カテゴリ: 政治・経済・企業

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ニライカナイφ ★ 2017/06/27(火) 18:42:57.25 ID:CAP_USER
    東芝の冷凍冷蔵庫「VEGETA(べジータ)」が今夏、「ドラゴンボール」のべジータとコラボすることが決定。
    7月3日から「夏の野菜レシピ大募集キャンペーン」と「リツイートキャンペーン」を開始します。

    ややこしいコラボ第2弾がスタート
    miya_170626vegetaxvegeta01


    2016年12月に行われたコラボの第2弾で、前回と同様に野菜を使ったレシピを募集。
    調理した野菜料理のレシピとともに写真をハッシュタグ「#東芝ベジータ夏レシピ」を付けて、TwitterまたはInstagramで投稿した人の中から抽選で30人に「旬の野菜+果物セット」がプレゼントされます。
    応募の際には、キャンペーン公式Twitterアカウント(@toshiba_vegeta)またはInstagramアカウント(@toshiba_vegeta)を事前にフォローする必要があります。

    告知チラシには野菜を持つベジータの姿が
    l_miya_170626vegetaxvegeta03

    またもう一つの「リツイートキャンペーン」では、公式Twitterをフォロー後に指定のツイートをリツイートすることで応募が可能。
    こちらでは毎週7人に「オリジナル ベジータグッズ」が当たります。
    期間はどちらも9月30日までで、詳細などは7月3日に公開される公式キャンペーンサイトにて確認できます。

    当選賞品はキャンペーンによって違います
    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1706/27/news047.html

    【東芝の冷蔵庫「VEGETA」がドラゴンボールの“ベジータ”とのコラボ企画を実施】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ノチラ ★ 2017/06/24(土) 12:28:15.13 ID:CAP_USER
    ジョブズを失ったアップルが犯した最大のミスは何だろう──。質問サイト「Quora」に寄せられた疑問にテクノロジーライターのGlyn Williamsが回答した。

    スティーブ・ジョブズ亡き後、アップルが犯した最大の過ちは、パワーユーザーの取り込みに失敗したことだろう。アップルの製品には、ハイエンド・ワークステーションと呼べるマシンがもはや存在しない。

    その形状からゴミ箱と揶揄されるMac Proは、拡張性に乏しくユーザーから不評を買っている。iMacは最もパワフルなモデルですらデスクトップクラスのGPU性能を実現できていない。アップルのロイヤルユーザーの中にはVFX(視覚効果)やゲーム開発、VRなどの関係者が多く居るが、彼らの需要に応えるマシンが無いに等しいのだ。

    一般的なソフトウェアの開発者の間でも、ハイエンドマシンに対する需要は大きい。これらのパワーユーザーは、裕福で影響力も大きいが、アップルは彼らのニーズに合ったマシンの開発を止めてしまったのだ。

    短期的な収益を考えるとアップルの判断は決して間違っていない。ハイエンド・ワークステーション事業がアップルの業績に与える影響は軽微で、ROIもスマホや一般コンシューマ向けPC、スマートウォッチなどと比べて遥かに低いのが実情だ。また、エンジニアたちは最も収益に影響を及ぼすマス市場向けマシンの開発にリソースを集中することができる。

    しかし、自動車メーカーがF1に参戦する理由を考えれば、アップルの戦略が大きな誤りであることがわかる。

    記事の続きを読むには無料会員登録が必要です。
    https://forbesjapan.com/articles/detail/16691

    【ジョブズ亡きアップルが犯した「最大の過ち」とティム・クックの限界】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ノチラ ★ 2017/06/22(木) 12:54:42.63 ID:CAP_USER
    トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」は、注目を集める新車品質調査で業界平均を下回る結果となった。一方、日本やドイツのブランドを追い上げている韓国の自動車メーカーは一段と勢いづいた。

    レクサスはJDパワーの初期品質調査で32ブランド中15位と、昨年の7位から後退した。2012年は首位だった。韓国の起亜自動車は2年連続でトップとなり、現代自動車の高級ブランド「ジェネシス」は2位。

    レクサスの後退傾向は数年にわたっている。米国の高級車販売台数で首位に立ったこともあったレクサスだが、今回のオーナー調査では、電子システムの複雑さなどに悩み保有後3カ月以内に問題を報告したケースは100台当たり98件に上った。業界平均は97件と、1年前の105件から改善した。
    -1x-1
    -1x-12
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-06-22/ORX7KG6JIJUO01

    【【車】レクサス、米の品質調査結果で業界平均下回る 韓国ブランドが躍進】の続きを読む

    このページのトップヘ