カテゴリ: 政治・経済・企業

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ニライカナイφ ★ 2017/10/20(金) 23:54:53.68 ID:CAP_USER
    米ドナルドトランプ大統領が提案したアメリカとメキシコ間の国境に塀を作るという案。
    その塀のプロトタイプがカリフォルニア州サンディエゴにて建設された。

    当初予定していた塀の高さは18フィート(5.5メートル)だったが、倍近い高さの9メートルの塀となった。
    ドナルドトランプの「絶対超えることができない十分な高さ」の発言通り、高い塀がアメリカとメキシコ間に作られようとしている。

    このプロトタイプの塀は8個建てられており、内4つがコンクリート、残りは鋼とコンクリートを混ぜたものとなっている。
    ロープやはしごを使っても容易に超えれる高さではないのがわかるだろう。
    更に金釘まで打ち込まれており、不法侵入を試みるのはかなり困難だという。

    今月末までに完成させ、米税関国境警備局が精密な評価を経て、施工業者を選定する。
    米税関国境警備局の支部責任者は「第一に超えにくいこと、第二に貫通は絶対に無理なこと、そして地下にトンネルを掘っても通過されないような構造にしなければならない」としている。
    これらの国境を作る予算は120億~150億ドル(1兆3000億~1兆6900億円)ほど掛かると推定されている。

    ■ 写真
    01-19
    02-14-768x575

    http://gogotsu.com/archives/34010

    【アメリカ・メキシコ国境に建設予定の塀が公開 当初予定の倍の高さに】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 芹沢健吉 ★ 2017/09/30(土) 00:29:29.68 ID:CAP_USER
    小池百合子東京都知事は9月29日の記者会見で、2020年にコミックマーケット(コミケ)などのイベントが開催できない可能性がある問題について言及し「5月の1日から5日までの間、コミケ関連で使えるように調整をしている」と語った。

    コミケは例年東京ビッグサイトで開催。
    しかし、同所は2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックでメディアが使用するスペースとなるため、2020年はコミケを始めとするイベントが開催できないのではないかと危惧されていた。

    東京ビッグサイトが使用できない問題について小池知事は「特にコミケといわれるコミック関係のイベントはいつも大変な賑わいとなっている」と前置きした上で、「西の展示棟を調整し、平成32年(2020年)の5月1日から5日までコミケ関連で使えるよう関係者と調整している」「大変なファンのいるイベントであり、オリンピックだけでなくいつもの方々にお使いいただけるような工夫をしております」と語った。


    【【東京五輪】小池知事「東京ビッグサイトがコミケ関連で使えるように調整している」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ノチラ ★ 2017/10/17(火) 22:21:19.04 ID:CAP_USER
    日本は長い間、誠実さ、確実な品質、製品の信頼性において輝ける手本となっていた。
    しかし神戸製鋼のデータ改ざんをめぐる不祥事が深刻化するにつれ、「メイド・イン・ジャパン」ブランドの輝きがさらに曇る可能性がある。

    神戸製鋼の問題は今月8日、同社が200社以上に納入していた一部の製品について、品質、強度、耐久性についてデータ改ざんがあったことを認めた時に始まった。納入先には、ボーイングや日産、トヨタが含まれている。

    神戸製鋼は13日、出荷先が500社に増えたと述べた。この一件で同社の時価総額は今週、約18億ドル(約2000億円)消失した。

    しかしここ6年ほどで不正や不祥事を認めた日本の大手企業は少なくとも6社に上っており、なぜこのようなことが起こり続けるのか、日本には制度的な問題があるのか、といった疑問の声が上がっている。

    「手抜きという手段」
    1990年代以降長期間にわたって続く経済成長の鈍化が、大きな要因となっていると専門家は指摘する。この鈍化により、日本企業はビジネス・モデルの変更を余儀なくされており、それがこのような問題を引き起こしているようなのだ。

    「大企業はかつて、安定的で予測可能な成長市場に身を置いていた。しかし状況が変わり、一部の企業は手抜きという手段に訴えた可能性がある」と指摘するのは、都内に拠点を置く独立系リサーチ会社ジャパン・マクロ・アドバイザーズの社長でチーフ・エコノミストの大久保琢史氏だ。

    20年前まで、日本企業は成長戦略に注力していた。しかし日本では、これほど力強い経済成長はもはや望めないと気づいたことで、企業は再建、経費削減、極限までの合理化を進めざるを得なかった。

    富士通総研のマルティン・シュルツ上席主任研究員はBBCに対し、このような痛みを伴う調整に際し、「新しい競争のルールに適応する」のに苦労している企業もいると語った。

