カテゴリ: 懐古・時事ネタ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@涙目です。(三重県【緊急地震:北海道東方沖M6.1最大震度3】)@無断転載は禁止 [NZ] 2017/06/28(水) 21:08:59.32 ID:LhHtkXba0 BE:738128771-PLT(13333) ポイント特典
    マンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)が今年で創刊50周年を迎えることを記念して、同誌の歴史の中で記念、記録、記憶に残った過去の「ジャンプ」を、内容をそのままに復刻した「復刻版 週刊少年ジャンプ」が発売されることが、明らかになった。復刻版は、2冊セットで、7月15日から3カ月連続で発売予定。第1弾の「パック1」は、1968年7月11日発売の「創刊号(1号)」と、653万部と最大の発行部数を記録した「1995年新年3・4合併号」のセットとなっている。価格は各833円(税抜き)。

     「パック1」の創刊号には、70年代にアクションマンガとして大ヒットを記録した「ワイルド7」の作者・望月三起也さんの「ドル野郎」や、楳図かずおさんの時代劇ホラー「手」、赤塚不二夫さんのギャグマンガ「大あばれアパッチ君」、永井豪さんの「ハレンチ学園」の読み切り版などを収録。また、最大発行部数を記録した「1995年新年3・4合併号」には、全編フルカラーの「SLAM DUNK」や、ロングポスターも付いている「DRAGON BALL」、また「DRAGON QUEST - ダイの大冒険-」「キャプテン翼」などの人気連載作品が掲載されている。

     8月12日には「ジョジョの奇妙な冒険」連載開始号である「1987年新年1・2号」と、「ONE PIECE」連載開始号である「1997年34号」の2冊セット「パック2」が発売。9月16日には「北斗の拳」の名ぜりふ「わが生涯に一片の悔いなし!!」が登場した「1986年26号」と、「DRAGON BALL」の名ぜりふ「クリリンのことかーっ!!!!!」が登場した「1991年21・22合併号」の2冊セット「パック3」が発売される。

    https://mantan-web.jp/2017/06/27/20170627dog00m200010000c.html
    002_size6
    003_size6
    005_size6
    006_size6
    007_size6
    008_size6

    【週刊少年ジャンプ、過去人気の「ジャンプ」をそのまま復刻販売 2冊セットで833円(税抜)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2017/06/26(月) 08:26:18.68 ID:tWHFyVnW0
    今のマクナル「クポーン使っててりやき270円!フィレオフィッシュ270円!」

    【昔のマクナル「ハンバーガー63円!てりやき100円!フィレオフィッシュ100円!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2017/06/23(金) 00:45:06.98 ID:8VhZCHxMp
    今や知らんやつも多いんやろうなぁ…

    【【ニコニコ】組曲「ニコニコ動画」投稿から10年で、1000万再生突破【動画】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2017/06/12(月) 22:30:36.80 ID:rJem1pYS0
    さすが恵体板やなぁ

    【ワイ「50m走7秒切れんかったわw」 ???「ワイは6.9秒」 「6.0」 「5.8」 「4.9」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ののの ★ 2017/06/20(火) 19:36:41.61 ID:CAP_USER
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ20HDC_Q7A620C1000000/

    日本経済新聞 電子版

     AV(音響・映像)機器で知名度が高かった「aiwa(アイワ)」ブランドが復活することになった。ソニーがもっていたブランド使用権を他社が使い、日本で発売するという。アイワは手の届きやすい価格帯で学生などに人気があったため、当時親しんだ世代を中心にネット上で話題になっている。実は最近、日本の家電・AVブランドの復活が相次ぐ。地域を絞ったり、高額品に特化したりと手法は様々だ。

    ■ブランド復活進めるパナソ…

    【【朗報】ブランド復活続々 アイワ、SANYO、ビクター…】の続きを読む

    このページのトップヘ