2017年08月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ノチラ ★ 2017/08/31(木) 21:18:00.96 ID:CAP_USER
    tp1_s
    ソニーは、IFA 2017において、タワー型のハイパワーオーディオシステム「MHC-V90DW」を発表した。ソニーによれば、「“魂が揺さぶられる音(soul shaking sound)”、“重圧なデザイン”を意味する日本語名「MUTEKI」を冠しているという。9月より発売し、価格は1,200ポンド/1,400ユーロ。

     高さ170cmと大きなタワー型スピーカー。Tower of Power(パワーの塔)と命名した、高い音圧と広がる音場が特徴。Spread Sound Generatorにより音楽に広がりを与え、ミッドレンジとツィータを外側に傾けている。

     Wi-Fiを内蔵し、スマートフォンアプリ「Sony | Muisc Centre」からの音楽再生に対応。Chromecast bulit-inとSpotifyに対応し、Chromecast対応のストリーミング音楽サービスやSpotifyからダイレクトに音楽を再生できる。

     またイルミネーションライトを備えており、音楽に合わせてイルミネーションの色を変更しながら、音楽を楽しめる。ライトはSony | Music Centreアプリからも調整可能。DJプレイやパーティで楽しめるという。
    tp4_s

    http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1078546.html

    【【!?】ソニー、高さ170cmの“パワーの塔” オーディオスピーカー「MUTEKI」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@涙目です。(やわらか銀行)@無断転載は禁止 [GB] 2017/08/31(木) 00:16:49.78 ID:AH7M76hI0● BE:472367308-PLT(16000) ポイント特典
    週刊少年ジャンプの人気漫画「HUNTER×HUNTER」(ハンターハンター)が、2017年9月4日(月)発売号を最後に、ふたたび救済することが判明した。作者の冨樫義博先生(51歳)によると、2017年内に復活するという。

    ・何度も繰り返す連載と休載
    HUNTER×HUNTERの過去の大規模な休載を紹介しよう。まずは2014年8月18日に休載。その後2016年4月18日に連載が再開し、2016年7月4日を最後にふたたび休載。そして2017年6月26日に連載再開となり、今回2017年9月4日を最後に休載することが判明した。

    ・HUNTER×HUNTER大規模休載の歴史
    2014年8月18日 休載
    2016年4月18日 再開
    2016年7月4日 休載
    2017年6月26日 再開
    2017年9月4日 休載


    ・冨樫先生が意味深なコメント
    冨樫義博先生は、週刊少年ジャンプに「年内に復活する」という内容のコメントを残している。いままで復活を予告することがなかったため、冨樫義博先生の行動パターンとしては極めて珍しい予告と言える。ただし、それを信用していいかどうかは別だが。

    ・読者は「またか」という気持ち
    少し連載を続けては、長期の休載をする。それを何度も繰り返している状態で、多くの読者は「またか」という気持ちのようだ。ファンであればあるほど、強いショックを受けていないという「冨樫ファンの耐性」ができているようだ。

    ちなみに冨樫先生は、地面をはって移動するほど重症の腰痛に苦しみ続けている。「冨樫働け」「冨樫仕事しろ」「冨樫ドラクエ11やめろ」という人もいるが、働きたくても働けないのかもしれない。

    http://buzz-plus.com/article/2017/08/30/hunter-hunter-kyusai/

    【【悲報】HUNTER × HUNTERが休載決定! 連載再開から10話で挫折】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ノチラ ★ 2017/07/20(木) 17:43:38.76 ID:CAP_USER
    音楽教室での演奏は、著作権法が定める「演奏権」が働くのか。音楽業界からも批判が出ているのに、なぜ徴収対象を拡大したり、徴収を強化したりするのか。日本音楽著作権協会(JASRAC)の運営の責任者である浅石道夫理事長(66)に聞いた。主な一問一答は以下の通り。

     音楽教室から徴収する方針は今年2月に打ち出しました。なぜこの時期に?