    効率性の向上を追求する姿勢から、経営陣は好調な業績を示すのに必死になり、それが時には品質管理の限界を試すところにまで行ってしまっている、とシュルツ氏は説明する。
    さらに、中核社員や管理職者がギリギリまで追い込まれ、過労や不正につながるケースも中にはあるというのだ。

    しかし利潤を押し上げるために海外で新規市場の開拓を必要としていることで、日本企業にとってまた別の問題が、海外支社を中心に起こっている

    ザ・エコノミスト・コーポレート・ネットワークの北東アジア・ディレクター、フローリアン・コールバッハ氏は、一部の企業は、運営を指揮した経験のある管理者が十分いないのに、海外事業の拡大を急ぎすぎたと指摘する。

    不正行為の発見
    神戸製鋼でのデータ改ざんの前には、日産自動車と三菱自動車による燃費不正問題や、欠陥エアバッグで6月に民事再生法の適用を申請した自動車部品メーカーのタカタなどの不祥事が相次いでいた。タカタは死者16人と多数の負傷者を出し、世界規模でのリコールとなった。

    わずか2週間前には、無資格の従業員が完成検査を行っていたとして日産自動車が自動車120万台のリコールを発表したばかりだ。

    さらに、エレクトロニクス大手の東芝は、利益の水増しという不正会計問題で今でも揺れている。


    【【改ざん、燃費不正、不正会計】日本企業に一体何が起こっているのか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [FR] 2017/10/11(水) 20:01:31.30 ID:xqprtZP+0 BE:123322212-PLT(13121) ポイント特典
     ユニー・ファミリーマートホールディングス(HD)は11日、「ファミリーマート」への統一を進める「サークルK」「サンクス」の
    店舗295店を追加で閉めると発表した。これまで不採算の約370店を閉めるとしていたが、不採算店の整理を加速させる。

     ファミマに転換せず閉める店舗は来年2月末までに計660店超になる。ユニー・ファミマの高柳浩二社長は11日の決算
    会見で「赤字の店を積極的に閉めて、将来の懸念を払拭したい」と話した。追加の閉店は、ファミマに転換しても売り上げが
    好転する見込みのない店舗が対象だという。

     ファミリーマートは来年8月までに「サークルK」「サンクス」の5千店規模をファミマの看板に統一する方針だ。

     この日発表したユニー・ファミマの2017年8月中間決算(国際会計基準)は売上高が6336億円、営業利益が334億円だった。
    単純比較はできないが、統合前の旧2社の業績を合算したベースで比べると、売上高は0・2%減、営業利益は11・7%減だった。
    追加の閉店で、当初の想定より特別損失が増えるため、18年2月期の営業利益見通しを4月時点より83億円少ない329億円に
    下方修正した。
    http://www.asahi.com/articles/ASKBC574HKBCULFA01G.html

    【ファミマ、「サークルK」「サンクス」約660店を閉店へ ファミマに変えても儲からないため】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: おぼろ ★ 2017/10/11(水) 17:04:12.05 ID:CAP_USER9
     先週発表された「Google Home Mini」の一部にバグがあったらしく、不定期に音を記録して、その録音データをGoogleのサーバに送信する問題が少数の端末で発生していた。Googleは米国時間10月10日、この問題を修正するソフトウェアアップデートを7日にリリースしたと述べた。

     Google Home Miniは初代「Google Home」と同じ機能を提供し、ユーザーは「OK, Google」という音声命令を使って、このデバイスとの対話を開始することができる。本体上部を長押ししてアクティベートすることも可能だ。

     この問題を発見したのは、Android Policeの創設者であるArtem Russakvoskii氏。同氏は、レビュー用の端末が本体上部への「幻の」タッチ操作を認識して「1日に何千回も」起動し、Googleに録音データを送信していることに気づいた。Google Home Miniのタッチアクティベーション機能を無効化するソフトウェアアップデートによって、この問題は解決された。

     Googleはサポートページの中で、「この問題が少数のGoogle Home Miniに影響し、タッチメカニズムの不適切な挙動を引き起こしていることを認識している。この問題を解消するため、10月7日にアップデートを提供した」「アップデート適用後も問題が解消されない場合は、Google Support(1-855-971-9121)に電話して、Google Home Miniの交換手続きをしてほしい」と述べた。影響を受けたのは、4日の「Made by Google」イベントで配布されたデバイスのみであり、先行予約分に影響はないという。

    この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。
    https://japan.cnet.com/article/35108585/

    【スマートスピーカー「Google Home」 勝手に録音してデータをサーバに送信する「バグ」が判明!】の続きを読む

    このページのトップヘ