カテゴリ: 食べ物・買い物・観光

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@涙目です。(catv?)@無断転載は禁止 [US] 2017/06/06(火) 09:46:01.61 ID:+QQASzAf0 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
     現行のハイビジョン放送の4倍の精細さ、豊かな色彩。「4K」と呼ばれるテレビの映像方式だ。
    さらに現行の16倍となる「8K」のテレビも順次登場する。家電量販店でも「4Kテレビ」が売られており、すでに購入済みという人も多くいるだろう。
    NHKや民放各局は2018年12月からBSで4Kの実用放送を始める。
    その実用放送、いまの4Kテレビでは見られないことはどれだけ知られているだろうか。

     4Kの実用放送を見る…

    このままでは見られない「4K放送」
    http://www.nikkei.com/article/DGXMZO17237300S7A600C1000000/

    【【悲報】4Kテレビを買っても「4K放送」が見られないことが判明wwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: のっぺらー ★ 転載ダメ©2ch.net 2017/06/04(日) 08:34:28.76 ID:CAP_USER
    スナック菓子「うまい棒」の公式キャラクター「うまみちゃん」の等身大フィギュアが3日、大阪市阿倍野区阿倍野筋の「あべのロフト」で日本初披露された。

    うまみちゃんは、うまい棒のパッケージなどに描かれているキャラクター「うまえもん」の妹という設定で今年2月に発表された。
    フィギュアは身長153センチ。うまい棒をかたどった「うまい帽子」(高さ約20センチ)をかぶっているのが特徴だ。

    うまい棒を販売する「やおきん」(東京都墨田区)の新規事業開発ディレクター、松本カズヒロさん(51)は「約1カ月半かけて、細部にまでこだわったフィギュアが完成した。今後は、全国展開するキャンペーンで活用したい」と話している。

    フィギュアの展示は4日まで。
    同日午後2時と4時には、うまえもんの着ぐるみと一緒に写真撮影会を実施する予定。

    写真:初披露された「うまみちゃん」の等身大フィギュア
    wst1706030082-p2

    以下ソース:産経west
    http://www.sankei.com/west/news/170603/wst1706030082-n1.html

    【【大阪】「うまい棒」公式キャラ「うまみちゃん」 等身大のフィギュア 阿倍野で本邦初披露】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: のっぺらー ★ 転載ダメ©2ch.net 2017/06/01(木) 12:03:29.30 ID:CAP_USER
    愛知県の大村秀章知事は1日、アニメ制作会社「スタジオジブリ」(東京都小金井市)と協力し、2005年の愛知万博の主会場となった「愛・地球博記念公園」(モリコロパーク、同県長久手市)内に、「ジブリパーク」をつくる方向で調整を進めていることを明らかにした。
    2020年代初めの開業を目指すという。

    構想では、約200ヘクタールある同公園の緑地を生かし、園内の一部に映画「となりのトトロ」で描かれた世界観を再現した「トトロのふるさと村」を設置する。
    大村氏は「環境をテーマにした愛知万博の理念とジブリ作品はシンクロしている。官民で役割を分担したい」と話した。
    ジブリの担当者は「現地の緑を生かし、ジブリ作品の理念につながるようなパークになれば」と話している。

    5月31日、大村氏とジブリの鈴木敏夫プロデューサーが名古屋市内で会談し、大筋で合意した。
    事業主体については今後、県とジブリで協議する。

    同公園は1970年に開園した愛知青少年公園が前身。
    05年には愛知万博(愛・地球博)の主会場・長久手会場となった。
    15年にはジブリ作品の原画などを展示した「ジブリの大博覧会」を開催したほか、万博で人気を集めた「サツキとメイの家」には昨年度も約10万1千人が訪れた。

    ジブリの関連施設は、井の頭公園西園(東京都三鷹市)内に01年開館した「三鷹の森ジブリ美術館」がある。

    写真:「サツキとメイの家」
    AS20170601001653_comm

    写真:地図
    AS201706010


    以下ソース:朝日新聞
    http://www.asahi.com/articles/ASK613R4DK61OIPE00F.html

    【【愛知】「ジブリパーク」、愛知に開設へ 愛・地球博記念公園に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2017/05/31(水) 18:10:01.26 ID:CAP_USER9
    「ホンダらしさを体現した」10代目シビック(写真:森川 誠一)
    img_91d22c7839ed6d2c991a2466e7ffde04109631

    7年前、ホンダが「シビック」の日本仕様を8代目限りで終了し、9代目は原則として日本国内向けには販売しないと聞いたとき、「やっぱり、そうなったか」と率直に思った。

    「カリーナ」「コロナ」(トヨタ自動車)、「サニー」「ブルーバード」(日産自動車)、「ファミリア」(マツダ)、「ギャラン」(三菱自動車)――。
    30~40代以上のクルマ好きなら、これらの名前を知っている人は少なくないだろう。
    各メーカーの一時代を築いた看板車種たちだ。残念ながらその車名を今に引き継げずに日本市場からは消えてしまっている。

