タグ:アメリカ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 風吹けば名無し 2019/05/22(水) 12:01:23.69 ID:9FJUv9EG0
    最近、米ワシントンポスト紙が全米経済研究所で発表されたある研究を取り上げ、話題になっている。

     その研究は、遺伝子的な見地から、裕福な子供と貧しい子供のうち、どちらがどれくらい学業で成功しているのかを調べたものだ。

     調査結果によれば、遺伝子的に才能がないグループに属する子供でも、裕福な家に育てば、大学を卒業する比率が高いことが分かった。
    その割合は、遺伝子的に才能のあるグループに属する、貧しい家庭に生まれた子供が大学を卒業する割合よりも断然高かった。

     数字で示すと、遺伝子的に同じ程度に優秀な才能を持つ子供たちの中では、裕福な家庭に育った子の63%が大学を卒業するのに対し、貧しい家庭ではその割合は24%にまで下がる。

    (中略)

    この研究からはっきりすることの一つは、将来的に成功するかどうかの違いを生むのは、遺伝子的に恵まれた才能ではなく、それぞれが育つ環境が大きいということだ。
    現代社会では「裕福さが遺伝子を超える」ということなのだろう。

    また、こんな「裏付け」もある。頭の良さを評価することで知られているIQのスコアには、先天的な才能は関係ないらしい。
    今回の研究を行った研究者の一人、ジョンズ・ホプキンス大学の経済学者であるニコラス・パパジョージ氏は、
    「2人の子供を比べた場合、裕福で習い事などをしてきたほうがIQスコアは驚くほど高くなるが、遺伝情報で比べると彼らの遺伝子的な才能のレベルはほとんど同じである」と、取材に対して語っている。

     つまり、多くの人が抱くような「IQスコアの高い人がいわゆる生まれながらの天才である」というイメージは正しくない。
    だが習い事の有無など育ってきた環境でIQスコアは高くなる
    とみられるという。

    https://www.itmedia.co.jp/business/spv/1810/25/news012.html

    【アホ「お前が負け組なのは努力しなかったからや」 全米経済研究所「人生は親ガチャで決まるぞ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2019/05/26(日) 17:51:30.66 ID:Rmg/2C6q9
    https://anonymous-post.mobi/archives/8064
    トランプ米大統領は26日朝、日本との貿易交渉について「参院選が終わるまで妥結を迫らずに待つ」と米メディアの記者に電話で語った。
    保守系FOXニュースのジョン・ロバーツ記者がツイッターで明らかにしたもので、参院選への影響を避けたい安倍晋三首相に配慮し、貿易交渉の合意を急がない意向を示した格好だ。

    これに関連し、トランプ氏はツイッターに「(貿易交渉の)多くのことは日本の参院選が終わるまで待つことになる。そこでは大きな数を期待している!」と投稿。
    「日本との交渉では大きな進展がある。農業や牛肉はとりわけそうだ」とも表明した。

    米国は貿易交渉の焦点である農産品の関税引き下げを求めている。
    しかし日本は参院選前に農家の不安を高める展開は避けたい立場で、こうした意向は米側にも伝えていた。参院選は7月が有力視されている。

    「参院選終わるまで待つ」 日米貿易交渉でトランプ氏


    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45289690W9A520C1000000/
    96958A9F88

    【トランプ大統領「シンゾー選挙近いのか? 分かった。日本との貿易交渉は当面延期しよう」と配慮 ネット「アメリカ大統領に忖度させるって…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2019/05/23(木) 23:39:30.02 ID:iACJRdeA9
    Amazon.co.jpで、ファーウェイのスマートフォンやタブレットなどの販売が事実上停止された。

    Amazonには、ファーウェイ商品のみを扱う特別なストアページがあり、Amazonが商品の販売を直接行っていた。
    そのページ自体はまだ存在しているが、そこからスマートフォン「P30」やスマートウォッチ「HUAWEI WATCH GT」、
    タブレットやノートPCなどの詳細ページへ行くと、ほぼ全てが「現在在庫切れです。この商品の再入荷予定は立っておりません」
    と書かれ、購入できない。ただし、一部旧製品には、外部業者が販売しているものもある。

    さらに、P30 liteなど一部製品の詳細ページには、「本製品はOS(オペレーションシステム)等についての重大な懸念が発生しています。
    本製品に関するお問い合わせはメーカーコールセンターまでお問い合わせ下さい」という文言が、Amazonによって表記されている。

    なお、ヨドバシ.comやビックカメラ.comなどでは、従来どおりファーウェイ製品の販売を継続している。

    【【Huawei】ファーウェイのスマホなど全製品、Amazonで販売中止】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ガーディス ★ 2019/05/21(火) 01:56:02.65 ID:s8Ebh+WW9
    グーグル含む米テック大手、ファーウェイへの部品・ソフト供給停止

     半導体メーカー各社やグーグルなど米大手企業は、中国最大のテクノロジー企業、華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)への重要なソフトウエアや部品の供給を凍結している。
    ファーウェイへの製品供給を事実上禁止するトランプ政権の措置を順守する。

     インテル、クアルコム、ザイリンクス、ブロードコムなど半導体メーカーは、追って通知があるまでファーウェイに供給しない方針を従業員に伝えた。これら企業の行動に詳しい複数の関係者が明らかにした。
    アルファベット傘下グーグルは、ファーウェイへのハードウエアと一部ソフトウエアに関連するサービスの提供を停止したと、別の関係者1人が情報の部外秘を理由に匿名を条件に語った。

    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-05-20/PRS8UU6JTSE801

    【【ファーウェイ完全終了か】Googleに続け! インテルやクアルコムなど半導体大手各社もファーウェイへの部品供給停止へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/03/08(金) 14:37:44.04 ID:CAP_USER
    1393293
    1393301

    テスラ(Tesla)は3月6日、独自の急速充電ネットワーク、「スーパーチャージャー」の充電性能を引き上げた「V3スーパーチャージング」を発表した。

    テスラは2012年、独自の急速充電ネットワーク、スーパーチャージャーの整備を開始した。以来、世界中のテスラ車のユーザーが、快適に長距離ドライブを楽しめるよう、スーパーチャージャーの整備を進めてきた。現在、全世界のスーパーチャージャーのネットワークは、1万2000か所を超えている。

    V3スーパーチャージングは、テスラが持つグリッド接続バッテリーのノウハウを生かして開発された。テスラによると、現在の他社のどのEVよりも、早く充電することを可能にするという。

    V3スーパーチャージングでは、最大出力250kWで急速充電することが可能。また、充電の開始前に、バッテリーを予熱する技術も導入する。これにより、充電時間はおよそ15分に短縮される。

    たとえば、『モデル3』の「ロングレンジ」グレードの場合、5分で最大75マイル(約120km)走行分のバッテリー容量を充電できる。テスラによると、顧客が充電に要する時間を平均50%削減するという。

    テスラはV3スーパーチャージングを、まずは4月に北米において、サービスを開始する予定。2019年内には、欧州とアジア太平洋地域にも導入する計画だ。

    レスポンス(Response.jp)
    https://response.jp/article/2019/03/08/319892.html

    【【EV】テスラ、新急速充電「V3スーパーチャージング」発表 充電時間を約15分に短縮 】の続きを読む

    このページのトップヘ