このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: まはる ★ 2017/04/15(土) 00:10:47.79 ID:CAP_USER
    英人材会社、ECAインターナショナルはアジア人駐在員向けの「住みやすい都市」ランキングを発表した。

    アジア太平洋のトップはシンガポールで、世界でも1位だった。世界1位は16年連続。
    日本の都市では大阪が世界、アジアともに5位、名古屋が同じく7位だった。
    一方で、中国本土の都市は世界で100位にも入らなかった。

     この調査はECAインターナショナルが世界470都市で海外赴任者を対象に生活の質を調べた。
    同調査は世界展開する企業が海外赴任者のハードシップ手当などを決める際の参考になる。

     シンガポールは大気汚染のレベルが低いほか、台風があまり来ないなど環境面が評価されたようだ。
    日本の都市では大阪、名古屋に続くのが東京と横浜でアジア10位(世界では11位)だった。
    香港はアジアで15位、世界は29位となった。
    引き続き大中国圏の中で最も住みやすい都市になったが、生活環境は悪化した。

     一方で、中国本土の都市で1番順位が高かったのは上海で、世界では107位に入り、アジアでは23位につけた。
    北京は2つ順位を上げて世界で121位、東部の蘇州は125位、南部の広州は130位だった。
    中国本土の主要都市は大気汚染や社会政治的な緊張が影響しているとみられる。

     ECAのアジア・リージョナル・ディレクター、リー・クエイン氏は「中国本土の都市は構造改革なしにさらに順位を上げるのは難しい」と語った。
    経済発展と密接に関連する中国の大気汚染がすぐに改善することはなく、汚職と結びついた社会政治的な緊張が依然として広がり、市民の抗議活動も増加傾向にある。

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDX14H1N_U7A410C1FFE000/?dg=1

    【世界で住みやすい都市、首位はシンガポール 国内勢トップは大阪で5位】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2017/04/10(月) 12:30:37.62 ID:YKW2zAfv0
    redjuice@shiru
    マックでアメリカ資本主義の敗北のような朝食を摂ってる
    a934ff03


    redjuice@shiru
    モスで朝食。昨日のマックと180円の違いで文明が変わる。
    ab5310f3


    21,653リツイート 16,034いいね

    【ツイッタラー「モスで朝食。昨日のマックと180円の違いで文明が変わる」→21000RT】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2017/04/02(日) 17:13:49.12 ID:CTk7Gwqsd
    やめーや心臓止まるわ

    【シャワー「一瞬水になったろwwwwwwwwww」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: (?∀?(⊃*⊂) ★ 2017/04/18(火) 17:49:28.12 ID:CAP_USER9
    レクサスが3月16日に発売した新型LCの受注台数が、
    発売から1ヵ月(4月16日時点)で月販目標の50台の36倍となる約1,800台となり、好調な立ち上がりを見せている。

    パワートレーン別で見ると、ハイブリッドモデルのLC500hが約800台、ガソリンモデルのLC500が約1,000台と、
    若干ガソリンモデルの方が人気となっている。

    なお、新型LCの価格は、LC500hが13,500,000円~14,500,000円、LC500が13,000,000円~14,000,000円。

    ◆主な好評点
    ・コンセプトカーLF-LCの革新的なデザインイメージをモチーフに、新開発プラットフォームによる骨格を活かすことで、走行性能とデザインが調和した独創的なデザイン

    ・新開発GA-Lプラットフォームによる優れた慣性諸元や高剛性ボディ、新開発サスペンションなどで実現された、FR車が持つ本質的な魅力である優れた走り

    ・マルチステージハイブリッドシステム(LC500h)やV8 5.0LエンジンとDirect Shift-10AT(LC500)によって実現されたパワフルでリズミカルな加速

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170418-00010005-autoconen-ind
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170418-00000080-impress-ind
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170418-00000050-zdn_mkt-ind

    画像200枚以上
    http://autoc-one.jp/news/3287753/photo/


    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1492495015/
    2017/04/18(火) 14:56:55.06

    【1300万円でも激売れ!レクサス新型LC発売1ヶ月で受注が目標の36倍!すでに納車まで3年待ちか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2017/04/18(火) 15:06:24.10 ID:aqAnD7sB0
    アツゥイ!

