タグ:アメリカ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/01/04(木) 16:52:53.45 ID:CAP_USER9
    アメリカでトランプ政権が発足してから今月で1年を迎えるのを前に、NHKが日本とアメリカで実施した世論調査で、北朝鮮の核やミサイルの問題について「脅威だ」と答えた人がアメリカでも8割に上り、北朝鮮の脅威を現実のものとして国民が受け止めていることが明らかになりました。

    調査概要

    NHKは、去年11月27日から12月3日にかけて、日本とアメリカの18歳以上の男女を対象に、コンピューターで無作為に発生させた固定電話と携帯電話の番号に電話をかける「RDD」という方法で世論調査を行いました。調査では、日本で1232人、アメリカでは1201人から回答を得ました。

    ■中国をめぐり日米の意識にずれ

    一方で、日本にとってアメリカと中国のどちらの国がより重要か、アメリカにとって日本と中国のどちらの国がより重要か、それぞれ聞いたところ、日本では、「アメリカ」が66%、「どちらも同じくらい重要」が11%、「中国」が10%で、アメリカをあげる人が最も多かったのに対し、アメリカでは、「中国」が58%、「日本」が29%、「どちらも同じくらい重要」が5%で、中国をあげる人が最も多くなり、日米の意識のずれが鮮明になっています。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180104/k10011278991000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

    【【NHK日米世論調査】日本:米国と中国どちらが重要か?→米国66%、中国10%  米国:日本と中国どちらが重要か?→中国58%、日本29%】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 夕凪らっこちゃん ★ 2017/12/23(土) 18:05:03.33 ID:CAP_USER9
    「イージス・アショア」導入に断固抗議する(談話)
    社会民主党幹事長 又市 征治

    本日、政府は、地上配備型の新たな迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」を2基、自衛隊に導入する方針を閣議決定した。
    射程は2000キロ、迎撃できる高度が約1000キロとなり、現在のイージス艦の迎撃ミサイルの倍となる。
    「イージス・アショア」の導入は、憲法上の疑義をはじめ、様々な問題があり、社民党は断固反対する。

    「イージス・アショア」の導入は、北朝鮮の核・ミサイル開発など東アジアの安全保障環境が悪化への対応が理由とされているが、じっさいは弾道ミサイルだけでなく巡航ミサイルなども迎撃対象とする、アメリカが描く新たな防空構想「統合防空ミサイル防衛(IAMD)」へ参加の一環でもある。
    国会での論議や十分な国民的議論のないまま、日米軍事一体化の強化を政権が強行することは断じて認められない。

    「イージス・アショア」や長距離巡航ミサイルなど、朝鮮半島の緊張を利用して米国から武器等を購入することは、軍事的な日米の経済連携を推進することにつながり、かえって東アジアの緊張を高め、地域の軍拡競争を招きかねない。
    「ミサイル防衛」自体、同時多発攻撃や「ロフテッド軌道」への対応を含む実際の迎撃能力は疑問視されている。
    北朝鮮の核・ミサイル問題に対しては、圧力や軍事力による対決ではなく、粘り強い対話を基調とした外交的努力によって解決をはかるべきである。

    社民党は、問題の多い「イージス・アショア」の配備阻止に全力で取り組むとともに、
    「戦争法」に基づく自衛隊と米軍の一体化、自衛隊の「国防軍化」につながる際限のない軍事費の膨張に歯止めをかけていく。

    全文はソースで、 社民公式
    http://www5.sdp.or.jp/comment/2017/12/19/「イージス・アショア」導入に断固抗議する(談/
    より沢山の政治記事をお探しの方は「政治ニュース+」板へどうぞ
    http://fate.2ch.net/seijinewsplus/

    関連スレ
    【北ミサイル】地上迎撃システム、立憲民主党福山氏「喫緊の北朝鮮情勢に対応できるのか」 希望・玉木氏「本当に必要か国会で説明を」
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1513993982/
    【北ミサイル】安倍内閣が陸上迎撃「イージス・アショア」を導入決定 自民は敵基地攻撃能力も要求 共産党「大軍拡の中止」を主張
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1513990987/

    【【北ミサイル】社民党「地上イージス導入は憲法上の疑義あり。朝鮮半島の緊張を利用し日米連携を進めるとアジアの軍拡競争を招く」と抗議】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 全権大佐@スタス ★ 2017/11/27(月) 11:38:03.49 ID:CAP_USER
    米国の週刊誌「TIME(タイム)」が選ぶ「今年最高のガジェット(The Top 10 Gadgets of 2017)」で「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」が首位となり、「iPhone X(アイフォーンテン)」は2位となった。

    TIMEといえば「今年の人(Person of the Year)」を選ぶことで知られるが、最近はガジェットを取り上げる記事も出す。並んでいる製品はいずれも、日本のガジェット好きが見ても妥当と言えるものが多い。

