このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    349: 名無しさん@お腹いっぱい。@無断転載は禁止 (ワッチョイ 4138-A4b4) 2017/08/29(火) 06:05:02.91 ID:g5sKtYJ30
    Jアラートキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!
    【俺たちのテレ東、北朝鮮のミサイルに負けず、けものフレンズ最終回を流しきる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ノチラ ★ 2017/08/28(月) 10:55:43.66 ID:CAP_USER
    「口を酸っぱくしてお伝えしたいのですが、年金の『繰り上げ受給』は、よほどのことがない限り、やってはいけない。日本人の寿命は延び続け、誰しもが長生きをする可能性が高い。そのことを前提に、老後資金のプランを考えるべきです」(ファイナンシャル・プランナーの鈴木暁子氏)

    100歳以上の日本人の人口は、昨年9月の段階で6万人超。もはやこの年齢まで生きることは珍しくなくなった。

    これまでのように人生は70代、80代までという前提に立っていては、100歳までの「最後の10年」を悲惨な状態で過ごすことになるかもしれない。

    そうならないために、「やってはいけない」ことはたくさんある。その筆頭が、年金の繰り上げ受給だ。

    '15年の厚生労働省の発表によれば、繰り上げ受給をしている人は年金受給者全体の35.6%もいる。目先の必要に迫られてやってしまいがちだが、実は大きな落とし穴がある。

    「年金の受給開始年齢は、基本的には65歳ですが、申請をすれば60歳から受け取ることもできます。

    しかしその場合、1ヵ月受給を繰り上げるごとに、受け取れる年金の月額が0.5%減っていく。60歳から受給すると、65歳から受給した場合よりも、受給月額は30%(0.5%×60ヵ月)も減ってしまいます。

    それが一生続くので、長生きをすればするほど、損をすることになるのです」(前出の鈴木氏)

    厚労省が今年1月に発表した、標準的な夫婦(夫が40年会社に勤務し、妻はその間専業主婦)の年金受給月額は、22万1277円だった。このモデルの夫婦(同い年とする)が、ともに100歳まで生きるとすると、60歳から繰り上げ受給をした場合に受け取れる年金の合計額は約7435万円。

    一方、65歳から受け取った場合は約9294万円で、その差は、実に1859万円に
    も上る。

    年金制度には「繰り下げ受給」もあり、1ヵ月繰り下げるごとに、受給月額は0.7%増え、限度の70歳まで5年間繰り下げると、受給月額は65歳から受け取る場合より42%も多くなる。

    やはり標準的な夫婦が繰り下げ受給をし、100歳まで生きるとすると、受給の総額は約1億1312万円。60歳から繰り上げ受給した時と比べて、3877万円も多く受給することができる。

    さらに、100歳まで生きることを前提とするなら、国民年金の「未払い部分」を放置するのもやめたほうがいい。ファイナンシャル・プランナーの横川由理氏が言う。

    「大学時代などに未払いがあり、60歳までに満額受給できる40年に達していない人は少なくありませんが、その後も未納分を払うことで、受給額を増やせます。

    支払いは月1万6490円なので負担が大きいように思えますが、加入月数が増えれば、受給の基本額が高くなるので、長生きを前提にすると、かなり受給額が増える」

    たとえば、60歳までに38年分しか国民年金の保険料を払っていない場合と、その後、残りの2年分を追加で支払った場合、100歳までにもらえる国民年金の総計は、後者のほうが約136万円多くなる(65歳で受給開始)。

    2年分の保険料は約40万円なので、支払ったほうが、100万円近くもトクをする。

    年金のもらい方にも「長期の視野」が必要だ。
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52679

    【ファイナンシャルプランナー「年金の受給前倒しは1800万円損する!!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2017/08/25(金) 05:36:02.23 ID:sMtlE0cu0
    ぼく「えーと1、2、3…5つです!」

    【面接官「片手で数えられる最大の数はいくつですか」 ぼく「ファッ!?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: えりにゃん ★ 2017/08/25(金) 17:40:47.41 ID:CAP_USER
    スクウェア・エニックスは、1993年にスーパーファミコン用ソフトとしてリリースされたRPGタイトル『聖剣伝説2』のフルリメイク作品『聖剣伝説2 シークレット オブ マナ』の発売を2018年2月15日に決定しました。

    懐かしくも新しい冒険が描かれる本作では、”マナ”と“聖剣”を巡る数々のドラマ、仲間との出逢いと別れが再び体験でき、1993年に発売されたオリジナル版の雰囲気はそのままに、全編ビジュアルをリニューアル。キャラクターモデル、ゲームシステム、インターフェースが現代の最新ハード向けにブラッシュアップされます。

    さらに、全楽曲のアレンジ収録、キャラクターのフルボイス対応、トークイベントなど、新たな要素も多数追加。ランディ、プリム、ポポイ…懐かしの冒険が『聖剣伝説 2 シークレット オブ マナ』として生まれ変わります。