    【【悲報】日本から春が消える】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: まはる ★ 2017/04/17(月) 22:32:15.59 ID:CAP_USER
    ここがヘンだよ日本の職場と生活環境

    スイスのビジネススクールであるIMD(国際経営開発研究所)が発行しているWorld Talent Reportの2016年の調査によると、日本の「働く国としての魅力」は、分析対象61カ国の内、なんと下から数えたほうが早い52位にとどまっている。なぜこれほど低いのか。

    日本国際化推進協会は2015年に、外国人819人を対象に日本の労働環境についてアンケートを実施した。その調査によると、日本で働きたくない理由として1番に挙げられたのが「長時間労働」だ。

    また「評価システム(評価基準)」を問題視する外国人も多い。日本企業の人事評価体系は外国人にはわかりにくく、年功序列の文化によって昇進が遅いことが、外国人が日本企業で働くインセンティブを下げているのだ。この他にも「言葉の壁(英語が通用しない)」「仕事後のつきあい」などが日本で働きたくない理由として挙げられた。

    さらに、働き先を決める大きな要因となる給料も、アドバンテージがあるわけではない。OECD(経済協力開発機構)が調査した各国正社員給与水準の推移を見ると、日本の給与水準は上位の米国、スイス、オーストラリアの後塵を拝し、先進国の中では韓国と同程度の低位に位置している。また、このデータに「成長率」を組み合わせた野村総合研究所の分析では、日本の給与水準は「低水準+低成長」に分類される。これは財政問題を抱えるイタリアと同程度である。

    先ほどの日本国際化推進協会の調査では、「日本で働くことが魅力的」と答えた外国人は2割しかいなかったが、「日本で住むことが魅力的」という回答は8割を超えた。しかし、労働力として彼らに定住してもらうためには、解決すべき問題が山積している。

    経済産業省「内なる国際化研究会」の調査によると、外国人の多くが在留資格の手続きや永住許可の取得要件の厳しさに不満を抱いていることがわかる。また生活環境においても、外国人の子供が通えるインターナショナルスクールや、英語が通じる病院が少ないことに不満を感じている。こうした問題は外国人が「働く」うえで大きなマイナス要素だ。

    http://toyokeizai.net/articles/-/166473

    【なぜ日本には外国人労働者が殺到しないのか 日本の「働く国としての魅力」は61カ国中52位】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: まはる ★ 2017/04/17(月) 13:10:45.22 ID:CAP_USER
    国産ジェット旅客機・MRJの夢が、どんどん萎んでいく――。

     第1号の顧客であるANAホールディングスは、納期が再三再四遅れていることに対応して、代替機としてボーイング製の「B737-800」4機をリースで調達する。

     三菱重工業は当初、ANAには2013年後半に初号機を引き渡す予定でいたが、延期を重ね20年半ばへと7年も遅れることになった。そのため、ANAはMRJを運航させる予定だった地方都市間の路線に、代替機のボーイング機を18年度から投入する。

    400機超の受注の半数近くはオプション契約でキャンセル必至

     MRJの受注総数は447機に上る。三菱重工は、1月に5度目の納入延期を明らかにして以降、キャンセルは出ていないとしているが、100機以上発注している米国の航空会社はいずれもローカル航空会社だ。スカイウエスト航空の200機が最高だが、米国の契約の半分近くはキャンセルが可能なオプション契約となっている。つまり三菱重工は、いつキャンセルされても文句はいえない。

     25機を購入する予定になっている第1号顧客のANAでさえ、納入の遅れで待ち切れなくなっている。ANAに対抗して、32機を契約している日本航空(JAL)が、どのような態度に出るかも注目される。

     5度の納入延期でMRJ事業が被るダメージは計り知れない。三菱重工の宮永俊一社長は開発が遅れている理由を「最高水準の安全性能を国際的に説明できるようにするには、設計の変更が必要だと判断した」と釈明した。

