カテゴリ: 海外

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: すらいむ ★ 2019/03/14(木) 13:50:34.40 ID:IzrGivLz9
    セクシー過ぎると話題のコアラがこちら
    c7bd9_1188_a157f68a_4b53d6f5


     とあるコアラが、「世界で最もセクシーなコアラ」と呼ばれ話題を呼んでいる。

     これは、オーストラリアの動物園、カランビン・ワイルドライフ・サンクチュアリーに住むローグと名付けられたオスのコアラを、イギリス人写真家、ロス・ロングさんが撮った物。
     魅惑的なポーズをとり、こちらを見つめるそのセクシー過ぎる佇まいが注目を集めている。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    AOLニュース
    http://news.livedoor.com/article/detail/16158400/

    【【どうぶつ】セクシー過ぎるコアラが激写される】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/03/08(金) 14:37:44.04 ID:CAP_USER
    1393293
    1393301

    テスラ(Tesla)は3月6日、独自の急速充電ネットワーク、「スーパーチャージャー」の充電性能を引き上げた「V3スーパーチャージング」を発表した。

    テスラは2012年、独自の急速充電ネットワーク、スーパーチャージャーの整備を開始した。以来、世界中のテスラ車のユーザーが、快適に長距離ドライブを楽しめるよう、スーパーチャージャーの整備を進めてきた。現在、全世界のスーパーチャージャーのネットワークは、1万2000か所を超えている。

    V3スーパーチャージングは、テスラが持つグリッド接続バッテリーのノウハウを生かして開発された。テスラによると、現在の他社のどのEVよりも、早く充電することを可能にするという。

    V3スーパーチャージングでは、最大出力250kWで急速充電することが可能。また、充電の開始前に、バッテリーを予熱する技術も導入する。これにより、充電時間はおよそ15分に短縮される。

    たとえば、『モデル3』の「ロングレンジ」グレードの場合、5分で最大75マイル(約120km)走行分のバッテリー容量を充電できる。テスラによると、顧客が充電に要する時間を平均50%削減するという。

    テスラはV3スーパーチャージングを、まずは4月に北米において、サービスを開始する予定。2019年内には、欧州とアジア太平洋地域にも導入する計画だ。

    レスポンス(Response.jp)
    https://response.jp/article/2019/03/08/319892.html

    【【EV】テスラ、新急速充電「V3スーパーチャージング」発表 充電時間を約15分に短縮 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 田杉山脈 ★ 2019/03/13(水) 11:51:25.92 ID:CAP_USER
    アップルが3月25日に発表会を開くことを明らかにした。発表されるのは、これまでにも噂されてきたサブスクリプションサーヴィスになる可能性が高い。すでに大物タレントたちと契約して独自番組の製作を本格化させているアップルだが、いったいどんなサーヴィスになるのだろうか?

    公式発表だ。アップルは以前から予想されていたイヴェントを3月25日(米国時間)に開催し、もうすぐ登場するストリーミングとメディアのサブスクリプションサーヴィスの詳細を明らかにする。同社にとって今年最も重要な発表になることは、ほぼ間違いない。

    アップルはサブスクリプションサーヴィスに対する野心をもっているが、その大半は空白のままになってきた。イヴェントのプレゼンテーションでは、同社幹部から詳しい説明があるに違いない。

    アップルはすでに、オプラ・ウィンフリーやM・ナイト・シャマラン、リース・ウィザースプーンなどの大物と契約を結んでいる。クリス・エヴァンスやジェニファー・ガーナー、スティーヴ・カレルも自社制作番組に引っ張り出した。

    このプロジェクトには少なくとも10億ドル(約1,113億円)が投じられる。アップルの予算規模からすればわずかではあるが、その目的の重大さを示すには十分な額だ。しかし、それ以上の何があるのか? 同社が何を計画しているのか、本社にいる一部の人々のほかには誰も知らない。

    「なにも情報がありません。想定価格やビジネスモデルもわからないのです」と、フロスト&サリバンのストリーミングメディア・アナリストのデイ・レイバーンは言う。「アップルがいったい何をしているのか、今度こそわかるはずです」

    内容のヒントは決算発表にあり
    その可能性は広範囲にわたる。サーヴィス開始時点でどのような番組や映画が見られるのか、どのくらいの頻度で新作がライブラリーに追加されるのか。単体のサーヴィスになるのか、それとも「Apple Music」や「Apple News」も包含する、より大規模なサブスクリプションになるのか。

    ターゲット層は? 「iPhone」や「iPad」、そして「Apple TV」のユーザーに対する無料サーヴィスは? そのコンテンツ・サブスクリプションを使って、ユーザーを「Apple Pay」などの自社サーヴィスに誘導するのか──。

