するのが難しい中小テレビメーカーは倒産を心配しなければいけない状況」と伝えた。

    実際、鴻海から発注者ブランドによる生産(OEM)方式で年800万台のテレビが供給されていたLeEcoは昨年末、鴻海が供給中断を宣言したことで危機を迎えた。電子業界の関係者は「シャープテレビの躍進は経営者一人の指示で一斉に動く組織体系があったからこそ可能だった」とし「収益性を犠牲にして成功した販売拡大であるだけに持続可能かどうかは今後もう少し眺める必要がある」と指摘した。
    http://japanese.joins.com/article/452/229452.html

    【【朗報】シャープ、中国テレビ市場でシェア4倍に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@おーぷん 2017/05/04(木)17:49:40 ID:Rfp
    シャープは、2017年3月期(2016年4月~2017年3月)の連結業績を発表した。下期(2016年10月~2017年3月)は、売上高が前年同期比16.7%減の1兆1309億円となったものの、営業利益は623億円、経常利益は571億円、当期純利益は205億円と、鴻海傘下での経営再建において公約した通りに、下期の最終黒字化を達成した。
    https://m.japan.cnet.com/story/35100550/



    【シャープ、黒字化! ジャップどんだけ無能だったんや・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 曙光 ★ 2017/04/12(水) 20:04:58.79 ID:CAP_USER9
     シャープは12日、現行のフルハイビジョンの16倍の解像度を持つ超高精細の映像規格「8K」に対応した70型の映像モニターを6月末に発売すると発表した。

    8K放送向けの映像制作や医療用途など業務用で、85型の従来製品に比べ重量が半分以下の42.5キログラム、消費電力は3分の1の470ワットに抑えた。今後の家庭用8Kテレビ商戦を見据えて開発を進めたという。

     8Kは2018年末に実用放送が始まる計画。フルハイビジョンより鮮明で臨場感に富む映像を楽しめる。新モニターは液晶パネルを使い、色や明暗の差異を最大現に表現する「HDR規格」に8Kでは初めて対応した。

    実売価格は800万円前後を見込む。業務用に年200~300台の受注販売を目指す。(2017/04/12-17:42)

    http://www.jiji.com/jc/article?k=2017041200973&g=eco

    【シャープ、軽量・省電力で超高精細の「8K」新モニターを6月末販売 実売価格は800万円前後の見込み】の続きを読む

    このページのトップヘ