    車名別の新車販売ランキングで、安定して上位に食い込む昭和のブランドは、トヨタ「カローラ」「クラウン」ぐらい。
    そんな強力な販売網を持つトヨタでさえも、「マークⅡ」は「マークX」に名前を替え、今モデルで廃止される方向と中日新聞をはじめ複数のメディアがこの春に報じている。

    日産「スカイライン」の現行モデルの販売も往年の勢いを知る者の1人としては、さみしいかぎりの水準になってしまった。
    1972年に初代が登場し、かつてホンダの最量販車だったシビックもこの波にあらがえなかったのは致し方ない、という感想を7年前には抱いていた。

    ■今さらシビックを求めるユーザーがいるのか?

    だからシビックが日本市場で2017年度中にも復活するというニュースが昨年末に流れたときは、正直言って驚いた。
    失礼ながらも、これを酒のさかなにして「目の肥えた日本市場で、今さらシビックを求めるユーザーがいるのか?」という議論を、クルマ好きの知人との間で交わしたぐらいである。

    そんなことを反芻しつつ、ホンダに招かれるままに、5月23日に袖ケ浦フォレストレースウェイ(千葉県袖ケ浦市)で開かれた「新型シビック先行試乗会」に参加した。

    10代目に当たるシビックは2015年秋にアメリカで発売され、欧州やアジア、中国、南米などに順次、販売地域を広げてきた。
    2016年の世界販売台数は約67万9000台、このうち、米国では約36万7000台を販売してセグメントナンバーワンを獲得した。

    ホンダ関係者によれば、当初は日本市場に投入する計画はなかったが、アメリカでの爆発的なヒットをはじめ、各市場で販売が好調に推移していることから、日本市場で復活の機運が高まった。

    日本市場には4ドアセダンと5ドアハッチバック、高性能版の「タイプR」の3タイプが投入される。
    セダンとハッチバックの日本仕様は排気量1500CCのターボガソリンエンジン1本。

    いわゆるダウンサイジングターボでセダンが173馬力、ハッチバックが183馬力の最高出力を発生する。
    モーターとエンジンを併用するハイブリッド車(HV)やディーゼルエンジン搭載モデルなどの設定は予定されていない。
    7月下旬に正式発表され、その後、日本国内で売られる見込みという。

    車内は同クラスのセダンやハッチバックと比べれば広々している
    img_8f0a28fa5c387722d3c3df5b7ef11529179026

    ※以下各ページの見出しです
    本文はソース先でお読み下さい

    ■「久しぶりにカッコいい」シビックだ!

    ■各領域の担当者がやりたいようにやった結晶

    ■今の日本市場で最も売りにくいカテゴリに

    ■昔ながらのイメージをどう破っていくか

    配信 2017年05月31日
    東洋経済オンライン
    http://toyokeizai.net/articles/-/174082

    他ソース
    ホンダ、復活「シビック」日本仕様公開 母国でブランド再構築(日経 2017/5/23)
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ23HS1_T20C17A5000000/

    【ホンダ「シビック」 国内復活の意義とこだわり 6年ぶりに日本市場に投入】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: trick ★ 2017/05/27(土) 01:59:32.57 ID:CAP_USER9
     菓子大手「明治」(東京都中央区)がロングセラースナック菓子「カール」の中部以東での販売中止を発表したのを受け、人気フリマアプリ「メルカリ」やオークションサイト「ヤフオク」では26日、カールの転売が相次いだ。

     参考小売価格120円の商品が一時、500~600円相当で出品され、なかには10万円を超えるものもあった。

     メルカリでは発表のあった25日午後4時以降、25件以上出品された(26日午後2時半現在)。商品説明では「生産終了」「入手困難」などとうたい、5~10袋でまとめ売りをする出品者も。なかには、カールチーズ味(参考小売価格120円、税別)1袋を11万4514円や5千円といった価格での出品する例もあった。

     ユーザーからは「価格が適正ではない気が」「(事務局に不適切な出品を)通報します」などの声が上がり、商品の一部はその後削除された。

     同社は「多種多様な出品が誰でも簡単にできるという環境を守っていきたい」とし、今後も価格付けには「法令に違反することがない限り」尊重する構えだ。

     一方、ヤフオクでも1袋15万円の出品があった。


    【カール販売中止】ネット転売で10万円超の出品も 商品説明に「生産終了」「入手困難」のうたい文句(1/2ページ) - 産経ニュース
    http://www.sankei.com/economy/news/170526/ecn1705260024-n1.html

    【カール高騰、転売で114514円の出品も 商品説明に「生産終了」「入手困難」のうたい文句】の続きを読む

    このページのトップヘ