カテゴリ: 食べ物・買い物・観光

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ノチラ ★ 2017/12/20(水) 18:09:02.76 ID:CAP_USER
    山善は、1℃単位で温度調節できる「電気ケトル YKG-C800」を1月中旬より順次販売する。直販サイトでの販売価格は8,618円(税込)。
    1_l

    コーヒー、紅茶、緑茶など、それぞれの適温に合わせて1℃単位で温度調節できる電気ケトル。温度調節は、60℃・70℃・80℃・85℃・90℃・95℃の6段階の温度がプリセットされている「温度選択スイッチ」と、60~100℃に1℃単位で温度調節が可能な「温度設定スイッチ」を用意。そのほか、60分間の保温機能、ワンタッチで沸騰させることができる「沸騰スイッチ」も搭載する。

     また、ドリップコーヒーが淹れやすいを細口ノズルを採用。湯量とお湯を注ぐスピードが調整しやすいという。

     本体サイズは285×190×240mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は980g。消費電力は1,000W。容量は約800ml。
    https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/1097939.html

    【【家電】山善、60~100℃に1℃単位で温度調節できる電気ケトルを発売】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ノチラ ★ 2017/12/20(水) 23:18:02.83 ID:CAP_USER
    「iPhone 6sのバッテリーを交換したら劣化した性能が回復した」という報告が大きな話題になりましたが、ベンチマークソフトGeekbenchが、この主張を裏付けると推測できる統計を明らかにしました。Geekbenchは、「なぜAppleは意図的にiOS更新によって性能を下げているのか?」を推察しています。

    「iOS11へアップデートしてから反応が悪くなったiPhone 6sのバッテリーを交換したら性能が回復した」という事件については以下の記事で確認できます。

    バッテリー交換で性能が急回復したというRedditの投稿が出されて以降、同じ現象を確認したという報告が相次ぎ、iPhoneのバッテリー性能とCPU性能の関連性について大きな議論となりました。バッテリー性能の経年劣化は一般的でありユーザーも受け入れやすいところですが、CPUの性能が劣化することはユーザーの想定外であり、iOSの更新に合わせて意図的なパフォーマンス低下措置をAppleが採っているならば大問題だというわけです。

    「iOSアップデートによって性能は低下するのか?」というiPhone 6/6sユーザーによる疑問に答えるために、ベンチマークソフトGeekbenchが、Geekbench 4で収集されたiPhone 6sとiPhone 7のiOSバージョン別のベンチマークスコアの統計を発表しています。

    以下のグラフはiPhone 6sのiOS 10.2.0のGeekbench 4のスコアをカーネル密度推定によってグラフ化したもの。スコア2500弱に鋭いピークがあり、iPhone 6sのベンチマークスコアが2500前後で安定していることがわかります。
    a01_m


    これに対して、iOS 10.2.1のiPhone 6sのスコアでは、「1000」「1400」「1700」「2200」に山が現れ始め、ベンチマークスコアにばらつきが生じ始めているのが確認できます。
    a02_m


    iOS 11.2.0ではピークはより明確になり、5つの極大値を持つグラフが完成。つまり、iPhone 6sは5種類のCPU性能に分類されることが明らかになっています。
    a03_m


    「iOS 11によってiPhone 6sのパフォーマンスが低下した」というユーザーの声が、ベンチマークスコアの統計から明らかになったわけですが、GeekbenchはiPhone 7についても同じような統計を明らかにしています。

    iOS 10.2.0のiPhone 7端末のベンチマークスコアは3400前後に鋭いピークがあります。
    b01_m

    iOS 10.2.1では、ピークは2つ確認できますが、性能差はベンチマークスコアが3300から3600の範囲内に収まっています。
    b02_m


    しかし、iOS 11.2.0ではより低いベンチマークスコアにピークが現れ始めています。この現象はiPhone 6sのiOS 10.2.1とそっくりだとGeekbenchは指摘しています。
    b03_m

    GeekbenchはiPhone 6sのiOS 10.2.0とiOS 10.2.1とを比較することで、「iPhoneの性能が低下するのはiOSのソフトウェア都合によるものだ」と結論づけています。iOS 10.2.0とiOS 10.2.1というリリース時期が極めて近いソフトウェア間で明確な差が出ている以上、ハードウェアの劣化という物理的な障害が原因だとは考えづらいというわけです。