     20年半ばに納入するには、逆算すると19年末までに型式証明を取得しなければならない。今回の設計変更で、飛行試験は一からやり直さなければならなくなる。19年末までに型式証明を取得するには、日程はかなりタイトである。

     米航空専門誌「アビエーション・ウィーク」(16年7月25日号)は、MRJを200機契約している米スカイウエスト航空が、カナダの小型航空機メーカー、ボンバルディア社と航空機整備の10年間の延長契約を結んだと報じた。

     同誌は、「スカイウエストがパイロット労組と協定を結んでいる機体の重量制限をMRJが満たしていないため、ボンバルディア社に変更する布石を打った」と伝えた。つまり、MRJは重量オーバーしているということだ。

    ニュースサイトで読む: http://biz-journal.jp/2017/04/post_18730.html
    Copyright c Business Journal All Rights Reserved.

    米国のローカル航空会社向けの受注契約の内訳は、スカイウエスト航空が200機、トランス・ステイツ航空が100機、イースタン航空が40機、航空機リース会社のエアロリースが20機となっている。米国での受注は計360機あるが、最悪の場合、全数がキャンセルになるおそれがあるのだ。MRJの競合機の離陸が21年に迫っているだけに、事態は楽観を許されない。

    膨張する開発費、巨額違約金発生の恐れも

     納入延期によって、MRJの開発費用は大きく膨らむことになる。3000~4000億円とみられていた開発コストが、さらに3~4割増える見通しだ。開発当初は1500~1800億円と見積っていたので、およそ3倍に膨らみ、5000億円を超える可能性が出ている。

     三菱重工の子会社でMRJの製造を任されている三菱航空機は、16年3月期の決算公告によると資本金は500億円、資本剰余金は500億円。これに対して利益剰余金は998億9600万円の赤字で、16年7月に債務超過になったと公表した。64%を出資する三菱重工が資金の不足分を毎月、補填している。

     三菱航空機は設立以来、赤字経営が続き、当期純損失が毎年積み上がってきた。純損失額は14年3月期が94億500万円、15年3月期に177億1500万円、16年3月期になると305億2200万円に膨らんだ。

     受注した447機の引き渡し時期は18年以降、順次やってくるが、当然、間に合わない。そうなると、納期遅れによる違約金の支払いが発生し、赤字は一段と積み上がることになる。ANAも、納期の遅れに伴う違約金を「請求しない」とは明言していない。

     MRJは、初の国産ジェット旅客機という国家プロジェクトだ。だが、本当に離陸できるのか見通しが立たない。飛んだとしても、事業の採算の目安といわれる1000機規模の受注を確保できる保証はない。

    http://biz-journal.jp/2017/04/post_18730.html

    【【悲報】MRJが5度目の納入延期、ついに航空会社が「見限り」の動き…大量キャンセルで経営危機も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 以下、無断転載禁止でVIPがお送りします 2017/04/16(日) 14:48:06.761 ID:jak3U44n0
    東宝は4月10日、映画「君の名は。」の興行収入が2017年4月9日までの公開229日間で248億6964万円だったと発表しました。

    映画「君の名は。」の興行収入は4月に入って1週間で3000万円に届きません。
    日本の映画の興行収入ランキングで見ると「君の名は。」は4位で、3位のアナ雪(254億円)まであと6億円。
    日本では公開する映画館が急減しており、アナ雪超えは達成できなさそうです。



    4月9日時点、最新版の日本の映画の歴代興行収入ランキング

    1位:「千と千尋の神隠し」308億円、2001年7月20日
    2位:「タイタニック」262億円、1997年12月20日
    3位:「アナと雪の女王」254.8億円、2014年3月14日

    4位:「君の名は。」248億円、2016年8月26日

    5位:「ハリー・ポッターと賢者の石」203億円、2001年12月1日
    6位:「ハウルの動く城」196億円、2004年11月20日
    7位:「もののけ姫」193億円、1997年7月12日
    (2017年4月9日時点。日付は公開日で国内での興行収入。興行通信社調べ)

    【映画「君の名は。」興行収入248億円止まり 歴代3位のアナ雪に届かず】の続きを読む

    このページのトップヘ