    最高経営責任者(CEO)のティム・クックが詳細について最も具体的に言及したのは、最新の業績発表だった。それも、疑問に対する答えにはほど遠い内容だった。

    「わたしたちは独自コンテンツの世界に参入します」と、そのときクックは宣言した。「わたしたちはオプラと複数年のパートナー契約を結びました。しかし本日のところ、それ以上のことを話す準備は整っていません。わたしが絶大なる信頼を置く素晴らしい人材も数人雇いました。彼らは本当に一生懸命に働いてくれています。そのうち、このことについてより詳しい話ができるでしょう」

    サーヴィスビジネスを強化する意味
    この「そのうち」の日程が決まった。しかし、アップルが3月25日にどんな詳細を発表するにせよ、それはわたしたちの好奇心をしずめるためだけに重要なのではない。その発表内容はアップルの将来にとっても重大な意味をもつだろう。同社は減少しつつあるiPhoneの収益を補完するため、サーヴィスビジネスへの期待を徐々に膨らませているからだ。

    iPhoneは突然人気がなくなったわけではない。アップルの収益全体に占めるシェアは、まだ3分の2近くもある。しかし、スマートフォンはとっくの昔にコモディティー化してしまった。スマートフォンを新機種に買い換える頻度は少なくなり、毎年発表される新製品も本物のブレークスルーというよりは、同じような機能の繰り返しと微調整にすぎない。

    iPhoneのブレークスルーがどのようなものになるかでさえ、少なくともアップルに折りたたみ式スマートフォンの新基軸の準備が整うまでは不透明だ。それも、今後2年はお目にかかれそうもない。最新の四半期においてiPhoneの売上が前年比19パーセントの減少となったのも、不思議ではない。

    アップルのその他のハードウェアのラインナップは、それほど助けにはなっていない。コンピューターやタブレット端末やスマートウォッチについて、今年期待できる最もエキサイティングな進歩は何だろうか? 延び延びになっていた「iPad mini」のアップデートだろう。


    【アップルが3月25日に発表する「まったく新しい何か」の中身について】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@涙目です。(大阪府) [US] 2019/03/12(火) 12:52:32.68 ID:syI2nZqB0● BE:121394521-2BP(3112)
    【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の複数のメディアは12日、「完全な非核化」に乗り出す姿勢を一斉にアピールした。
    2月末にベトナム・ハノイで開かれた2回目の米朝首脳会談が物別れに終わった後、北朝鮮メディアがこうした立場を示すのは初めて。

    対韓国宣伝用ウェブサイト「わが民族同士」は、「新世紀の求めに沿う(米朝)両国間の新たな関係を樹立し、朝鮮半島に恒久的で強固な平和体制を構築し完全な非核化へと進もうとすることは、われわれの確固たる立場」と強調。2回目の米朝首脳会談に関しても「今後も緊密に連携し、ハノイの首脳会談で議論された問題の解決に向け生産的な対話を続けていくことにした」と、対話に意欲を示した。

    別の宣伝用メディア「朝鮮の今日」も同じ内容を掲載した。また、前日には海外広報用週刊紙「統一新報」が米朝首脳会談を高く評価した。

     ベトナムから戻った金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)は公の活動を再開し、経済に総力を挙げる姿勢を打ち出している。
    これらを踏まえると、北朝鮮内部で米朝首脳会談後の方向性がある程度定まったとの観測も出ている。

    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190312001400882?section=nk/index

    【北朝鮮「非核化しようカナ。。。 こんな気持ちになったのはぢめて。。。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2019/03/09(土) 21:20:44.00 ID:03d92m+E0
    【ロンドン=広瀬誠】英ウィンチェスター刑事法院は15日、スカイダイビングのパラシュートに細工をして妻を殺害しようとしたなどとして殺人未遂罪に問われた男に対し、18年間仮釈放なしの終身刑の判決を言い渡した。実際に妻は、英南部で約1200メートルの高さから飛び、パラシュートが十分に開かず地上に落下したが、奇跡的に重傷で済んだ。
     判決などによると、男は元陸軍軍曹のエミル・シリアーズ被告(38)。シリアーズ被告は2015年4月、保険金目的で妻を殺害するため、妻が使うパラシュートの部品を取り外すなどの細工をした。妻はスカイダイビングの経験が豊富だった。


    【女さん「スカイダイビング楽しいなっ♪……ってファッ!? パラシュート壊れてるンゴォォォ!」】の続きを読む

    このページのトップヘ