カテゴリ: 科学

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: しじみ ★ 2018/10/02(火) 13:46:25.98 ID:CAP_USER
    人間は古来から若返りや不老不死に強く執着しており、そのための方法の一つとして「若者の血を飲む」といったものも存在し、実際に「若い血を体内に取り入れると自然治癒力が向上する」といった研究結果も発表されています。そんな「若者の血を使った若返りビジネス」を展開する人物が、ニューヨークに「若返りクリニック」を開設すると話題になっています。

    The 'blood boy' clinic is coming to NYC so rich people can live forever

    https://mashable.com/article/blood-boy-clinic-nyc-parabiosis/#yl_ux8laxmqE

    Controversial Blood Transfusion Startup to Open its First Clinic

    https://edgylabs.com/controversial-blood-transfusion-startup-is-opening-its-first-clinic

    若返りビジネスに目を付けたのは、スタンフォード大学医学部で医学を学んでいたジェシー・カーマジン氏。「若いマウスの血液をもらった高齢のマウスが健康を取り戻した」という実験結果を知ったカーマジン氏は、ギリシア神話に登場する不死を手に入れられる神々の食物を意味する「アムブロシアー」から名前を取った、「Ambrosia」というスタートアップを設立しました。

    カーマジン氏はマウスの実験結果から、「人間の場合であっても、若者の健康な血を高齢者に輸血することで若返り効果が得られるのではないか」と考えているとのこと。Ambrosiaでは、16歳から25歳までの若年層から血液を採取し、35歳以上の被験者に2日をかけて1.5リットルもの血漿(けっしょう)成分を輸血するとしています。輸血を受ける場合には8000ドル(約90万円)もの費用がかかりますが、Ambrosiaは臨床試験のための被験者を順調に集めることができたそうです。

    2017年、Ambrosiaは実際に150人の参加者に対して新鮮な血液を輸血する臨床試験を行い、「非常に興味深いデータを得ることができた」と述べています。Ambrosiaによると若い血液を注入された被験者は、集中力・記憶力といった分野で能力の向上が見られ、より質のいい睡眠が取れるようになったとのこと。一方でこの研究結果には医学界から多くの疑念が寄せられており、「対照となるプラシーボの実験が行われていない」という指摘もされています。

    そんなAmbrosiaはこれまでカリフォルニア州モントレーに本拠を置いていましたが、アメリカの大都市ニューヨークに「若返りクリニック」の本拠を移す計画を予定しています。カーマジン氏によれば、2018年末か2019年の初めにニューヨークにクリニックを開きたいとのこと。

    なぜカーマジン氏がニューヨークへの移転を計画しているのかという疑問について、カーマジン氏は「ニューヨークには高齢者の人口が多いからです」と答えました。人口も多く資産のある高齢者も多いニューヨークでは、若返りを望む顧客に困ることは考えづらく、より多くの被験者を集められる可能性があります。


    GIGAZINE
    https://gigazine.net/news/20180928-blood-boy-clinic-coming-newyork/

    【「若者の血」を輸血して若返るためのクリニックがニューヨークに開設予定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 風吹けば名無し 2018/08/03(金) 00:09:18.39 ID:iI2jRw2LH
    雑魚すぎひん?

    【太陽「ンゴゴゴゴww」 1500㎞離れた人間「ヒェ~w」アチアチアチアチ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ◇lB95MZIuoU 2018/09/09(日) 19:32:38.76 ID:KO0e9v3/00909
    iPhone6が113円!?原料となる物質を金額に換算した場合

    無粋ではありますが、どんな人間ででも水素、酸素、炭素などの元素に還元できてしまうように、iPhoneも例外ではりません。

    Statisaが行ったのは、iPhoneを構成する部品ではなく、それぞれの「原料」がどれだけのシェアを占めているかという調査です。
    129gの16GBモデルiPhone6を対象にした分析の結果、一番多く含まれていたのはアルミニウムで31.5g、次が炭素で19.9g、酸素で18.7g、鉄で18.6g……と続きます。

    アルミニウムと鉄で重量の40%近くを占めていますが、価値はそれぞれ0.055ドル(約6円)と0.002ドル(約0.2円)です。
    コバルトとニッケルなどのレアメタルを合わせても、トータルでは1.03ドル(約113円)ほどに過ぎません。

    【【悲報】iPhoneの原料、113円だった】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/08/27(月) 18:28:02.048 ID:AQTPnMPX0
    人体→一部サイボーグ化→脳に補助装置埋め込み→人格のデータ化
    の順だと思うんだけど、あと百年~三百年くらいでできるかな?

    【人類がデータ化するまであと何年かかると思う?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@おーぷん 2018/08/18(土)02:49:41 ID:s6F
    しかも海広いから青く見える気がするわ

    【もしかしたらなんやけど地球って丸いんちゃうか?】の続きを読む

    このページのトップヘ