このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@おーぷん 2017/11/05(日)10:51:31 ID:jkj
    ワイ「あ、でも特急で次の駅まで結構ありますし、赤ちゃん抱かれてますし…」
    母親「ほ ん と に 結 構 な ん で (憤激)」

    あれなんなん?ワイ以外にも結構体験したやつおるらしいんやが
    何でキレてるの??

    【ワイ「席どうぞ」 子連れ母親「い い で す(憤怒)」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ノチラ ★ 2017/11/06(月) 20:20:13.01 ID:CAP_USER
     コクヨは11月6日、座面を動かして“座りながら運動できる”椅子「ing」(イング)を発表した。バランスボールのような座り心地で、揺れながら仕事することで体と脳が活性化するという。価格は8万8000円(税別)からで、11月7日に発売する。
    tomomi_171106kokuyo03

    座面下に搭載した2層構造の「グライディング・メカ」で、座りながら自然に体を動かせるという。メカの上は前後に、下は左右に動く仕組みで、前傾・後傾、左右や斜めのひねりなどの微細な動きにも対応する。開発リーダーであるコクヨの木下洋二郎さん(ファニチャー事業本部)は「これまでの椅子は体を支えるためにあった。しかしingは違う。座る椅子から乗る椅子になった」と話し、馬や自転車、サーフィン、安定したバランスボールに乗っているような感覚が持てるとしている。体を揺らしながらデスクワークすることで、体と脳の活性化を目指す。

     また、グライディングにより(1)正しい姿勢を維持し、背骨のS字形状を自然に保つ、(2)体圧を分散し、体への負担を軽減する、(3)あらゆる体格や体重にフィットさせる――などの効果が見込めるとしている。

    「日本人の座りすぎ問題」解決へ

     動く椅子開発の背景には、「座りすぎる」日本のオフィス環境への課題がある。「日本人成人の平日の総座位時間の中央値は1日7時間で、世界主要7カ国との比較で最も長い」「長時間の着座で健康リスクは高まる」――などの調査結果があり、同じ姿勢を取り続けることは、脳の不活性や心身への負担を招くとして問題視されているという。

     ingを使って20代の男女10人に実験したところ、ingに座ることで8割の人の肩の筋肉、5割の人の腰の筋肉が活動したことを確認。また、40代の男性5人にingに座って揺れながらデスクワークをしてもらった結果、4時間で1.5キロのウオーキングに相当する運動効果(30分の測定を4時間に換算)が得られたという。

     さらに、20人を対象に60分間揺れながら読書をしてもらったところ、7割の人のα波(リラックスした状態)が増加、6割の人のβ波(能動的・活発で集中した状態)が増加したとしている。京都大学大学院教育学研究科の教授から技術指導を受け50人に創造性テスト(AUT)を実施した際は、創造的で有用なアイデアの発想数が13%上がったという結果が出た。

    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1711/06/news096.html

    【「日本人の座りすぎ問題」解決へ コクヨ、「揺れる椅子」発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [IT] 2017/11/02(木) 23:23:23.54 ID:S5enOfq50 BE:479913954-2BP(1931)
     革新機構、苦戦のベンチャー投資   官民ファンドの実像

    http://www.nikkei.com/article/DGXMZO19552690S7A800C1000000/


    「君らのロボットは素晴らしい。グーグルが出資するのは難しいことではない。この程度の投資ならこの場で、 私が決められる。だが、足りない技術もあるからグーグルの傘下に入って、他の優秀なエンジニアたちと組む 手もある。君たち次第だ。金額を決めてくれ。私はこれから30分、外でコーヒーを飲んでくる」 
     3人は開いた口が塞がらなかった。 
     「おい今、投資するって言ったよな」 
     「言った。で、どうする」 
     「売ってもいいんじゃないか」 
     加藤は慌ててパソコンをたたき、将来性を含め、フェアと思える金額をはじき出した。コーヒーブレークから 戻ったルービンはその数字を見て言った。 

     「OK、検討可能な金額だ。あとは彼女と話を進めてくれ」 
     ルービンについてきた女性の役員がにっこりほほ笑んだ。それから目が回るほどの忙しさで4ヶ月が過ぎ、 ついに会社の売却が決まった。 
     その年の終わり、米国防省の国防高等研究計画局(DARPA)が主催するヒト型ロボットの競技会で、米航空 宇宙局(NASA)やMITのチームを抑え、シャフトはぶっちぎりの1位に輝いた。 
     今、中西と浦田はグーグル・ロボティクスの一員として、日本で働いている。直属のボスはグーグル創業者のラリー・ペイジである。
    会社を売却して億万長者になった浦田がある日、ポツリと漏らした。 
     「俺、税金を払いたくない」 
     巨額の所得税を払わなければならないが、浦田はカネが惜しいわけではなかった。加藤が代弁する。 

     「一番助けてほしい時に、日本は僕らを見捨てた。認めてくれたのはアメリカでした。なのになぜ、日本に税金を納めなくてはならないのか。ましてや、その税金が僕らを全面否定して産業革新機構を通じて、経営に失敗した大企業の救済に投じられる・・・。やるせないですよ」
    【日本で補助金が下りず、アメリカに行ったロボ技術ベンチャー企業 Google傘下に入って今や世界トップに】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/05(日) 09:24:55.519 ID:jl9+/XyNd
    歌舞伎俳優・市川海老蔵が4日、ブログを更新。新しいスマートフォンを手に入れたものの、LINEが消え、復元できなかったことを明かした。

    「LINE復元は出来ませんでした」のタイトルでブログを更新。予期せぬ事態のため、「過去の携帯を一通り保存しようと、思いました」と伝えた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171104-00000118-dal-ent

    【【悲報】海老蔵さん、うっかりミスで麻央との思い出、消失】の続きを読む

    このページのトップヘ