     「前理事長も元理事長も公正取引委員会の問題が重しになっていた。(競合他社の参入を排除しているとして公取委に出された)改善命令を昨年9月に受け入れ、やっと本来業務に専念できるようになった」

     徴収方針に56万人もの反対署名が集まりました。

     「予想の範囲内。音楽教室の生徒さんたちが反対するのは当然あるだろうなと。一般の人の反対には、反対のための反対、『JASRACは気に入らないから、この機会にたたいてやろう』というのもあるのだと思う。なぜJASRACが嫌われているのかという点は我々も精査しないといけない」

     なぜ嫌われるのでしょうか。

     「駅前の自転車を勝手に持って…
    http://www.asahi.com/articles/ASK7M34M6K7MUCVL008.html

    【JASRAC理事長「カスラックという人は相手にしない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    349: 名無しさん@お腹いっぱい。@無断転載は禁止 (ワッチョイ 4138-A4b4) 2017/08/29(火) 06:05:02.91 ID:g5sKtYJ30
    Jアラートキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!
    【俺たちのテレ東、北朝鮮のミサイルに負けず、けものフレンズ最終回を流しきる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ノチラ ★ 2017/08/28(月) 10:55:43.66 ID:CAP_USER
    「口を酸っぱくしてお伝えしたいのですが、年金の『繰り上げ受給』は、よほどのことがない限り、やってはいけない。日本人の寿命は延び続け、誰しもが長生きをする可能性が高い。そのことを前提に、老後資金のプランを考えるべきです」(ファイナンシャル・プランナーの鈴木暁子氏)

    100歳以上の日本人の人口は、昨年9月の段階で6万人超。もはやこの年齢まで生きることは珍しくなくなった。

    これまでのように人生は70代、80代までという前提に立っていては、100歳までの「最後の10年」を悲惨な状態で過ごすことになるかもしれない。

    そうならないために、「やってはいけない」ことはたくさんある。その筆頭が、年金の繰り上げ受給だ。

    '15年の厚生労働省の発表によれば、繰り上げ受給をしている人は年金受給者全体の35.6%もいる。目先の必要に迫られてやってしまいがちだが、実は大きな落とし穴がある。

    「年金の受給開始年齢は、基本的には65歳ですが、申請をすれば60歳から受け取ることもできます。

    しかしその場合、1ヵ月受給を繰り上げるごとに、受け取れる年金の月額が0.5%減っていく。60歳から受給すると、65歳から受給した場合よりも、受給月額は30%(0.5%×60ヵ月)も減ってしまいます。

    それが一生続くので、長生きをすればするほど、損をすることになるのです」(前出の鈴木氏)

    厚労省が今年1月に発表した、標準的な夫婦(夫が40年会社に勤務し、妻はその間専業主婦)の年金受給月額は、22万1277円だった。このモデルの夫婦(同い年とする)が、ともに100歳まで生きるとすると、60歳から繰り上げ受給をした場合に受け取れる年金の合計額は約7435万円。

    一方、65歳から受け取った場合は約9294万円で、その差は、実に1859万円に
    も上る。

    年金制度には「繰り下げ受給」もあり、1ヵ月繰り下げるごとに、受給月額は0.7%増え、限度の70歳まで5年間繰り下げると、受給月額は65歳から受け取る場合より42%も多くなる。

    やはり標準的な夫婦が繰り下げ受給をし、100歳まで生きるとすると、受給の総額は約1億1312万円。60歳から繰り上げ受給した時と比べて、3877万円も多く受給することができる。

    さらに、100歳まで生きることを前提とするなら、国民年金の「未払い部分」を放置するのもやめたほうがいい。ファイナンシャル・プランナーの横川由理氏が言う。

    「大学時代などに未払いがあり、60歳までに満額受給できる40年に達していない人は少なくありませんが、その後も未納分を払うことで、受給額を増やせます。

    支払いは月1万6490円なので負担が大きいように思えますが、加入月数が増えれば、受給の基本額が高くなるので、長生きを前提にすると、かなり受給額が増える」

    たとえば、60歳までに38年分しか国民年金の保険料を払っていない場合と、その後、残りの2年分を追加で支払った場合、100歳までにもらえる国民年金の総計は、後者のほうが約136万円多くなる(65歳で受給開始)。

    2年分の保険料は約40万円なので、支払ったほうが、100万円近くもトクをする。

    年金のもらい方にも「長期の視野」が必要だ。
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52679

    【ファイナンシャルプランナー「年金の受給前倒しは1800万円損する!!」】の続きを読む

    このページのトップヘ