2017年11月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2017/11/25(土) 14:59:32.79 ID:CAP_USER9
    衆議院選挙でも言及する党が現れた「ベーシックインカム」ですが、いまいち、関心は高まっていません。実験的に導入された国もあれば、国民投票で否決されたところも。過去には、支給額が高すぎて人々が働かなくなってしまった例まで……。いったい、いくらが適正なのか? 国内の議論に足りないものとは? 専門家に聞きました。

    ■「AIからBIへ」スローガンに欠けていたこと

     話を聞いたのは、駒沢大学准教授の井上智洋(ともひろ)さんです。

     井上さんは、まず「ベーシックインカム」が日本では「全然、知られていない」と言います。

     今回の衆院選で、一部、注目されましたが「注目のされ方が悪かった」と指摘します。

     「希望の党の小池百合子代表が『AIからBIへ』というスローガンを訴えていました。しかし、選挙で言及するには、財源についてもう少し煮詰める必要があると感じました」

     井上さんは、小池代表が発言したのにもかかわらず、全国的な広まりを見せなかった原因として「準備不足とリアリティーのなさ」を挙げます。

    ■誰が得して、誰が損する?

     井上さんは「ベーシックインカム」について、財源を抜きに議論はできないと強調します。

     「ベーシックインカムの財源は主に税金です。そして、財源についての問いの立て方が大事になってきます」と指摘します。

     「必要な制度であれば、税金をとってやればいい。でも、税金を取られるのはみんな嫌がります。税金を払う『損』とベーシックインカムによる『得』の差し引きを考える必要があります」

     井上さんの計算では、平均的な所得をもらっている人にとって、その「差し引き」はあまり変わらないそうです。一方、平均より低い所得の人は、得が大きくなります。

     そして、平均より高い所得、つまり、お金持ちは損の方が大きくなります。

     「ベーシックインカムは一つの社会保障制度なので、基本的な考えは、お金持ちから低所得層へ富の再分配です」

     その上で、井上さんは、所得税率の設定や税金徴収の姿勢など、お金持ちでも納得できるような方策を考えていくべきだと訴えます。

    ■導入されたら生活保護は…

     井上さんは、「ベーシックインカム」を導入する場合、失業手当や児童扶養手当などは廃止され「ベーシックインカム」に一本化されるべきだと考えます。
     
     その結果、生活保護は「最後の守り」として「めったに発動はしない」存在になります。

     生活保護の対象者は今よりも少なくなり、病気や障害などで「ベーシックインカム」の金額だけでは生活できない場合に限って支給されます。

    ■海外で高まる関心

     海外では「ベーシックインカム」への注目が高まっています。

     「ベーシックインカム」の世界大会「BIEN」(Basic Income Earth Network)は、2016年に韓国で開催され、2017年にはポルトガルで開かれました。

     フィンランドでは、実験的に導入されるなど、特にヨーロッパで「ベーシックインカム」への注目が高いそうです。

     そんな中、井上さんの目には「日本は弱者へ冷たい国」に映るそうです。

     「勤勉さなどを美徳にしてきたからでしょうか。もともと聖書にあった『働かざる者食うべからず』という言葉が、日本で社会保障の話をする時に、よく出てきてしまいます」

    ■スイスの国民投票「私でも反対」

     一方、2016年にスイスで「ベーシックインカム」を巡る国民投票が行われ否決されました。

     その理由について、井上さんは「月額28万円という支給額が高過ぎた」と指摘します。

     「月額28万円では、財源が確保できず、財政が立ちゆかなくなります。ベーシックインカムを擁護する私でも反対しますよ。ここで失敗例を作ってしまったら、今後、ベーシックインカムが議論しにくくなりますから」

    >>2以降に続く

    withnews
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171124-00000003-withnews-bus_all&p=1

    【「ベーシックインカム」いくらが適正? スイスは「月28万円」 高すぎて「働かなくなった国」も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/24(金) 18:43:20.286 ID:u+HnjRPQ0
    電気は飛行に強い←かみなりで対空のイメージ?

    虫はエスパーに強い←気持ち悪いから気が散って集中できない的な?まぁこじつけられん事もない

    岩は飛行に強い←は???

    【「水は火に強い」←わかる 「ゴーストはノーマル無効」←わかる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: トト◆53THiZ2UOpr5 2017/11/21(火)20:59:18 ID:???
    ミニストップ、成人誌販売中止 18年から全2200店で

     ミニストップは国内のコンビニエンスストア全店で成人向け雑誌の販売を取りやめると発表した。コンビニ業界では初の試み。
    12月から本社のある千葉市内の43店で開始し、2018年1月に全国2245店に広げる。女性や子連れ客が来店しやすい店作りにつなげる狙いだ。

     取り扱いを中止するのは「各都道府県の条例で18歳未満への販売を禁じた雑誌類」など。写真週刊誌などは一部に扇情的な写真を含んでいても対象から外す。

    (下略)

    ※全文は日経新聞でご覧下さい。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23729580R21C17A1000000/

    【ミニストップ、成人誌販売中止 2018年から全2200店で】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 白夜φ ★ 2017/11/24(金) 23:36:03.93 ID:CAP_USER
    スカイツリー頂上は地上より時間が速く進むか? 実験へ

    東京スカイツリーの展望台にのぼると地上よりも時間が速く進む。これはアインシュタインの相対性理論から導かれる結論ですが、実際に超高精度の時計を東京スカイツリーに設置して、私たちが暮らす日常の空間で時間の進み方がどのくらい違っているのか調べようという実験を、東京大学などのグループが始めることになりました。
    この実験を行うのは、東京大学の香取秀俊教授らの研究グループです。
    アインシュタインの一般相対性理論では、時間の流れるスピードは重力の強さによって異なるため、地球の中心から離れれば離れるほど重力が弱まっていき、時間の進み方が速くなることが、理論上わかっています。
    しかし、こうした違いは私たちが生活する空間では、ごくわずかなため、実際にその違いを計ることは困難でした。

    研究チームは今の1秒の定義を決めている「セシウム原子時計」よりもさらに1000倍精度が高い超高精度の「光格子時計」の開発に成功していて、東京スカイツリーの1階と、450メートルの高さにある展望台の2か所に設置し、時間の進み方の違いを調べることにしています。
    光格子時計は、2台をそれぞれ1センチ高さが違う台の上においても時間の流れが違うことを検出できるほどの高い精度です。光格子時計を小型化して、研究室の外の日常生活の場で時間の流れを計るのは初めてで、香取教授は今月、東京スカイツリーを運営する東武タワースカイツリーと実験を行う確認書を交わしました。
    --- 引用ここまで 全文は引用元参照 ---

    ▽引用元:NHK NEWS WEB
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171124/k10011234621000.html

    ▽関連サイト
    東京大学 香取研究所
    http://www.amo.t.u-tokyo.ac.jp/index.html

    【【物理】スカイツリー頂上は地上より速く時間が進むのか? 実験へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 風吹けば名無し 2017/11/17(金) 04:24:21.57 ID:aF+43o3Cd
    重装甲で高機動、仕込み腕出してさらに2本のビームサーベル使えるとか最強や!

    【【ガンダム】ジ・O、神機体だった】の続きを読む

    このページのトップヘ