カテゴリ: 社会

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@おーぷん 2017/06/12(月)09:33:49 ID:Lzl
    ◯◎◯◯◯ ←真っ先に◎の位置に座る奴とか

    ◯◯◯◎◯◯◯ ←◎の位置に座る奴って

    絶対に仕事出来ないよなw

    【5人掛け椅子に誰も居ない状態でさ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ノチラ ★ 2018/01/05(金) 11:45:30.48 ID:CAP_USER
    ライター業の伊藤光太さん(28)はパソコンのモニターをスカイプに切り替えてグラスにビールを注いだ。「これで飲み会するんです」。友人と画面越しの談笑が始まった。

     埼玉県春日部市の自宅は70代の父親が27年前に購入。伊藤さんが生まれた1989年、父親はサラリーマンとして好景気を謳歌した。郊外に一戸建て、という昭和世代の夢の結晶がこの家だ。

     最近、父親は通販番組にはまっている。季節外れで大特価になった…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25273620R31C17A2000000/

    【平成世代はモノより「いいね」が欲しい?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2018/01/04(木) 14:36:39.21 ID:CAP_USER
     2017年、世界のスタートアップ企業の関係者の度肝を抜いたのがソフトバンクグループだった。孫正義会長兼社長がサウジアラビアなどと設立した10兆円規模の「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」は、米シリコンバレーを中心に次々と大型投資を決めた。だが、孫氏はそれも「助走でしかない」と豪語する。孫氏は胸中に秘めた100兆円ファンド構想とその真意を、記者だけに明かした。
    9695

     「10兆円でも全然足りない。あと2年もすれば使い切るよ。これは第1弾でしかない」。こう言う孫氏が口にしたのが100兆円ファンド構想だった。孫氏得意の大ぼらではなく「僕は今、その実現に一番時間を使っているんだ。まあ、近々分かりますよ」と言う。

    ■勝ち馬を狙う

     孫氏が17年に設立した10兆円ファンドは、世界中のスタートアップへの年間投資額に匹敵する規模だ。次々と繰り出した投資は1社あたりざっと1000億円。米ウーバーテクノロジーズのように1兆円規模の案件も存在する。

     まさにケタ違いだが、孫氏は共通項があると言う。狙うのは株式非公開企業。例外もあるが、スタートアップがターゲットになる。投資するのは資金調達の「第3ラウンド」あたりだ。
    96958A9

     孫氏のスタートアップ投資では、米ヤフーや中国アリババ集団など、ビジネスを始めたばかりの「金の卵」を狙い撃ちしてきた。だが、10兆円ファンドは「勝ち馬になることが見えたところで投資する」。これが第3ラウンドの意味だ。「成功確率が高い分、資金がたくさん必要になる。お金の規模自体が勝負のための重要な要素になる」

     ただ、一貫しているのは、投資を決める基準として起業家の資質を見極めている点だ。

     「大きな市場に打って出るビジョンとトップのエンジニアを集められるリーダーシップ」があるかどうか。「リーダーである起業家は、専門家である必要はない」というのが孫氏の考えだ。

     「だって、自分が一番の専門家だと思うと自分より優れた人物を認められなくなり、(企業の成長の)ボトルネックになることもあるでしょう」

     では、なぜファンドなのか。そう問うと孫氏は記者に逆質問してきた。

     「織田信長が他の武将と決定的に違うのが何だか分かりますか」

    続きはソースで 

    【【投資戦略】孫氏「10兆の次は100兆」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: スターダストレヴァリエ ★ 2018/01/02(火) 23:27:31.32 ID:CAP_USER
    世界の自動車メーカーが次世代の技術として自動運転の開発を急いでいますが、ことしはドライバーがハンドルから手を離した状態でも走行が可能な「レベル3」と呼ばれる技術が海外で実用化される見通しです。

    自動運転の技術は5つの段階に分類され、このうち実用化されているのは衝突を回避する自動ブレーキや渋滞時に前の車に自動で追従する機能など、ドライバーの運転を支援する「レベル2」までの技術です。

    ことしは、次の段階のレベル3の実用化が焦点となっていて、ドイツの「アウディ」は高速道路でドライバーがハンドルから完全に手を離した状態でも走行が可能な車をドイツで発売する方針です。
    会社によりますと、こうした走行はまだドイツ以外の国では認められておらず、レベル3の実用化は世界で初めてになるということです。


    続きはソースで
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180102/k10011277301000.html

    【【自動運転】海外ではハンドルから手を離した状態でも走行可能な「レベル3」が実用化される見通し】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@おーぷん 2017/12/16(土)09:41:44 ID:m1G
    死亡事故に発展する恐れがある「あおり運転」など悪質で危険な運転が社会問題化しているとして警察庁は15日までに、車を使って暴行事件を起こすなどして将来的に事故を発生させる可能性があると判断した運転者に対し

    【交通違反による点数の累積がなくても最長180日間の免許停止ができる道交法の規定を適用して防止するよう】

    全国の警察に指示
    した。

    あおり運転を巡っては、神奈川県の東名高速道路で6月、ワゴン車の夫婦が後続車にあおられて停止させられた後、大型トラックに追突され死亡する事故が発生。
    同様の危険運転が相次いでいる実態も明らかになったことから、対策が急務となっている。

    https://this.kiji.is/314378278020482145

    【あおり運転、一発で180日の免許停止に】の続きを読む

    このページのトップヘ