    とはいえ、日本で高い存在感を誇るニンテンドースイッチが米国でもiPhone Xをしのぐ注目度を持つとはやや驚きではある。

    TIMEがニンテンドースイッチの特徴のうち特に重んじている点は、家庭にいても外に出ても最適な環境でゲームを遊べるという斬新さ。こうした設計が日本と生活習慣も文化も異なる海外で支持を獲得しているのは興味深い。

    任天堂が10月末に発表した決算では、日本はもちろん米国および欧州でニンテンドースイッチの販売が堅調で、かつてのヒット製品である据え置きゲーム機「Wii(ウィー)」発売時にせまる高水準で推移していることが明らかになった。

    ニンテンドースイッチは発売後約1年間で1,600万台以上の累計セルイン(出荷数)を計画しているが、国内に加え海外での好評からすると、もうさして大胆な数字とも言えない。

    switch

    ニンテンドースイッチ、iPhone Xしのぎ「今年最高のガジェット」に―米TIME選出
    インターネットコム編集部
    https://internetcom.jp/203786/nintendo-switch-as-number-one
    【ニンテンドースイッチ、iPhone Xしのぎ「今年最高のガジェット」に 米TIME選出】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [CN] 2017/11/27(月) 11:11:23.29 ID:hxo5RXSC0 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
    世界の最先端をリードしている、米国シリコンバレーのベンチャー企業。

    そんなシリコンバレー界隈の米国ハイテク業界で、日本企業が「嫌われている」という産経新聞の記事について紹介したツイートが話題になっています。

    記事の画像とともにコメントを投稿したのは、業界団体の、一般社団法人3Dデータを活用する会(@3DGAN)の公式アカウント。

    なぜ日本人(日本企業)は米国の最先端業界で嫌われているのでしょうか、まずは当該ツイートをご覧ください。


    この産経のコラムによれば、日本企業は投資判断の権限を持たない担当者が、
    米国のシリコンバレーや先進的研究で知られる大学へ「視察」や「情報収集」の目的だけで訪れ、投資話に進まないため「時間のムダだ」と嫌われているとのこと。

    この企業体質について、3Dデータを活用する会のアカウントは、「昔からそう」と前置きし、
    日本企業のこうした体質が嫌われていることに対して「どうも私達の国の企業文化の中では分からなくなるらしい」とコメント。

    「分からないから省みることもなくこの先も続くと思う」と結んでいます。

    確かに「海外視察」や「情報収集」が目的化しているのも事実。そして、そんな日本企業の体質はすぐには変わらない。。

    この日本企業の問題は根が深そうです。あなたは、このツイートや記事を読んでどうすれば良いと思いますか?

    米国のハイテク業界で「日本人が嫌われてる」理由がかなり深刻
    https://netallica.yahoo.co.jp/news/20171127-67409299-magmag


    【【悲報】米シリコンバレーのハイテク業界で「日本人が嫌われている」模様】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ハンバーグタイカレー ★ 2017/11/22(水) 22:05:34.87 ID:CAP_USER9
      砂糖の取りすぎの有害性について指摘しようとした研究を、米国の砂糖業界が50年前に打ち切り、結果を公表しなかった――。こんな経緯を明かした論文が21日付の米科学誌「プロス・バイオロジー」(電子版)に掲載された。業界が利益を守るために否定的な研究を隠すことで、長期間にわたり消費者をだましてきたとしている

     米カリフォルニア大サンフランシスコ校の研究者が、米イリノイ大などに保管されていた業界団体「糖類研究財団」(現・砂糖協会)の内部文書を調べ、明らかにした。

     論文によると、でんぷんの炭水化物に比べ、砂糖は心臓に有害だとする研究発表が1960年代に出始めた。懸念した財団幹部が68年、英バーミンガム大の研究者に資金提供して、ラットで影響を調べたところ、砂糖の主成分のショ糖を与えると、動脈硬化と膀胱(ぼうこう)がんにかかわる酵素が多く作られることが分かった。腸内細菌の代謝により、コレステロールや中性脂肪ができることも確認できそうだった。

     研究者は確証を得るため、研究の延長を求めたが、財団は資金を打ち切り、成果は公表されなかったという。70年の内部報告で、当時の幹部は「研究は業界にとって有益で意義のある情報を引き出すべきだ」と述べ、有害性を示唆した研究の価値は「無」だとしている。

     今回の論文について砂糖協会は「50年前の出来事について、推測と仮定をまとめたものだ」と批判。研究の存在は認めつつ、予算や期限が超過したため打ち切られたとしている。(ワシントン=香取啓介)

    【砂糖の有害性、業界団体が50年隠す? 米研究者が調査… 砂糖協会はこの発表を批判】の続きを読む

    このページのトップヘ