    今回の結果から、iPhoneが古くなるにつれてベンチマークスコアが悪化する傾向にあるのがわかりました。そして、Redditで指摘されている、「iPhone 6sが予期せぬシャットダウンを起こすというバグは、バッテリー交換プログラムによっても修正できなかったため、AppleはCPU性能を意図的に落とすことでシャットダウンを防ごうとしている」という指摘と親和性を持つ結果だと言えそうです。

    ただし、これまでのところ「突然のシャットダウン」不具合が報告されていないiPhone 7についてもAppleがiOS更新を通じてパフォーマンスを低下させているように見える点は注目に値します。「最近、iPhoneの動きが遅くなったってきたなぁ」と感じるiPhoneユーザーが、「バッテリーが劣化しているからだ」と考えるのではなく「iPhoneが劣化しているからだ」と考えれば、ユーザーのiPhoneの買い換え行動を促すことになるためではないか?とGeekbenchは指摘しています。


    【【悲報】Appleが古いiPhoneの性能を落としていることがベンチマーク統計から明らかに!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ハンバーグタイカレー ★ 2017/11/22(水) 22:05:34.87 ID:CAP_USER9
      砂糖の取りすぎの有害性について指摘しようとした研究を、米国の砂糖業界が50年前に打ち切り、結果を公表しなかった――。こんな経緯を明かした論文が21日付の米科学誌「プロス・バイオロジー」(電子版)に掲載された。業界が利益を守るために否定的な研究を隠すことで、長期間にわたり消費者をだましてきたとしている

     米カリフォルニア大サンフランシスコ校の研究者が、米イリノイ大などに保管されていた業界団体「糖類研究財団」(現・砂糖協会)の内部文書を調べ、明らかにした。

     論文によると、でんぷんの炭水化物に比べ、砂糖は心臓に有害だとする研究発表が1960年代に出始めた。懸念した財団幹部が68年、英バーミンガム大の研究者に資金提供して、ラットで影響を調べたところ、砂糖の主成分のショ糖を与えると、動脈硬化と膀胱(ぼうこう)がんにかかわる酵素が多く作られることが分かった。腸内細菌の代謝により、コレステロールや中性脂肪ができることも確認できそうだった。

     研究者は確証を得るため、研究の延長を求めたが、財団は資金を打ち切り、成果は公表されなかったという。70年の内部報告で、当時の幹部は「研究は業界にとって有益で意義のある情報を引き出すべきだ」と述べ、有害性を示唆した研究の価値は「無」だとしている。

     今回の論文について砂糖協会は「50年前の出来事について、推測と仮定をまとめたものだ」と批判。研究の存在は認めつつ、予算や期限が超過したため打ち切られたとしている。(ワシントン=香取啓介)

    【砂糖の有害性、業界団体が50年隠す? 米研究者が調査… 砂糖協会はこの発表を批判】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [US] 2017/11/11(土) 21:17:52.10 ID:2IeWMTkH0 BE:479913954-2BP(1931)
    【上海=原島大介】中国インターネット通販最大手、アリババ集団は、11日の大規模な「独身の日」セールの総取引額が、午後1時(日本時間午後2時)に 2016年実績の1200億元(約2兆円)を上回ったと発表した。最終的に1500億元の大台を超えるかに注目が集まる。
    →1682億元 (約2.9兆円) に到達
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23384800R11C17A1000000/?nf=1


    楽天の2016年1年間の流通総額は3兆95億円
    アマゾンの日本における2016年1年間の流通総額は 約1兆8500億円

    【中国「独身の日セール」大盛況 たった12時間でAmazonの日本における年間の売上を超えてしまう】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: シャチ ★ 2017/11/15(水) 16:26:29.66 ID:CAP_USER9
    ドーナツの売り上げが低迷しているミスタードーナツが、パスタやピザなどを販売すると発表した。

     ミスタードーナツは100円セールなど安売りセールのしすぎで、2008年から売り上げが下がり続けている。
    そのため、ドーナツ以外の商品を大幅に増やすことを発表した。17日からは、トーストやパイなど11の商品を、さらに12月以降はパスタやピザも販売する予定。

     ミスタードーナツはドーナツ以外の商品の売り上げをこれまでの7%から15%まで引き上げ、コンビニやファストフードに対抗したい考え。

    日テレ
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20171115-00000056-nnn-bus_all

    【【飲食】売上低迷のミスタードーナツ、パスタやピザなどを販売へ】の続きを読む

    このページのトップヘ