    ■特徴
    ・全編ビジュアルをリニューアル!
    マナに満ちた色鮮やかな世界が全編 3D にて再構築されます。

    キャラクターボイス対応!
    魅力あるキャラクターたちに新たな息が吹き込まれ、ストーリーを彩ります。

    ・楽曲アレンジ収録!
    コンポーザー・菊田裕樹氏による監修のもと、BGM を全楽曲アレンジ収録。SEも本作用にリマスターをおこない、サウンド面でもパワーアップした『聖剣伝説 2』をお楽しみいただけます。

    ・トークイベントの追加!
    オリジナル版に登場する数々のシーンがトークイベントで再現されます。

    中略

    『聖剣伝説2 シークレット オブ マナ』はPS4/PS Vita/PC(Steam)を対象に、2018年2月15日発売予定。価格は、パッケージ/ダウンロード版共通で4,800円、コレクターズ エディションは13,870円(いずれも税抜)です。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170825-00000008-isd-game

    『聖剣伝説2 SECRET of MANA』ティザートレーラー
    https://www.youtube.com/watch?v=a9LXRCiKh78


    【あの感動が蘇る…『聖剣伝説2』がフルリメイク! PS4/PS Vita/PCで2018年2月発売】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ノチラ ★ 2017/08/22(火) 12:24:16.11 ID:CAP_USER
    日本の電機メーカーはかつてNTTグループなどと二人三脚で日本独自の携帯端末の開発を競い合い、巨額の収益を稼いできた。しかし、2007年に米アップルが「iPhone」を発表したことで市場が一変。国内各社の収益力は急速に低下し、撤退・再編が続く。00年代初めに11社あった主な国内携帯メーカーはソニーなど3社に減る。

     国内メーカーでは08年に三菱電機、12年に東芝、13年にはNECとパナソニックが携帯電話端末事業からそれぞれ撤退。NTTドコモなど携帯大手に規格づくりからマーケティング戦略まで頼る旧来型のビジネスモデルが、スマートフォン(スマホ)時代に通用しなくなった。

     残る富士通やシャープら国内勢は基本ソフト(OS)「アンドロイド」搭載のスマホで防水や「おサイフケータイ」など日本仕様での対抗を試みた。だが、世界市場で先行するアップルや韓国サムスン電子には収益力で遠く及ばない。近年は年1億台以上を販売する中国の華為技術(ファーウェイ)の前に存在感は薄れる一方だ。

     NEC、日立製作所に続く富士通の撤退で「電電ファミリー」と呼ばれたメーカーはすべて携帯市場から姿を消す。残る国内勢が生き残るには、通信会社頼みではなく独創的な商品・サービスを自ら生み出す以外に道はない。
    http://www.nikkei.com/article/DGXLZO20221860R20C17A8TJ2000/

    【【スマホ】国内勢苦戦、通信会社頼み通用せず】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2017/08/27(日) 20:07:45.43 ID:/dF6Ng8Y0
    ワイ「NG登録完了や!これで無敵やで!」

    敵「Don't w」

    ワイ「」

    【敵「やめたれw」 ワイ「やめたれ…よさぬか…やきにくのたれ…」カタカタ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ノチラ ★ 2017/08/26(土) 04:33:23.73 ID:CAP_USER
    中略
    結論から言えば、日本人エンジニアは、ほぼすべての人が「独学」と答えていました。よい参考書などの情報は集まりましたが、教授法やカリキュラムを構成するうえでのヒントを得ることは難しかったのです。

    一方米国では、高校でコンピュータサイエンスの授業を学び、興味を持って大学でも同じようにコンピュータサイエンスの授業を履修してスキルを養い、就職も見据えてIT系の学科へ移り、シリコンバレーのテクノロジー企業で高給取りになった、というストーリーを聞くことができました。

    独学で上達した理由は?

    シリコンバレーのエンジニアの新卒の給料は、スキルレベルにもよりますが1500万円を超えており、日本人エンジニアとはまったく評価が異なります。日本では、よりよい給料を得るために起業したり、スタートアップに参加したり、そうした経験を武器に転職をする、戦略的なキャリアパスが必要だといいます。

    米国のコンピュータサイエンスの体系的な授業は大いに参考になりましたが、日本の「独学」という回答は魅力的なものでもありました。

    独学で上達したという理由は、自分が必要だと思う知識を次々に学んでいき、自分が作りたいプログラムの完成にこぎ着けようとしていたから、という日本人エンジニアによる振り返りがありました。

    言語も人によって異なるし、得意な処理やアプリの種類も異なっています。ただ共通していたのは、自分で作ったプログラムに自分で不満や問題点を見いだし、それを解決していくという、自分の中でのプロセスが存在していたことでした。
    http://toyokeizai.net/articles/-/185965?page=2

    【【IT】日本人エンジニアが圧倒的に「独学派」なワケ】の続きを読む

    このページのトップヘ